<拡張機能 > セクション<extensions> section

この構成セクションには、拡張のコレクションが含まれています。この拡張のコレクションによってユーザーは、ユーザー定義のバインディング、動作、およびその他の拡張機能を作成できます。This configuration section contains a collection of extensions, which enable the user to create user-defined bindings, behaviors, and other aspects of extensions.

<system.ServiceModel ><system.ServiceModel>

構文Syntax

<system.serviceModel>
  <extensions>
    <bindingExtensions>
    </bindingExtensions>
    <behaviorExtensions>
    </behaviorExtensions>
    <bindingElementExtensions>
    </bindingElementExtensions>
    <endpointExtensions>
    </endpointExtensions>
  </extensions>
</system.serviceModel>

属性および要素Attributes and Elements

以降のセクションでは、属性、子要素、および親要素について説明します。The following sections describe attributes, child elements, and parent elements.

属性Attributes

なし。None.

子要素Child Elements

要素Element 説明Description
<behaviorExtensions><behaviorExtensions> このセクションには、動作拡張を指定する子要素が含まれています。この動作拡張により、ユーザーはサービスまたはエンドポイントの動作をカスタマイズできます。This section contains child elements that specify behavior extensions, which enable the user to customize service or endpoint behaviors.
<bindingElementExtensions><bindingElementExtensions> このセクションは、コンピューターまたはアプリケーションの構成ファイルからカスタム バインディング要素を使用できます。This section enables the use of a custom binding element from a machine or application configuration file.
<bindingExtensions><bindingExtensions> このセクションには、バインディング拡張を指定する子要素が含まれています。このバインディング拡張によって、ユーザーはバインディングをカスタマイズできます。This section contains child elements that specify binding extensions, which enable the user to customize bindings.
<endpointExtensions><endpointExtensions> このセクションには、標準エンドポイントを登録する子要素が含まれています。This section contains child elements that registers standard endpoints.

親要素Parent Elements

要素Element 説明Description
system.ServiceModelsystem.ServiceModel すべての WCF 構成要素のルート要素です。The root element of all WCF configuration elements.