<トレース > 要素<trace> Element

トレース メッセージを収集、格納、およびルーティングするリスナーを保持します。Contains listeners that collect, store, and route tracing messages.

<configuration><configuration>
<system.diagnostics><system.diagnostics>
<トレース ><trace>

構文Syntax

<trace autoflush="true|false"   
       indentsize="indent value"  
       useGlobalLock="true| false"/>  

属性および要素Attributes and Elements

以降のセクションでは、属性、子要素、および親要素について説明します。The following sections describe attributes, child elements, and parent elements.

属性Attributes

属性Attribute 説明Description
autoflush 省略可能な属性です。Optional attribute.

書き込み操作が行われるたびに、トレースリスナーが出力バッファーを自動的にフラッシュするかどうかを指定します。Specifies whether the trace listeners automatically flush the output buffer after every write operation.
indentsize 省略可能な属性です。Optional attribute.

インデントするスペースの数を指定します。Specifies the number of spaces to indent.
useGlobalLock 省略可能な属性です。Optional attribute.

グローバルロックを使用する必要があるかどうかを示します。Indicates whether the global lock should be used.

autoflush 属性autoflush Attribute

Value 説明Description
false では、出力バッファーは自動的にはフラッシュされません。Does not automatically flush the output buffer. 既定値です。This is the default.
true 出力バッファーを自動的にフラッシュします。Automatically flushes the output buffer.

useGlobalLock 属性useGlobalLock Attribute

Value 説明Description
false リスナーがスレッドセーフである場合、はグローバルロックを使用しません。それ以外の場合、はグローバルロックを使用します。Does not use the global lock if the listener is thread safe; otherwise, uses the global lock.
true は、リスナーがスレッドセーフかどうかに関係なく、グローバルロックを使用します。Uses the global lock regardless of whether the listener is thread safe. 既定値です。This is the default.

子要素Child Elements

要素Element 説明Description
<listeners><listeners> メッセージを収集、格納、およびルーティングするリスナーを指定します。Specifies a listener that collects, stores, and routes messages.

親要素Parent Elements

要素Element 説明Description
configuration 共通言語ランタイムおよび .NET Framework アプリケーションで使用されるすべての構成ファイルのルート要素です。The root element in every configuration file used by the common language runtime and .NET Framework applications.
system.diagnostics メッセージを収集、格納、およびルーティングするトレース リスナーとトレース スイッチを設定するレベルを指定します。Specifies trace listeners that collect, store, and route messages and the level where a trace switch is set.

Example

次の例では、 <trace>要素を使用して、リスナー MyListenerListenersコレクションに追加する方法を示します。The following example shows how to use the <trace> element to add the listener MyListener to the Listeners collection. MyListenerという名前MyListener.logのファイルを作成し、出力をファイルに書き込みます。MyListener creates a file that is named MyListener.log and writes the output to the file. 属性がにfalse設定されています。これにより、トレースリスナーがスレッドセーフである場合は、グローバルロックが使用されません。 useGlobalLockThe useGlobalLock attribute is set to false, which causes the global lock not to be used if the trace listener is thread safe. 属性はにtrue設定されます。これにより、メソッドが呼び出されてTrace.Flushいるかどうかに関係なく、トレースリスナーはファイルに書き込みを行います。 autoflushThe autoflush attribute is set to true, which causes the trace listener to write to the file regardless of whether the Trace.Flush method is called. 属性が 0 (ゼロ) に設定されている場合、メソッドのTrace.Indent呼び出し時にリスナーによって0個の空白がインデントされます。 indentsizeThe indentsize attribute is set to 0 (zero), which causes the listener to indent zero spaces when the Trace.Indent method is called.

<configuration>  
   <system.diagnostics>  
      <trace useGlobalLock="false" autoflush="true" indentsize="0">  
         <listeners>  
            <add name="myListener" type="System.Diagnostics.TextWriterTraceListener, system version=1.0.3300.0, Culture=neutral, PublicKeyToken=b77a5c561934e089" initializeData="c:\myListener.log" />  
         </listeners>  
      </trace>  
   </system.diagnostics>  
</configuration>  

関連項目See also