<動作 > の<serviceBehaviors ><behavior> of <serviceBehaviors>

behavior 要素には、サービスの動作設定のコレクションが含まれます。The behavior element contains a collection of settings for the behavior of a service. 各動作には、それぞれの name によってインデックスが付けられます。Each behavior is indexed by its name. サービスを使用してこの名前で各動作にリンクできる、behaviorConfigurationの属性、 <エンドポイント >要素。Services can link to each behavior through this name using the behaviorConfiguration attribute of the <endpoint> element. これにより、設定を再定義することなく、エンドポイント間で共通の動作構成を共有できます。This allows endpoints to share common behavior configurations without redefining the settings. .NET Framework 4.NET Framework 4 以降では、バインディングおよび動作に名前を付ける必要はありません。Starting with .NET Framework 4.NET Framework 4, bindings and behaviors are not required to have a name. 既定の構成と無名のバインディングおよび動作の詳細については、「簡略化された構成」と「WCF サービスの構成を簡略化」を参照してください。For more information about default configuration and nameless bindings and behaviors, see Simplified Configuration and Simplified Configuration for WCF Services.

注意

Windows ワークフロー アクティビティに固有の動作要素など、 <sendMessageChannelCache >要素に記載されています、 <動作 > の<serviceBehaviors >ページ。Behavior elements specific to Windows Workflow activities, such as the <sendMessageChannelCache> element, are documented in the <behavior> of <serviceBehaviors> page.

<system.ServiceModel ><system.ServiceModel>
<<behaviors>
<serviceBehaviors><serviceBehaviors>
<behavior><behavior>

構文Syntax

<system.ServiceModel>
  <behaviors>
    <serviceBehaviors>
       <behavior name="String" />
    </serviceBehaviors>
  </behaviors>
</system.ServiceModel>

属性および要素Attributes and Elements

以降のセクションでは、属性、子要素、および親要素について説明します。The following sections describe attributes, child elements, and parent elements.

属性Attributes

属性Attribute 説明Description
namename 動作の構成名を含む一意の文字列。A unique string that contains the configuration name of the behavior. この値は、要素の識別文字列として機能するため、一意のユーザー定義の文字列である必要があります。This value is a user-defined string that must be unique, since it acts as the identification string for the element. .NET Framework 4.NET Framework 4 以降では、バインディングおよび動作に名前を付ける必要はありません。Starting with .NET Framework 4.NET Framework 4, bindings and behaviors are not required to have a name. 既定の構成と無名のバインディングおよび動作の詳細については、「簡略化された構成」と「WCF サービスの構成を簡略化」を参照してください。For more information about default configuration and nameless bindings and behaviors, see Simplified Configuration and Simplified Configuration for WCF Services.

子要素Child Elements

要素Element 説明Description
<dataContractSerializer><dataContractSerializer> DataContractSerializer 用の構成データが含まれています。Contains configuration data for the DataContractSerializer.
<persistenceProvider><persistenceProvider> 使用する永続化プロバイダーの実装の型と、永続化操作に使用するタイムアウトを指定します。Specifies the type of the persistence provider implementation to use, as well as the time-out to use for persistence operations.
<ルーティング ><routing> ルーティング構成の動的な変更を可能にするルーティング サービスへの実行時アクセスを提供します。Provides run-time access to the routing service to allow dynamic modification of the routing configuration.
<serviceAuthenticationManager><serviceAuthenticationManager> サービス レベルで転送、メッセージ、または送信元の有効性を確立するワークフロー構成要素を提供します。Provides a workflow configuration element that establishes at the service level the validity of a transmission, message, or originator..
<serviceAuthorization><serviceAuthorization> サービス操作へのアクセスを承認する設定を指定します。Specifies settings that authorize access to service operations.
<serviceCredentials><serviceCredentials> サービスの認証に使用される資格情報と、クライアントの資格情報検証関連の設定を指定します。Specifies the credential to be used in authenticating the service and the client credential validation-related settings.
<serviceDebug><serviceDebug> Windows Communication Foundation (WCF) サービスのデバッグおよびヘルプ情報機能を指定します。Specifies debugging and help information features for a Windows Communication Foundation (WCF) service.
<serviceDiscovery><serviceDiscovery> サービス エンドポイントの探索可能性を指定します。Specifies the discoverability of service endpoints.
<serviceMetadata><serviceMetadata> サービス メタデータと関連情報の公開を指定します。Specifies the publication of service metadata and associated information.
<serviceSecurityAudit><serviceSecurityAudit> サービス操作中にセキュリティ イベントの監査を有効にする設定を指定します。Specifies settings that enable auditing of security events during service operations.
<serviceThrottling><serviceThrottling> WCF サービスの調整機構を指定します。Specifies the throttling mechanism of a WCF service.
<serviceTimeouts><serviceTimeouts> サービスのタイムアウトを指定します。Specifies the timeout for a service.
<workflowRuntime><workflowRuntime> ワークフロー ベースの WCF サービスをホストするためには、WorkflowRuntime のインスタンスの設定を指定します。Specifies settings for an instance of WorkflowRuntime for hosting workflow-based WCF services.
<useRequestHeadersForMetadataAddress ><useRequestHeadersForMetadataAddress> メタデータのアドレス情報を要求メッセージ ヘッダーから取得できるようにします。Enables the retrieval of metadata address information from the request message headers.

親要素Parent Elements

要素Element 説明Description
<serviceBehaviors><serviceBehaviors> サービス動作要素のコレクション。A collection of service behavior elements.