ADO.NET でのデータ ソースへの接続Connecting to a Data Source in ADO.NET

ADO.NET では、Connection オブジェクトを使用して、接続文字列に必要な認証情報を指定することにより、特定のデータ ソースに接続します。In ADO.NET, you use a Connection object to connect to a specific data source by supplying necessary authentication information in a connection string. どの Connection オブジェクトを使用するかは、データ ソースの種類によって異なります。The Connection object you use depends on the type of data source.

.NET Framework に含まれている各 .NET Framework データ プロバイダーは、DbConnection オブジェクトを持っています。.NET Framework Data Provider for OLE DB には OleDbConnection オブジェクト、.NET Framework Data Provider for SQL Server には SqlConnection オブジェクト、.NET Framework Data Provider for ODBC には OdbcConnection オブジェクト、.NET Framework Data Provider for Oracle には OracleConnection があります。Each .NET Framework data provider included with the .NET Framework has a DbConnection object: the .NET Framework Data Provider for OLE DB includes an OleDbConnection object, the .NET Framework Data Provider for SQL Server includes a SqlConnection object, the .NET Framework Data Provider for ODBC includes an OdbcConnection object, and the .NET Framework Data Provider for Oracle includes an OracleConnection object.

このセクションの内容In This Section

接続の確立Establishing the Connection
Connection オブジェクトを使用して、データ ソースとの接続を確立する方法について説明します。Describes how to use a Connection object to establish a connection to a data source.

接続イベントConnection Events
InfoMessage イベントを使用してデータ ソースから情報メッセージを取得する方法について説明します。Describes how to use an InfoMessage event to retrieve informational messages from a data source.

関連項目See also