接続のプールConnection Pooling

データ ソースへの接続は時間のかかる処理です。Connecting to a data source can be time consuming. 接続を開くコストを最小限に抑えるために、ADO.NET は接続プールと呼ばれる最適化手法を使用します。これにより、接続を繰り返し開いたり閉じたりするコストを最小限に抑えることができます。To minimize the cost of opening connections, ADO.NET uses an optimization technique called connection pooling, which minimizes the cost of repeatedly opening and closing connections. 接続プールは、.NET Framework データ プロバイダーに応じて異なる処理が行われます。Connection pooling is handled differently for the .NET Framework data providers.

このセクションの内容In This Section

SQL Server の接続プール (ADO.NET)SQL Server Connection Pooling (ADO.NET)
接続プールの概要と、SQL Server での接続プールのしくみについて説明します。Provides an overview of connection pooling and describes how connection pooling works in SQL Server.

OLE DB、ODBC、および Oracle 接続プールOLE DB, ODBC, and Oracle Connection Pooling
.NET Framework Data Provider for OLE DB、.NET Framework Data Provider for ODBC、および .NET Framework Data Provider for Oracle の接続プールについて説明します。Describes connection pooling for the .NET Framework Data Provider for OLE DB, the .NET Framework Data Provider for ODBC, and the .NET Framework Data Provider for Oracle.

関連項目See also