<requiredRuntime> 要素<requiredRuntime> element

バージョン 1.0 の共通言語ランタイムのみがアプリケーションでサポートされることを指定します。Specifies that the application supports only version 1.0 of the common language runtime. この要素は非推奨とされ、使用できなくなります。This element is deprecated and should no longer be used. 代わりに、 supportedRuntime要素を使用する必要があります。The supportedRuntime element should be used instead.

<configuration> <configuration>
   <startup>   <startup>
     <requiredRuntime>    <requiredRuntime>

構文Syntax

   <requiredRuntime  
version="runtime version"
safemode="true|false"/>

属性と要素Attributes and elements

以降のセクションでは、属性、子要素、および親要素について説明します。The following sections describe attributes, child elements, and parent elements.

属性Attributes

属性Attribute 説明Description
version 省略可能な属性です。Optional attribute.

このアプリケーションでサポートされている .NET Framework のバージョンを指定する文字列値。A string value that specifies the version of the .NET Framework that this application supports. 文字列値は、.NET Framework のインストールルートの下にあるディレクトリ名と一致する必要があります。The string value must match the directory name found under the .NET Framework installation root. 文字列値の内容は解析されません。The contents of the string value are not parsed.
safemode 省略可能な属性です。Optional attribute.

ランタイムスタートアップコードがレジストリを検索してランタイムバージョンを確認するかどうかを指定します。Specifies whether the runtime startup code searches the registry to determine the runtime version.

セーフ属性safemode attribute

Value 説明Description
false ランタイムスタートアップコードによって、レジストリが検索されます。The runtime startup code looks in the registry. これは既定値です。This is the default value.
true ランタイムスタートアップコードでは、レジストリが検索されません。The runtime startup code does not look in the registry.

子要素Child elements

[なし] :None.

親要素Parent elements

要素Element 説明Description
configuration 共通言語ランタイムおよび .NET Framework アプリケーションで使用されるすべての構成ファイルのルート要素です。The root element in every configuration file used by the common language runtime and .NET Framework applications.
startup <requiredRuntime>要素を含んでいます。Contains the <requiredRuntime> element.

コメントRemarks

ランタイムのバージョン1.0 のみをサポートするようにビルドされたアプリケーションでは、<requiredRuntime> 要素を使用する必要があります。Applications built to support only version 1.0 of the runtime must use the <requiredRuntime> element. ランタイムのバージョン1.1 以降を使用してビルドされたアプリケーションでは、<supportedRuntime> 要素を使用する必要があります。Applications built using version 1.1 or later of the runtime must use the <supportedRuntime> element.

注意

Corbindtoruntimebycfg関数を使用して構成ファイルを指定する場合は、すべてのバージョンのランタイムに対して <requiredRuntime> 要素を使用する必要があります。If you use the CorBindToRuntimeByCfg function to specify the configuration file, you must use the <requiredRuntime> element for all versions of the runtime. Corbindtoruntimebycfgを使用する場合、<supportedRuntime> 要素は無視されます。The <supportedRuntime> element is ignored when you use CorBindToRuntimeByCfg.

@No__t-0 属性文字列は、.NET Framework の指定したバージョンのインストールフォルダー名と一致している必要があります。The version attribute string must match the installation folder name for the specified version of the .NET Framework. この文字列は解釈されません。This string is not interpreted. ランタイムスタートアップコードが一致するフォルダーを見つけられない場合、ランタイムは読み込まれません。スタートアップコードによってエラーメッセージが表示され、終了します。If the runtime startup code does not find a matching folder, the runtime is not loaded; the startup code shows an error message and quits.

注意

Microsoft Internet Explorer でホストされているアプリケーションのスタートアップコードは、<requiredRuntime> 要素を無視します。The startup code for an application that is hosted in Microsoft Internet Explorer ignores the <requiredRuntime> element.

Example

次の例は、構成ファイルでランタイムバージョンを指定する方法を示しています。The following example shows how to specify the runtime version in a configuration file.

<configuration>
   <startup>
      <requiredRuntime version="v1.0.3705" safemode="true"/>
   </startup>
</configuration>

関連項目See also