<bindings><bindings>

使用することができます、bindings標準およびカスタム バインドの Windows Communication Foundation (WCF) のコレクションを構成する要素。You can use the bindings element to configure a collection of standard and custom bindings for Windows Communication Foundation (WCF). 各エントリは、その一意の binding 属性で識別できる name 要素です。Each entry is a binding element that can be identified by its unique name. サービスは、name を使用してバインディングをリンクすることにより、バインディングを使用します。Services use bindings by linking them using the name. .NET Framework 4.NET Framework 4 以降では、バインディングおよび動作に名前を付ける必要はありません。Starting with .NET Framework 4.NET Framework 4, bindings and behaviors are not required to have a name. 既定の構成と無名のバインディングおよび動作の詳細については、「簡略化された構成」と「WCF サービスの構成を簡略化」を参照してください。For more information about default configuration and nameless bindings and behaviors, see Simplified Configuration and Simplified Configuration for WCF Services.

システム指定のバインドSystem-provided bindings

システム指定のバインディングは、WCF メッセージ スタックの複雑さを隠蔽します。System-provided bindings hide the complexity of the WCF messaging stack. システム指定のバインディングを使用しているアプリケーションは、スタックを完全に制御する必要はありません。Applications using system-provided bindings do not require full control over the stack. システム指定の各バインディングに公開される属性は、バインディングが処理する使用シナリオに最適な属性です。The attributes exposed on each system-provided binding are the ones most appropriate for the usage scenario the binding addresses.

システム指定の各バインディングの構成セクションは、バインディングの構成に使用される複数の構成を定義できます。The configuration section for each system-provided binding can define several configurations used to configure the binding. 各構成は、一意の名前によって識別されます。Each configuration is identified by a unique name.

システム指定のバインディングに要素または属性を追加することはできません。It isn't possible to add elements or attributes to a system-provided binding. これを行うに」の説明に従って、カスタム バインドを実装する必要があります、カスタム バインドセクション。To do so, you should implement a custom binding as described in the Custom bindings section. システム指定のバインディングを完全には、ユーザー アプリケーションは、上でコントロールを持つ必要があるいくつかの設定を追加するカスタム バインドを定義することになります。It's possible to define a custom binding that mimics a system-provided binding perfectly and adds a few settings the user application wants to have control over.

システム指定のバインディングの一覧は、次を参照してください。 System-Provided Bindingsします。For a list of system-provided bindings, see System-Provided Bindings.

カスタム バインドCustom bindings

カスタム バインディングを使用すると、WCF メッセージ スタックのフル コントロールが可能になります。Custom bindings provide full control over the WCF messaging stack. 個別のバインディングは、メッセージ スタックを、スタック要素の構成要素をスタックに出現する順序で指定することにより定義します。An individual binding defines the message stack by specifying the configuration elements for the stack elements in the order they appear on the stack. 各要素は、定義して、スタックの 1 つの要素を構成します。Each element defines and configures one element of the stack. 各カスタム バインディング内の transport 要素は 1 つだけにする必要があります。There must be one and only one transport element in each custom binding. この要素がない場合、メッセージ スタックは不完全です。Without this element, the messaging stack is incomplete.

要素がスタックに出現する順序は重要です。それは、その順序で操作がメッセージに適用されるためです。The order in which elements appear in the stack matters, because it is the order in which operations are applied to the message. スタック要素で必要な順序を次に示します。The required order of stack elements is the following:

  1. トランザクション (省略可能)Transactions (optional)

  2. 信頼性の高いメッセージング (省略可能)Reliable messaging (optional)

  3. セキュリティ (省略可能)Security (optional)

  4. エンコーダーEncoder

  5. TransportTransport

カスタム バインドは、name 属性によって識別されます。Custom bindings are identified by their name attribute. カスタム バインドの詳細については、次を参照してください。カスタム バインドします。For more information on custom bindings, see Custom Bindings.

関連項目See also