<system.diagnostics > 要素<system.diagnostics> Element

メッセージを収集、格納、およびルーティングするトレース リスナーとトレース スイッチを設定するレベルを指定します。Specifies trace listeners that collect, store, and route messages and the level where a trace switch is set.

<configuration><configuration>
<system.diagnostics><system.diagnostics>

構文Syntax

<system.diagnostics>   
</system.diagnostics>  

属性および要素Attributes and Elements

以降のセクションでは、属性、子要素、および親要素について説明します。The following sections describe attributes, child elements, and parent elements.

属性Attributes

なし。None.

子要素Child Elements

要素Element 説明Description
<assert><assert> Debug.Assert メソッドの呼び出し時にメッセージ ボックスを表示するかどうかを指定し、メッセージの書き込み先のファイルの名前も指定します。Specifies whether to display a message box when you call the Debug.Assert method; also specifies the name of the file to write messages to.
<performanceCounters><performanceCounters> パフォーマンス カウンターが共有するグローバル メモリのサイズを指定します。Specifies the size of the global memory shared by performance counters.
<sharedListeners><sharedListeners> 任意の source 要素または trace 要素が参照できるリスナーを含みます。Contains listeners that any source or trace element can reference. 共有リスナーとして識別されたリスナーは、名前によってソースまたはトレースに追加できます。Listeners identified as shared listeners can be added to sources or traces by name.
<sources><sources> トレース メッセージを開始するトレース ソースを指定します。Specifies trace sources that initiate tracing messages.
<switches><switches> トレース スイッチとトレース スイッチを設定するレベルが含まれています。Contains trace switches and the levels where the trace switches are set.
<trace><trace> トレース メッセージを収集、格納、およびルーティングするリスナーを保持します。Contains listeners that collect, store, and route tracing messages.

親要素Parent Elements

要素Element 説明Description
configuration 共通言語ランタイムおよび .NET Framework アプリケーションで使用されるすべての構成ファイルのルート要素です。The root element in every configuration file used by the common language runtime and .NET Framework applications.

Example

次の例では、トレース スイッチおよびトレース リスナーを埋め込む方法を示しています、 <system.diagnostics > 要素。The following example shows how to embed a trace switch and a trace listener inside the <system.diagnostics> element. Generalトレース スイッチに設定されている、TraceLevelレベル。The General trace switch is set to the TraceLevel level. トレース リスナーmyListenerという名前のファイルを作成します。MyListener.logし、ファイルに出力を書き込みます。The trace listener myListener creates a file called MyListener.log and writes the output to the file.

注意

.NET Framework バージョン 2.0 では、スイッチの値を指定するためにテキストを使用できます。In the .NET Framework version 2.0, you can use text to specify the value for a switch. たとえば、指定trueBooleanSwitchなどの列挙値を表すテキストを使用またはErrorTraceSwitchします。For example, you can specify true for a BooleanSwitch or use the text representing an enumeration value such as Error for a TraceSwitch. <add name="myTraceSwitch" value="Error" /> という行は、<add name="myTraceSwitch" value="1" /> と同じです。The line <add name="myTraceSwitch" value="Error" /> is equivalent to <add name="myTraceSwitch" value="1" />.

<configuration>  
   <system.diagnostics>  
      <switches>  
         <add name="General" value="4" />  
      </switches>  
      <trace autoflush="true" indentsize="2">  
         <listeners>  
            <add name="myListener" type="System.Diagnostics.TextWriterTraceListener, System, Version=1.0.3300.0, Culture=neutral, PublicKeyToken=b77a5c561934e089" initializeData="MyListener.log" traceOutputOptions="ProcessId, LogicalOperationStack, Timestamp, ThreadId, Callstack, DateTime" />  
         </listeners>  
      </trace>  
   </system.diagnostics>  
</configuration>  

関連項目See also