<supportedRuntime > 要素<supportedRuntime> element

アプリケーションがサポートする共通言語ランタイムバージョンと、オプションで .NET Framework バージョンを指定します。Specifies which common language runtime version and, optionally, .NET Framework version the application supports.

<configuration><configuration>
  <startup>  <startup>
     <supportedRuntime>    <supportedRuntime>

構文Syntax

<supportedRuntime version="runtime version" sku="sku id"/>

属性Attributes

属性Attribute 説明Description
versionversion 省略可能な属性です。Optional attribute.

このアプリケーションがサポートする共通言語ランタイム (CLR: Common Language Runtime) のバージョンを指定する文字列値。A string value that specifies the version of the common language runtime (CLR) that this application supports. version 属性の有効な値については、「ランタイムバージョン」の値に関するセクションを参照してください。For valid values of the version attribute, see the "runtime version" values section. 注: .NET Framework 3.5 では、"runtime version" の値はmajorという形式になります。minorビルドNote: Through the .NET Framework 3.5, the "runtime version" value takes the form major.minor.build. .NET Framework 4 以降では、メジャーバージョン番号とマイナーバージョン番号 ("v v4.0.30319" の代わりに "v4.0") のみが必要です。Beginning with the .NET Framework 4, only the major and minor version numbers are required (that is, "v4.0" instead of "v4.0.30319"). 短い文字列を使用することをお勧めします。The shorter string is recommended.
skusku 省略可能な属性です。Optional attribute.

在庫管理単位 (SKU) を指定する文字列の値。SKU はこのアプリケーションがサポートする .NET Framework リリースを指定します。A string value that specifies the stock-keeping unit (SKU), which in turn specifies which .NET Framework release this application supports.

.NET Framework 4.0 以降では、sku 属性の使用が推奨されます。Starting with the .NET Framework 4.0, the use of the sku attribute is recommended. この属性が指定される場合は、アプリケーションが対象とする .NET Framework のバージョンを示します。When present, it indicates the version of the .NET Framework that the app targets.

Sku 属性の有効な値については、「 sku id」の値に関するセクションを参照してください。For valid values of the sku attribute, see the "sku id" values section.

コメントRemarks

<supportedRuntime > 要素がアプリケーション構成ファイルに存在しない場合は、アプリケーションのビルドに使用されるランタイムのバージョンが使用されます。If the <supportedRuntime> element is not present in the application configuration file, the version of the runtime used to build the application is used.

<supportedruntime > 要素は、ランタイムのバージョン1.1 以降を使用してビルドされたすべてのアプリケーションで使用する必要があります。The <supportedRuntime> element should be used by all applications built using version 1.1 or later of the runtime. ランタイムのバージョン1.0 のみをサポートするようにビルドされたアプリケーションでは、 <requiredRuntime >要素を使用する必要があります。Applications built to support only version 1.0 of the runtime must use the <requiredRuntime> element.

注意

Corbindtoruntimebycfg関数を使用して構成ファイルを指定する場合は、すべてのバージョンのランタイムに対して <requiredRuntime> 要素を使用する必要があります。If you use the CorBindToRuntimeByCfg function to specify the configuration file, you must use the <requiredRuntime> element for all versions of the runtime. Corbindtoruntimebycfgを使用する場合、<supportedRuntime> 要素は無視されます。The <supportedRuntime> element is ignored when you use CorBindToRuntimeByCfg.

