<trace> の <listeners> の <clear> 要素

トレースの Listeners コレクションを削除します。

<configuration>
  <system.diagnostics>
    <trace>
      <listeners>
        <clear>

構文

<clear/>  

属性および要素

以降のセクションでは、属性、子要素、および親要素について説明します。

属性

なし。

子要素

なし。

親要素

要素 説明
configuration 共通言語ランタイムおよび .NET Framework アプリケーションで使用されるすべての構成ファイルのルート要素です。
system.diagnostics メッセージを収集、格納、およびルーティングするトレース リスナーとトレース スイッチを設定するレベルを指定します。
trace トレース メッセージを収集、格納、およびルーティングするリスナーを保持します。
listeners メッセージを収集、格納、およびルーティングするリスナーを保持します。 リスナーにより、トレース出力が適切な場所に送られます。

解説

<clear> 要素は、トレースの Listeners コレクションからすべてのリスナーを削除します。 <add> 要素を使用する前に <clear> 要素を使用すると、コレクション内に他にアクティブなリスナーが存在しないようにできます。

Trace.Listeners プロパティで Clear メソッドを呼び出すと (System.Diagnostics.Trace.Listeners.Clear())、プログラムによって Listeners コレクションを消去できます。

この要素は、マシン構成ファイル (Machine.config) とアプリケーション構成ファイルで使用できます。

注意

<clear> 要素によって Listeners コレクションから DefaultTraceListener を削除すると、Debug.AssertTrace.AssertDebug.FailTrace.Fail の各メソッドの動作が変更されます。 通常、Assert メソッドまたは Fail メソッドを呼び出すと、メッセージ ボックスが表示されます。 ただし、Listeners コレクションに DefaultTraceListener が含まれていない場合、メッセージ ボックスは表示されません。

次の例では、<add> 要素を使用する前に <clear> 要素を使用して、トレースの Listeners コレクションに console リスナーを追加する方法を示します。

<configuration>  
  <system.diagnostics>  
    <trace autoflush="false" indentsize="4">  
      <listeners>  
        <clear/>  
        <add name="console"
          type="System.Diagnostics.ConsoleTraceListener" >  
          <filter type="System.Diagnostics.EventTypeFilter"
            initializeData="Error" />  
        </add>  
      </listeners>  
    </trace>  
  </system.diagnostics>  
</configuration>

関連項目