dataContractSerializerdataContractSerializer

DataContractSerializer 用の設定データが含まれています。Contains configuration data for the DataContractSerializer.

<configuration>
  <system.serviceModel>
    <behaviors>
      <endpointBehaviors>
        <behavior>
          <dataContractSerializer>

構文Syntax

<dataContractSerializer ignoreExtensionDataObject="Boolean"
                        maxItemsInObjectGraph="Integer" />

属性および要素Attributes and Elements

以降のセクションでは、属性、子要素、および親要素について説明します。The following sections describe attributes, child elements, and parent elements.

属性Attributes

要素Element 説明Description
ignoreExtensionDataObjectignoreExtensionDataObject エンドポイントがシリアル化または逆シリアル化されているときに、そのエンドポイントにより提供されるデータを無視するかどうかを指定するブール値。A Boolean value that specifies whether to ignore data supplied by the endpoint, when it is being serialized or deserialized.
maxItemsInObjectGraphmaxItemsInObjectGraph シリアル化または逆シリアル化する項目の最大数を指定する整数。An integer that specifies the maximum number of items to serialize or deserialize.

子要素Child Elements

なし。None.

親要素Parent Elements

要素Element 説明Description
<behavior> エンドポイントの動作を指定します。Specifies an endpoint behavior.

解説Remarks

既知の型の詳細については、DataContractSerializer のドキュメントを参照してください。See the DataContractSerializer documentation for more information about known types.

注意事項

<dataContractSerializer> 動作要素が存在する場合は、構成ファイル内で <enableWebScript> 動作要素よりも前に出現する必要があります。The <dataContractSerializer> behavior element (if present) should always appear before the <enableWebScript> behavior element in the configuration file. それ以外の場合は、動作結果は未定義になります。Otherwise, the resulting behavior is undefined.

関連項目See also