NET Framework 1.1 から 3.5 までのランタイムの複数のバージョンをサポートするアプリケーションでは、ランタイムの複数のバージョンをサポートする場合は、最初の要素で最も優先度の高いバージョンを指定し、最後の要素で最も優先度の低いバージョンを指定する必要があります。For apps that support versions of the runtime from the .NET Framework 1.1 through 3.5, when multiple versions of the runtime are supported, the first element should specify the most preferred version of the runtime, and the last element should specify the least preferred version. .NET Framework 4.0 以降のバージョンをサポートするアプリの場合、version 属性は、.NET Framework 4 以降のバージョンに共通する CLR バージョンを示し、sku 属性は、アプリが対象とする1つの .NET Framework バージョンを示します。For apps that support the .NET Framework 4.0 or later versions, the version attribute indicates the CLR version, which is common to the .NET Framework 4 and later versions, and the sku attribute indicates the single .NET Framework version that the app targets.

sku 属性を持つ <supportedRuntime > 要素が構成ファイルに存在し、インストールされている .NET Framework のバージョンが指定したサポートされているバージョンより低い場合、アプリケーションの実行は失敗し、代わりにサポートされるバージョンのインストールを求めるメッセージが表示されます。If the <supportedRuntime> element with the sku attribute is present in the configuration file and the installed .NET Framework version is lower then the specified supported version, the application fails to run and instead displays a message asking to install the supported version. それ以外の場合は、インストールされている任意のバージョンでアプリケーションを実行しようとしますが、そのバージョンと完全に互換性がないと、予期しない動作をする可能性があります。Otherwise, the application attempts to run on any installed version, but it may behave unexpectedly if it is not fully compatible with that version. .NET Framework のバージョン間の互換性の違いについては、.NET Framework の「アプリケーションの互換性」を参照してください。そのため、エラー診断を容易にするために、この要素をアプリケーション構成ファイルに含めることをお勧めします。(For compatibility differences between versions of .NET Framework, see Application compatibility in the .NET Framework.) Therefore, we recommend that you include this element in the application configuration file for easier error diagnostics. (Visual Studio によって自動的に生成された構成ファイルは、新しいプロジェクトを作成するときに自動的に生成されます)。(The configuration file automatically generated by Visual Studio when creating a new project already contains it.)

注意

アプリケーションでレガシアクティブ化パスを使用する場合は、 Corbindtoruntimeex 関数など、以前のバージョンではなく CLR のバージョン4をアクティブ化する場合、またはアプリケーションが .NET Framework 4 でビルドされていても、以前のバージョンの .NET Framework でビルドされた混在モードのアセンブリに依存している場合は、サポートされるランタイムの一覧で .NET Framework 4 を指定するだけでは不十分ですIf your application uses legacy activation paths, such as the CorBindToRuntimeEx function, and you want those paths to activate version 4 of the CLR instead of an earlier version, or if your application is built with the .NET Framework 4 but has a dependency on a mixed-mode assembly built with an earlier version of the .NET Framework, it is not sufficient to specify the .NET Framework 4 in the list of supported runtimes. また、構成ファイルの<スタートアップ > 要素で、useLegacyV2RuntimeActivationPolicy 属性を trueに設定する必要があります。In addition, in the <startup> element in your configuration file, you must set the useLegacyV2RuntimeActivationPolicy attribute to true. ただし、この属性を true に設定すると、以前のバージョンの .NET Framework でビルドされたすべてのコンポーネントは、ビルドされたランタイムではなく、.NET Framework 4 を使用して実行されます。However, setting this attribute to true means that all components built with earlier versions of the .NET Framework are run using the .NET Framework 4 instead of the runtimes they were built with.

アプリケーションは、そのアプリケーションを実行できる .NET Framework のすべてのバージョンでテストすることをお勧めします。We recommend that you test applications with all the .NET Framework versions that they can run on.

"ランタイム バージョン" の値"runtime version" values

runtime 属性は、特定のアプリケーションに必要な共通言語ランタイム (CLR) のバージョンを指定します。The runtime attribute specifies the Common Language Runtime (CLR) version that is required for a given application. すべての .NET Framework v4. x バージョンで v4.0 CLR が指定されていることに注意してください。Note that all .NET Framework v4.x versions specify the v4.0 CLR. 次の表に、version 属性のランタイムバージョンの値の有効な値を示します。The following table lists valid values for the runtime version value of the version attribute.

