ADO.NET の概要ADO.NET Overview

ADO.NET は、SQL Server や XML などのデータ ソースや、OLE DB や ODBC 経由で公開されるデータ ソースに対する一貫性を持ったアクセス機能を実現します。ADO.NET provides consistent access to data sources such as SQL Server and XML, and to data sources exposed through OLE DB and ODBC. データを共有する消費者向けアプリケーションで ADO.NET を使用することで、そのようなデータ ソースへの接続や、データ ソースに格納されているデータの取得、操作、更新を実行できます。Data-sharing consumer applications can use ADO.NET to connect to these data sources and retrieve, handle, and update the data that they contain.

ADO.NET は、データ操作の中からデータ アクセス機能を分離し、個別にまたは組み合わせて使用できる、独立したコンポーネントへと分解します。ADO.NET separates data access from data manipulation into discrete components that can be used separately or in tandem. ADO.NET には、データベースとの接続、コマンドの実行、および結果の取得を行うための .NET Framework データ プロバイダーが含まれます。ADO.NET includes .NET Framework data providers for connecting to a database, executing commands, and retrieving results. この結果は直接処理され、ADO.NET DataSet オブジェクトに格納されます。この結果は、ユーザーに暫定的に公開したり、複数のソースからのデータと組み合わせたり、層間で受け渡したりするために使用されます。Those results are either processed directly, placed in an ADO.NET DataSet object in order to be exposed to the user in an ad hoc manner, combined with data from multiple sources, or passed between tiers. DataSet オブジェクトを .NET Framework データ プロバイダーに関係なく使用した場合でも、アプリケーションにとってローカルなデータや XML から提供されたデータを管理できます。The DataSet object can also be used independently of a .NET Framework data provider to manage data local to the application or sourced from XML.

ADO.NET クラスは System.Data.dll にあり、System.Xml.dll に含まれている XML クラスに統合されています。The ADO.NET classes are found in System.Data.dll, and are integrated with the XML classes found in System.Xml.dll. データベースに接続してデータを取得し、そのデータをコンソールウィンドウに表示するサンプルコードについては、「 ADO.NET コード例」を参照してください。For sample code that connects to a database, retrieves data from it, and then displays that data in a console window, see ADO.NET Code Examples.

マネージド コードを作成する開発者は、ADO.NET により、ネイティブのコンポーネント オブジェクト モデル (COM) 開発者が ActiveX Data Object (ADO) によって利用できる機能と同等の機能を利用できます。ADO.NET provides functionality to developers who write managed code similar to the functionality provided to native component object model (COM) developers by ActiveX Data Objects (ADO). .NET アプリケーションでのデータのアクセスには、ADO ではなく ADO.NET を使用することをお勧めします。We recommend that you use ADO.NET, not ADO, for accessing data in your .NET applications.

ADO.NET は、.NET Framework におけるデータ アクセスの最も直接的な方法を提供します。ADO.NET provides the most direct method of data access within the .NET Framework. 基になるストレージモデルではなく、概念モデルに対するアプリケーションの動作を可能にする高レベルの抽象化については、 ADO.NET Entity Frameworkを参照してください。For a higher-level abstraction that allows applications to work against a conceptual model instead of the underlying storage model, see the ADO.NET Entity Framework.

プライバシーに関する声明:System.string、System.data.oracleclient、System.data.sqlserverce、および system.string の各アセンブリは、ユーザーのものを区別しません。このようなアセンブリでは、ユーザーを識別しているものとは区別されません。このようなアセンブリは、ユーザーにとっては異なりますが、プライベートデータと非プライベートデータ。Privacy Statement: The System.Data.dll, System.Data.Design.dll, System.Data.OracleClient.dll, System.Data.SqlXml.dll, System.Data.Linq.dll, System.Data.SqlServerCe.dll, and System.Data.DataSetExtensions.dll assemblies do not distinguish between a user's private data and non-private data. これらのアセンブリによって、ユーザーの個人データの収集、格納、送信が実行されることはありません。These assemblies do not collect, store, or transport any user's private data. ただし、サードパーティ製のアプリケーションでこれらのアセンブリが使用され、ユーザーの個人データの収集、格納、送信が行われる可能性はあります。However, third-party applications might collect, store, or transport a user's private data using these assemblies.

このセクションの内容In This Section

ADO.NET のアーキテクチャADO.NET Architecture
ADO.NET のアーキテクチャとコンポーネントの概要を説明します。Provides an overview of the architecture and components of ADO.NET.

ADO.NET テクノロジのオプションとガイドラインADO.NET Technology Options and Guidelines
エンティティ データ プラットフォームに含まれている製品とテクノロジを説明します。Describes the products and technologies included with the Entity Data Platform.

LINQ と ADO.NETLINQ and ADO.NET
ADO.NET での統合言語クエリ (LINQ) の実装方法を説明し、関連項目へのリンクを示します。Describes how Language-Integrated Query (LINQ) is implemented in ADO.NET and provides links to relevant topics.

.NET Framework データ プロバイダー.NET Framework Data Providers
.NET Framework データ プロバイダーと、ADO.NET に同梱される .NET Framework データ プロバイダーのデザインの概要を説明します。Provides an overview of the design of the .NET Framework data provider and of the .NET Framework data providers that are included with ADO.NET.

ADO.NET データセットADO.NET DataSets
DataSet のデザインとコンポーネントの概要を説明します。Provides an overview of the DataSet design and components.

ADO.NET での side-by-side 実行Side-by-Side Execution in ADO.NET
ADO.NET のバージョン間の相違と、その相違が side-by-side 実行とアプリケーションの互換性に及ぼす影響について説明します。Discusses differences in ADO.NET versions and their effect on side-by-side execution and application compatibility.

ADO.NET のコード例ADO.NET Code Examples
ADO.NET データ プロバイダーを使用してデータを取得するコード サンプルです。Provides code samples that retrieve data using the ADO.NET data providers.

ADO.NET の新機能What's New in ADO.NET
ADO.NET の新機能について説明します。Introduces features that are new in ADO.NET.

ADO.NET アプリケーションのセキュリティ保護Securing ADO.NET Applications
ADO.NET を使用する場合の安全なコーディング方法について説明します。Describes secure coding practices when using ADO.NET.

ADO.NET でのデータ型のマッピングData Type Mappings in ADO.NET
.NET Framework データ型と .NET Framework データ プロバイダーとの間のデータ型のマッピングについて説明します。Describes data type mappings between .NET Framework data types and the .NET Framework data providers.

ADO.NET でのデータの取得および変更Retrieving and Modifying Data in ADO.NET
データ ソースへの接続、データの取得、データの変更の方法について説明します。Describes how to connect to a data source, retrieve data, and modify data. これには、DataReadersDataAdapters が含まれます。This includes DataReaders and DataAdapters.

関連項目See also