<performanceCounters > 要素<performanceCounters> Element

パフォーマンス カウンターが共有するグローバル メモリのサイズを指定します。Specifies the size of the global memory shared by performance counters.

<configuration>\<configuration>\ <system.diagnostics>\<system.diagnostics>\ <performanceCounters><performanceCounters>

構文Syntax

<performanceCounters filemappingsize="524288" />

属性および要素Attributes and Elements

以降のセクションでは、属性、子要素、および親要素について説明します。The following sections describe attributes, child elements, and parent elements.

属性Attributes

属性Attribute 説明Description
filemappingsizefilemappingsize 必須の属性です。Required attribute.

パフォーマンス カウンターが共有するグローバル メモリのバイト単位のサイズを指定します。Specifies the size, in bytes, of the global memory shared by performance counters. 既定値は 524288 です。The default is 524288.

子要素Child Elements

なし。None.

親要素Parent Elements

要素Element 説明Description
Configuration 共通言語ランタイムおよび .NET Framework アプリケーションで使用されるすべての構成ファイルのルート要素です。The root element in every configuration file used by the common language runtime and .NET Framework applications.
system.diagnostics ASP.NET 構成セクションのルート要素を指定します。Specifies the root element for the ASP.NET configuration section.

RemarksRemarks

パフォーマンス カウンターでは、メモリ マップ ファイル、または共有メモリを使用して、パフォーマンス データを公開します。Performance counters use a memory mapped file, or shared memory, to publish performance data. インスタンスの数を一度に使用できる共有メモリのサイズを決定します。The size of the shared memory determines how many instances can be used at once. 共有メモリの 2 種類があります。 グローバルの共有メモリと個別の共有メモリです。There are two types of shared memory: global shared memory and separate shared memory. グローバル共有メモリは、.NET Framework バージョン 1.0 または 1.1 と共にインストールされるすべてのパフォーマンス カウンター カテゴリによって使用されます。The global shared memory is used by all performance counter categories installed with the .NET Framework versions 1.0 or 1.1. .NET Framework version 2.0 にインストールされているパフォーマンス カウンター カテゴリは、独自のメモリを持っている各パフォーマンス カウンター カテゴリ別の共有メモリを使用します。Performance counter categories installed with the .NET Framework version 2.0 use separate shared memory, with each performance counter category having its own memory.

グローバル共有メモリのサイズは、構成ファイルでのみ設定できます。The size of global shared memory can be set only with a configuration file. 既定のサイズは 524, 288 バイト、最大サイズは 33,554, 432 バイト、および最小のサイズは 32,768 バイトです。The default size is 524,288 byes, the maximum size is 33,554,432 bytes, and the minimum size is 32,768 bytes. グローバル共有メモリは、すべてのプロセスとカテゴリが共有しているために、最初の作成者は、サイズを指定します。Since the global shared memory is shared by all processes and categories, the first creator specifies the size. アプリケーション構成ファイルのサイズを定義すると、のみには、そのサイズは、アプリケーションが最初のアプリケーションを実行するパフォーマンス カウンターを原因となる場合に使用されます。If you define the size in your application configuration file, that size is only used if your application is the first application that causes the performance counters to execute. 正しい場所を指定するため、filemappingsize値は、Machine.config ファイルです。Therefore the correct location to specify the filemappingsize value is the Machine.config file. 個々 のパフォーマンス カウンターによって、最終的に多数の異なる名前を持つパフォーマンス カウンター インスタンスが作成されている場合、グローバル共有メモリが使い果たされるグローバル共有メモリ内のメモリを解放できません。Memory in the global shared memory cannot be released by individual performance counters, so eventually global shared memory is exhausted if a large number of performance counter instances with different names are created.

別の共有メモリのサイズが、レジストリの DWORD FileMappingSize 値キーの hkey_local_machine \system\currentcontrolset\services\<カテゴリ名 > \Performance が参照されています。最初に、構成ファイルのグローバル共有メモリに指定された値に続きます。For the size of separate shared memory, the DWORD FileMappingSize value in the registry key HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Services\<category name> \Performance is referenced first, followed by the value specified for the global shared memory in the configuration file. FileMappingSize 値が存在しないかどうかは、別の共有メモリのサイズが 4 分の 1 に設定されて (1/4)、構成ファイルのグローバル設定です。If the FileMappingSize value does not exist, then the separate shared memory size is set to one fourth (1/4) the global setting in the configuration file.

関連項目See also