<<behaviors>

この要素は、endpointBehaviorsserviceBehaviors という 2 つの子コレクションを定義します。This element defines two child collections named endpointBehaviors and serviceBehaviors. 各コレクションは、エンドポイントとサービスによって使用されるそれぞれの動作要素を定義します。Each collection defines behavior elements consumed by endpoints and services respectively. 各動作要素は、その一意の name 属性で識別されます。Each behavior element is identified by its unique name attribute. .NET Framework 4.NET Framework 4 以降では、バインディングおよび動作に名前を付ける必要はありません。Starting with .NET Framework 4.NET Framework 4, bindings and behaviors are not required to have a name. 既定の構成と無名のバインディングおよび動作の詳細については、「簡略化された構成」と「WCF サービスの構成を簡略化」を参照してください。For more information about default configuration and nameless bindings and behaviors, see Simplified Configuration and Simplified Configuration for WCF Services.

<system.ServiceModel ><system.ServiceModel>

構文Syntax

<behaviors>
  <serviceBehaviors>
  </serviceBehaviors>
  <endpointBehaviors>
  </endpointBehaviors>
</behaviors>

属性および要素Attributes and Elements

以降のセクションでは、属性、子要素、および親要素について説明します。The following sections describe attributes, child elements, and parent elements.

属性Attributes

なしNone

子要素Child Elements

要素Element 説明Description
<endpointBehaviors><endpointBehaviors> この構成セクションは、特定のエンドポイントに対して定義されたすべての動作を表します。This configuration section represents all the behaviors defined for a specific endpoint.
<serviceBehaviors><serviceBehaviors> この構成セクションは、特定のサービスに対して定義されたすべての動作を表します。This configuration section represents all the behaviors defined for a specific service.

親要素Parent Elements

要素Element 説明Description
<system.serviceModel><system.serviceModel> すべての Windows Communication Foundation (WCF) 構成要素のルート要素です。The root element of all Windows Communication Foundation (WCF) configuration elements.

RemarksRemarks

<remove> 要素を使用して、コレクションから特定の動作を削除できます。You can use the <remove> element to remove a particular behavior from the collection. これを行うには、name 要素の <remove> 属性に、削除する動作の名前を指定します。To do so, simply supply the name of the behavior to remove in the name attribute of the <remove> element. また、<clear> 要素を使用してコレクションの内容をすべて消去し、動作コレクションの初期値を確実に空にすることもできます。You can also use the <clear> element to insure that a behavior collection starts empty by clearing out all the content of the collection.

関連項目See also