<sendMessageChannelCache><sendMessageChannelCache>

キャッシュ共有レベルのカスタマイズ、チャネルファクトリキャッシュの設定、およびメッセージを送信するアクティビティを使用してサービスエンドポイントにメッセージを送信するワークフローのチャネルキャッシュの設定を可能にするサービス動作。A service behavior that enables the customization of the cache sharing levels, the settings of the channel factory cache, and the settings of the channel cache for workflows that send messages to service endpoints using Send messaging activities.

<configuration> <configuration>
   <system.ServiceModel >   <system.ServiceModel>
     <動作 >     <behaviors>
       <serviceBehaviors >       <serviceBehaviors>
         <動作 >         <behavior>
           <sendMessageChannelCache >          <sendMessageChannelCache>

構文Syntax

<behaviors>
  <serviceBehaviors>
    <behavior name="String">
      <sendMessageChannelCache allowUnsafeCaching="Boolean">
        <channelSettings idleTimeout="TimeSpan"
                         leaseTimeout="TimeSpan" 
                         maxItemsInCache="Integer" />
        <factorySettings idleTimeout="TimeSpan" 
                         leaseTimeout="TimeSpan" 
                         maxItemsInCache="Integer" />
      </sendMessageChannelCache>
    </behavior>
  </serviceBehaviors>
</behaviors>  

属性および要素Attributes and Elements

以降のセクションでは、属性、子要素、および親要素について説明します。The following sections describe attributes, child elements, and parent elements.

属性Attributes

属性Attribute 説明Description
allowUnsafeCachingallowUnsafeCaching キャッシュをオンにするかどうかを示すブール値。A Boolean value that indicates whether to turn caching on. ワークフロー サービスにカスタムのバインディングまたは動作がある場合は、キャッシュが安全性を損う可能性があるため、既定では無効になります。If your workflow service has custom bindings or custom behaviors, caching could be unsecure and therefore is disabled by default. ただし、キャッシュを有効にする場合は、このプロパティをtrueに設定します。However, if you want to turn caching on set this property to true.

子要素Child Elements

要素Element 説明Description
<channelSettings><channelSettings> チャネル キャッシュの設定を指定します。Specifies the settings of the channel cache.
<factorySettings ><factorySettings> チャネル ファクトリ キャッシュの設定を指定します。Specifies the settings of the channel factory cache.

親要素Parent Elements

要素Element 説明Description
<servicebehaviors の<動作 > ><behavior> of <serviceBehaviors> 動作の要素を指定します。Specifies a behavior element.

RemarksRemarks

このサービス動作は、サービス エンドポイントにメッセージを送信するワークフローを対象としています。This service behavior is intended for workflows that send messages to service endpoints. これらのワークフローは、通常はクライアント ワークフローですが、WorkflowServiceHost でホストされるワークフロー サービスである場合もあります。These workflows are typically client workflows but could also be workflow services that are hosted in a WorkflowServiceHost.

既定では、WorkflowServiceHost によってホストされるワークフローでは、Send メッセージング アクティビティが使用するキャッシュは WorkflowServiceHost のすべてのワークフロー インスタンス間で共有されます (ホストレベルのキャッシュ)。By default, in a workflow hosted by a WorkflowServiceHost, the cache used by Send messaging activities is shared across all workflow instances in the WorkflowServiceHost (host-level caching). WorkflowServiceHost によってホストされないクライアント ワークフローの場合、キャッシュを使用できるのはワークフロー インスタンスだけです (インスタンスレベルのキャッシュ)。For a client workflow that is not hosted by a WorkflowServiceHost, the cache is available only to the workflow instance (instance-level caching). 構成でエンドポイントが定義されているワークフローに送信アクティビティがある場合、キャッシュは既定で無効になります。Caching is disabled by default for any send activity in your workflow that has endpoints defined in configuration.

チャネルファクトリおよびチャネルキャッシュの既定のキャッシュ共有レベルとキャッシュ設定を変更する方法の詳細については、「 Send アクティビティのキャッシュ共有レベルの変更」を参照してください。For more information about how to change the default cache sharing levels and cache settings for the channel factory and channel cache, see Changing the Cache Sharing Levels for Send Activities.

Example

ホストされたワークフロー サービスでは、ファクトリ キャッシュとチャネル キャッシュの設定をアプリケーション構成ファイルで指定できます。In a hosted workflow service, you can specify the factory cache and channel cache settings in the application configuration file. これを行うには、ファクトリ キャッシュおよびチャネル キャッシュのキャッシュ設定を含むサービス動作を追加し、そのサービス動作をサービスに追加します。To do so, add a service behavior that contains the cache settings for the factory and channel cache and add this service behavior to your service. 次の例は、カスタムファクトリキャッシュとチャネルキャッシュ設定をMyChannelCacheBehavior使用したサービス動作を含む構成ファイルの内容を示しています。The following example shows the contents of a configuration file that contains the MyChannelCacheBehavior service behavior with the custom factory cache and channel cache settings. このサービス動作は、 behaviorConfiguration属性を通じてサービスに追加されます。This service behavior is added to the service through the behaviorConfiguration attribute.

<configuration>    
  <system.serviceModel>  
    <!-- List of other config sections here -->   
    <behaviors>  
      <serviceBehaviors>  
        <behavior name="MyChannelCacheBehavior">  
          <sendMessageChannelCache allowUnsafeCaching ="false" >  
            <!-- Control only the host level settings -->   
            <factorySettings maxItemsInCache = "8" idleTimeout = "00:05:00" leaseTimeout="10:00:00" />  
            <channelSettings maxItemsInCache = "32" idleTimeout = "00:05:00" leaseTimeout="00:06:00" />  
          </sendMessageChannelCache>  
        </behavior>  
      </serviceBehaviors>  
    </behaviors>  
    <services>  
      <service name="MyService" behaviorConfiguration="MyChannelCacheBehavior" />  
    </services>  
  </system.serviceModel>  
</configuration>  

関連項目See also