.NET Framework のバージョン.NET Framework version version 属性version attribute
1.01.0 "v1.0.3705""v1.0.3705"
1.11.1 "v1.1.4322""v1.1.4322"
2.02.0 "v2.0.50727""v2.0.50727"
3.03.0 "v2.0.50727""v2.0.50727"
3.53.5 "v2.0.50727""v2.0.50727"
4.0-4.84.0-4.8 "v4.0""v4.0"

"sku id" の値"sku id" values

sku 属性は、ターゲットフレームワークモニカー (TFM) を使用して、アプリが対象として実行する必要がある .NET Framework のバージョンを示します。The sku attribute uses a target framework moniker (TFM) to indicate the version of the .NET Framework that the app targets and requires to run. 次の表に、sku 属性でサポートされている有効な値を示します。 .NET Framework 4 から始まります。The following table lists valid values that are supported by the sku attribute, starting with the .NET Framework 4.

.NET Framework のバージョン.NET Framework version sku 属性sku attribute
4.04.0 ".NETFramework,Version=v4.0"".NETFramework,Version=v4.0"
4.0、Client Profile4.0, Client Profile ".NETFramework,Version=v4.0,Profile=Client"".NETFramework,Version=v4.0,Profile=Client"
4.0、プラットフォームの更新プログラム 14.0, platform update 1 ".NETFramework、Version = v 4.0.1 "".NETFramework,Version=v4.0.1"
4.0、Client Profile、更新プログラム 14.0, Client Profile, update 1 ".NETFramework,Version=v4.0.1,Profile=Client"".NETFramework,Version=v4.0.1,Profile=Client"
4.0、プラットフォームの更新プログラム 24.0, platform update 2 ".NETFramework、Version = v 4.0.2 "".NETFramework,Version=v4.0.2"
4.0、Client Profile、更新プログラム 24.0, Client Profile, update 2 ".NETFramework,Version=v4.0.2,Profile=Client"".NETFramework,Version=v4.0.2,Profile=Client"
4.0、プラットフォームの更新プログラム 34.0, platform update 3 ".NETFramework,Version=v4.0.3"".NETFramework,Version=v4.0.3"
4.0、Client Profile、更新プログラム 34.0, Client Profile, update 3 ".NETFramework,Version=v4.0.3,Profile=Client"".NETFramework,Version=v4.0.3,Profile=Client"
4.54.5 ".NETFramework,Version=v4.5"".NETFramework,Version=v4.5"
4.5.14.5.1 ".NETFramework,Version=v4.5.1"".NETFramework,Version=v4.5.1"
4.5.24.5.2 ".NETFramework,Version=v4.5.2"".NETFramework,Version=v4.5.2"
4.64.6 ".NETFramework,Version=v4.6"".NETFramework,Version=v4.6"
4.6.14.6.1 ".NETFramework,Version=v4.6.1"".NETFramework,Version=v4.6.1"
4.6.24.6.2 ".NETFramework,Version=v4.6.2"".NETFramework,Version=v4.6.2"
4.74.7 ".NETFramework,Version=v4.7"".NETFramework,Version=v4.7"
4.7.14.7.1 ".NETFramework,Version=v4.7.1"".NETFramework,Version=v4.7.1"
4.7.24.7.2 ".NETFramework、Version = v 4.7.2 "".NETFramework,Version=v4.7.2"
4.84.8 ".NETFramework,Version=v4.8"".NETFramework,Version=v4.8"

Example

サポートされているランタイムのバージョンを構成ファイルで指定する例を次に示します。The following example shows how to specify the supported runtime version in a configuration file. 構成ファイルは、アプリが .NET Framework 4.7 を対象としていることを示します。The configuration file indicates that the app targets the .NET Framework 4.7.

<configuration>
   <startup>
      <supportedRuntime version="v4.0" sku=".NETFramework,Version=v4.7" />
   </startup>
</configuration>

構成ファイルConfiguration file

この要素は、アプリケーション構成ファイルで使用できます。This element can be used in the application configuration file.

参照See also