<knownType>

逆シリアル化中に DataContractSerializer によって使用される型を指定します。Specifies a type to be used by DataContractSerializer during deserialization. この要素には、"宣言型" のフィールドまたはプロパティによって返される "既知の型" を指定します。The element specifies a "known type" that is returned by a field or property of a "declared type." 詳細については、「 データコントラクトの既知の型」を参照してください。For more information, see Data Contract Known Types.

<configuration>
  <system.runtime.serialization>
    <dataContractSerializer>
      <declaredTypes>
        <add>
          <knownType>

構文Syntax

<knownType type="String">
  <parameter index="Integer"
             type="String" />
</knownType>

種類Type

string

属性および要素Attributes and Elements

以降のセクションでは、属性、子要素、および親要素について説明します。The following sections describe attributes, child elements, and parent elements.

属性Attributes

属性Attribute [説明]Description
typetype 型 (名前空間を含む)、アセンブリ名、バージョン、カルチャ、および公開キー トークンを指定します。Specifies the type (including namespace), assembly name, version, culture, and public key token.

子要素Child Elements

要素Element 説明Description
<parameter> 宣言型がジェネリック型である場合に、パラメーター インデックスを指定します。Specifies a parameter index when the declared type is a generic type.

親要素Parent Elements

要素Element 説明Description
<add> 宣言されたタイプのコレクションに、宣言されたタイプを追加します。Adds a declared type to the collection of declared types.

解説Remarks

既知の型の詳細については、「 データコントラクトの既知の型 」と「」を参照してください DataContractSerializerFor more information about known types, see Data Contract Known Types and DataContractSerializer.

<dataContractSerializer>この要素の使用例については、「」を参照してください。See the <dataContractSerializer> for an example of using this element.

Example

<add type="MyCompany.Library.Shape,
           MyAssembly, Version=2.0.0.0, Culture=neutral,
           PublicKeyToken=XXXXXX, processorArchitecture=MSIL">
  <knownType type="MyCompany.Library.Circle,
                   MyAssembly, Version=2.0.0.0, Culture=neutral,
                   PublicKeyToken=XXXXXX,
                   processorArchitecture=MSIL"/>
</add>

関連項目See also