<serviceBehavior > の<ルーティング ><routing> of <serviceBehavior>

ルーティング構成の動的な変更を可能にするルーティング サービスへの実行時アクセスを提供します。Provides run-time access to the routing service to allow dynamic modification of the routing configuration.

<configuration> <configuration>
   <System.servicemodel >   <system.serviceModel>
     <動作 >     <behaviors>
       <serviceBehaviors >       <serviceBehaviors>
         <動作 >         <behavior>
           <ルーティング >          <routing>

構文Syntax

<behaviors>
  <serviceBehaviors>
    <behavior name="String">
      <routing filterTable="String"
               routeOnHeadersOnly="Boolean"
               SoapProcessingEnabled="Boolean" />
    </behavior>
  </serviceBehaviors>
</behaviors>

属性および要素Attributes and Elements

以降のセクションでは、属性、子要素、および親要素について説明します。The following sections describe attributes, child elements, and parent elements.

属性Attributes

属性Attribute 説明Description
filterTablefilterTable ルーティング サービスによって評価されるフィルターを含むルーティング テーブルの名前を指定する文字列。A string that specifies the name of the routing table that contains filters to be evaluated by the routing service. この値は、 name filtertables > セクションの filterTable > 要素の属性と一致している必要があります。 < <This value must match the name attribute of a <filterTable> element in the <filterTables> section.
routeOnHeaderOnlyrouteOnHeaderOnly フィルターがメッセージの本文とヘッダーの両方を調べるか、ヘッダーのみを調べるかを指定するブール値。A Boolean value that specifies whether the filter will examine both the message body and the header, or the header only. 既定値は true です。The default is true.
soapProcessingEnabledsoapProcessingEnabled SOAP 処理を実行するかどうかを指定するブール値。A Boolean value that specifies whether SOAP processing should occur.

子要素Child Elements

なし。None.

親要素Parent Elements

要素Element 説明Description
<behavior><behavior> 動作の要素を指定します。Specifies a behavior element.

RemarksRemarks

サービスの動作構成に追加すると、この構成要素により、サービスのルーティングが有効になります。When added to the service’s behavior configuration, this configuration element enables routing for the service. この要素には、サービスで使用される実際のルーティング テーブルを指定できます。You can specify the actual routing table to be used by the service in this element.

この構成セクションを使用すると、配置パターンの変更時にルーティング設定を変更できます。Using this configuration section, you can change your routing settings on the fly when your deployment pattern changes. 実行時には、新しいルーティング設定を使用した独自のルーティング拡張を登録できます。ルーティング サービスは (開始時に適用されていた規則に関係なく) 更新済みの構成情報を使用して新たなメッセージとセッションにサービスを提供します。ただし、インフライトのメッセージやセッションには以前の規則が適用されます。At runtime, you can register your own routing extension with new routing settings and the routing service will begin using the updated configuration information for new messages and sessions, while leaving in-flight messages/sessions using whatever rules were in place when they started. このようにして、実行時において、セッション セーフでリサイクルの程度を抑えた状態でのルーティング サービスの再構成が可能となります。This gives you the ability to do session-safe, recycle-less reconfiguration of the Routing Service during runtime.