コマンドおよびパラメーターCommands and Parameters

データ ソースへの接続を確立した後、DbCommand オブジェクトを使用してコマンドを実行し、データ ソースから結果を返すことができます。After establishing a connection to a data source, you can execute commands and return results from the data source using a DbCommand object. コマンドは、使用している .NET Framework データ プロバイダーのいずれかのコマンド コンストラクターで作成できます。You can create a command using one of the command constructors for the .NET Framework data provider you are working with. コンストラクターには、データ ソースで実行する SQL ステートメント、DbConnection オブジェクト、DbTransaction オブジェクトなど、オプションの引数を渡すことができます。Constructors can take optional arguments, such as an SQL statement to execute at the data source, a DbConnection object, or a DbTransaction object. これらのオブジェクトをコマンドのプロパティとして構成することもできます。You can also configure those objects as properties of the command. また、CreateCommand オブジェクトの DbConnection メソッドを使用して、特定の接続用のコマンドを作成することもできます。You can also create a command for a particular connection using the CreateCommand method of a DbConnection object. コマンドによって実行される SQL ステートメントは、CommandText プロパティを使って構成できます。The SQL statement being executed by the command can be configured using the CommandText property.

.NET Framework に含まれている各 .NET Framework データ プロバイダーは、Command オブジェクトを持ちます。Each .NET Framework data provider included with the .NET Framework has a Command object. .NET Framework Data Provider for OLE DB には OleDbCommand オブジェクト、.NET Framework Data Provider for SQL Server には SqlCommand オブジェクト、.NET Framework Data Provider for ODBC には OdbcCommand オブジェクト、.NET Framework Data Provider for Oracle には OracleCommand があります。The .NET Framework Data Provider for OLE DB includes an OleDbCommand object, the .NET Framework Data Provider for SQL Server includes a SqlCommand object, the .NET Framework Data Provider for ODBC includes an OdbcCommand object, and the .NET Framework Data Provider for Oracle includes an OracleCommand object.

このセクションの内容In This Section

コマンドの実行Executing a Command
ADO.NET の Command オブジェクトと、それを使用してデータ ソースに対してクエリやコマンドを実行する方法について説明します。Describes the ADO.NET Command object and how to use it to execute queries and commands against a data source.

パラメーターおよびパラメーター データ型の構成Configuring Parameters and Parameter Data Types
Command のパラメーターの使用 (方向、データ型、パラメーター構文など) について説明します。Describes working with Command parameters, including direction, data types, and parameter syntax.

CommandBuilder でのコマンドの生成Generating Commands with CommandBuilders
DataAdapter に単一テーブルを対象とする SELECT コマンドが割り当てられているときに、コマンド ビルダーを使用して INSERT、UPDATE、DELETE の各コマンドを自動的に生成する方法について説明します。Describes how to use command builders to automatically generate INSERT, UPDATE, and DELETE commands for a DataAdapter that has a single-table SELECT command.

データベースからの単一の値の取得Obtaining a Single Value from a Database
ExecuteScalar オブジェクトの Command メソッドを使用してデータベース クエリから単一の値を返す方法について説明します。Describes how to use the ExecuteScalar method of a Command object to return a single value from a database query.

コマンドを使用したデータ変更Using Commands to Modify Data
データ プロバイダーを使用して、ストアド プロシージャまたはデータ定義言語 (DDL) のステートメントを実行する方法について説明します。Describes how to use a data provider to execute stored procedures or data definition language (DDL) statements.

関連項目See also