<動作 > の<endpointBehaviors ><behavior> of <endpointBehaviors>

behavior 要素はエンドポイントの動作設定のコレクションを含んでいます。The behavior element contains a collection of settings for the behavior of an endpoint. 各動作には、それぞれの name によってインデックスが付けられます。Each behavior is indexed by its name. エンドポイントは、この名前を使用して各動作にリンクできます。Endpoints can link to each behavior through this name. .NET Framework 4.NET Framework 4 以降では、バインディングおよび動作に名前を付ける必要はありません。Starting with .NET Framework 4.NET Framework 4, bindings and behaviors are not required to have a name. 既定の構成と無名のバインディングおよび動作の詳細については、「簡略化された構成」と「WCF サービスの構成を簡略化」を参照してください。For more information about default configuration and nameless bindings and behaviors, see Simplified Configuration and Simplified Configuration for WCF Services.

<system.ServiceModel ><system.ServiceModel>
<<behaviors>
<endpointBehaviors><endpointBehaviors>
<behavior><behavior>

構文Syntax

<system.ServiceModel>
  <behaviors>
    <endpointBehaviors>
      <behavior name="String" />
    </endpointBehaviors>
  </behaviors>
</system.ServiceModel>

属性および要素Attributes and Elements

以降のセクションでは、属性、子要素、および親要素について説明します。The following sections describe attributes, child elements, and parent elements.

属性Attributes

属性Attribute 説明Description
namename 動作の構成名を含む一意の文字列。A unique string that contains the configuration name of the behavior. この値は、要素の識別文字列として機能するため、一意のユーザー定義の文字列である必要があります。This value is a user-defined string that must be unique, since it acts as the identification string for the element. .NET Framework 4.NET Framework 4 以降では、バインディングおよび動作に名前を付ける必要はありません。Starting with .NET Framework 4.NET Framework 4, bindings and behaviors are not required to have a name. 既定の構成と無名のバインディングおよび動作の詳細については、「簡略化された構成」と「WCF サービスの構成を簡略化」を参照してください。For more information about default configuration and nameless bindings and behaviors, see Simplified Configuration and Simplified Configuration for WCF Services.

子要素Child Elements

要素Element 説明Description
<clientCredentials><clientCredentials> サービスに対するクライアントの認証に使用される資格情報を指定します。Specifies the credentials used to authenticate the client to a service.
<callbackDebug><callbackDebug> Windows Communication Foundation (WCF) コールバック オブジェクトのサービス デバッグを指定します。Specifies service debugging for a Windows Communication Foundation (WCF) callback object.
<callbackTimeouts><callbackTimeouts> クライアント コールバックのタイムアウトを指定します。Specifies the timeout for the client callback.
<clientVia><clientVia> メッセージの経路を指定します。Specifies the route a message should take.
<dataContractSerializer><dataContractSerializer> DataContractSerializer 用の構成データが含まれています。Contains configuration data for the DataContractSerializer.
<dispatcherSynchronization ><dispatcherSynchronization> サービスが非同期に応答を返すことができるようにするエンドポイントの動作を指定します。Specifies an endpoint behavior that enables a service to send replies asynchronously.
<enableWebScript><enableWebScript> ASP.NET AJAX Web ページからサービスを使用できるようにするエンドポイントの動作を有効にします。Enables the endpoint behavior that makes it possible to consume the service from ASP.NET AJAX web pages. 動作は、いずれかと組み合わせてのみ使用する必要があります、 <webHttpBinding > 標準バインディングまたは<webMessageEncoding > バインド要素。The behavior should only be used in conjunction with either the <webHttpBinding> standard binding, or the <webMessageEncoding> binding element.
<endpointDiscovery><endpointDiscovery> エンドポイントのさまざまな探索設定を指定します (探索可能性、スコープ、メタデータに対するカスタム拡張など)。Specifies the various discovery settings for an endpoint, such as its discoverability, scopes, and any custom extensions to its metadata.
<soapProcessing ><soapProcessing> 異なるバインディングの種類およびメッセージ バージョンの間でメッセージのマーシャリングに使用されるクライアント エンドポイントの動作を定義します。Defines the client endpoint behavior used to marshal messages between different binding types and message versions.
<synchronousReceive><synchronousReceive> サービスまたはクライアント アプリケーションでメッセージを受信する場合のランタイム動作を指定します。Specifies run-time behavior for receiving messages in either a service or client application. 属性や子要素はありません。It does not have any attributes or child elements.
<transactedBatching><transactedBatching> 受信操作でトランザクション バッチがサポートされるかどうかを指定します。Specifies whether transaction batching is supported for receive operations.
<webHttp><webHttp> 構成によってエンドポイントに WebHttpBehavior を指定します。Specifies the WebHttpBehavior on an endpoint through configuration. この動作は、組み合わせて使用すると、 <webHttpBinding > 標準バインディングにより、WCF サービスの Web プログラミング モデル。This behavior, when used in conjunction with the <webHttpBinding> standard binding, enables the Web programming model for a WCF service.

親要素Parent Elements

要素Element 説明Description
<endpointBehaviors><endpointBehaviors> エンドポイント動作要素のコレクション。A collection of endpoint behavior elements.