<エンドポイント > 要素<endpoint> element

サービスの公開に使用されるサービス エンドポイントのバインディング、コントラクト、およびアドレスのプロパティを指定します。Specifies binding, contract, and address properties for a service endpoint, which is used to expose services.

<configuration> <configuration>
   <System.servicemodel >   <system.serviceModel>
     <サービス >     <services>
       <サービス >       <service>
         <エンドポイント >        <endpoint>

構文Syntax

<endpoint address="String"
          behaviorConfiguration="String"
          binding="String"
          bindingConfiguration="String"
          bindingName="String"
          bindingNamespace="String"
          contract="String"
          endpointConfiguration="String"
          isSystemEndpoint="Boolean"
          kind="String"
          listenUriMode="Explicit/Unique"
          listenUri="Uri">
</endpoint>

属性および要素Attributes and Elements

以降のセクションでは、属性、子要素、および親要素について説明します。The following sections describe attributes, child elements, and parent elements.

属性Attributes

属性Attribute 説明Description
addressaddress エンドポイントのアドレスを含む文字列。A string that contains the address of the endpoint. アドレスは、絶対または相対アドレスとして指定できます。The address can be specified as an absolute or relative address. 相対アドレスが提供されている場合、ホストは、そのバインディングで使用されるトランスポート スキームに適したベース アドレスが提供されることを想定します。If a relative address is provided, the host is expected to provide a base address appropriate for the transport scheme used in the binding. アドレスが構成されていない場合、ベース アドレスはそのエンドポイントのアドレスと見なされます。If an address is not configured, the base address is assumed to be the address for that endpoint.

既定値は空の文字列です。The default is an empty string.
behaviorConfigurationbehaviorConfiguration エンドポイントで使用される動作の名前を含む文字列。A string that contains the name of the behavior to be used in the endpoint.
バインドbinding 使用するバインディングの種類を指定する必須の文字列属性。Required string attribute that specifies the type of binding to use. 参照できるようにするには、種類は登録された構成セクションを持っている必要があります。The type must have a registered configuration section in order to be referenced. 種類は、バインディングの種類の名前ではなくセクション名で登録されます。The type is the registered by section name, rather than by the type name of the binding.
bindingConfigurationbindingConfiguration エンドポイントがインスタンス化されるときに使用するバインディングのバインディング名を指定する文字列。A string that specifies the binding name of the binding to use when the endpoint is instantiated. バインディング名は、エンドポイントが定義される時点でスコープ内にある必要があります。The binding name must be in scope at the point the endpoint is defined. 既定値は空の文字列です。The default is an empty string.

この属性は、構成ファイル内の特定のバインディング構成を参照するために、binding と組み合わせて使用されます。This attribute is used in conjunction with binding to reference a specific binding configuration in the configuration file. カスタム バインドを使用しようとする場合にこの属性を設定します。Set this attribute if you are attempting to use a custom binding. そうでない場合は、例外がスローされることがあります。Otherwise, an exception may be thrown.
bindingNamebindingName WSDL を介した定義エクスポートに使用するバインディングの一意の修飾名を指定する文字列。A string that specifies the unique qualified name of the binding for definition export through WSDL. 既定値は空の文字列です。The default is an empty string.
bindingNamespacebindingNamespace WSDL を介した定義エクスポートに使用するバインディングの名前空間の修飾名を指定する文字列。A string that specifies the qualified name of the namespace of the binding for definition export through WSDL. 既定値は空の文字列です。The default is an empty string.
コントラクト (contract)contract このエンドポイントが公開するコントラクトを示す文字列。A string that indicates which contract this endpoint is exposing. アセンブリは、コントラクト型を実装する必要があります。The assembly must implement the contract type. サービス実装が単一のコントラクトの型を実装する場合は、このプロパティを省略できます。If a service implementation implements a single contract type, then this property can be omitted. 既定値は空の文字列です。The default is an empty string.
endpointConfigurationendpointConfiguration この標準エンドポイントの追加の構成情報を参照する kind 属性によって設定される標準エンドポイントの名前を指定する文字列。A string that specifies the name of the standard endpoint that is set by the kind attribute, which references to the additional configuration information of this standard endpoint. 同じ名前を <standardEndpoints> セクションに定義する必要があります。The same name must be defined in the <standardEndpoints> section.
isSystemEndpointisSystemEndpoint インフラストラクチャ エンドポイントであるかどうかを指定するブール値。A Boolean value that specifies whether an endpoint is an infrastructure endpoint.
kindkind 適用する標準エンドポイントの種類を指定する文字列。A string that specifies the type of standard endpoint applied. 種類は <extensions> セクションまたは machine.config に登録する必要があります。何も指定されていない場合は、共通のサービス エンドポイントが作成されます。The type must be registered in the <extensions> section or in machine.config. If nothing is specified, a common service endpoint is created.
listenUriModelistenUriMode リッスンするサービスに提供される ListenUri をトランスポートが処理する方法を指定します。Specifies how the transport treats the ListenUri provided for the service to listen on. 有効な値は、次のとおりです。Valid values are

-Explicit- Explicit
-一意- Unique

既定値は Explicit です。The default value is Explicit.
listenUrilistenUri サービス エンドポイントがリッスンする URI を指定する文字列。A string that specifies the URI at which the service endpoint listens. 既定値は空の文字列です。The default is an empty string.
namename 省略可能な属性です。Optional attribute. サービス エンドポイントの名前を指定する文字列。A string that specifies the name the service endpoint. 既定値は、バインディング名とコントラクトの説明の名前を連結した値です。The default value is the concatenation of the binding name and the contract description name. サービスには複数のエンドポイントが存在する場合があるため、エンドポイントの name 属性はサービスの名前とは異なります。Services may have multiple endpoints, so the endpoint’s name attribute is distinct from the name of the service.

子要素Child Elements

要素Element 説明Description
<headers><headers> アドレス ヘッダーのコレクション。A collection of address headers.
<identity><identity> メッセージを交換する他のエンドポイントによるエンドポイントの認証を可能にする ID です。An identity that enables the authentication of an endpoint by other endpoints exchanging messages with it.

親要素Parent Elements

要素Element 説明Description
<service><service> クライアントが接続可能なエンドポイントの一覧を定義する設定セクションです。A configuration section that defines a list of endpoints that a client can connect to.

Example

これはサービス エンドポイントの構成の例です。This is an example of a service endpoint configuration.

<endpoint address="/HelloWorld/"
          bindingConfiguration="usingDefaults"
          bindingName="MyBinding"
          binding="customBinding"
          contract="HelloWorld">
  <headers>
    <region xmlns="http://tempuri.org/">EastCoast</region>
    <member xmlns="http://tempuri.org/">Gold</member>
  </headers>
</endpoint>

関連項目See also