データ バインディングと LINQ to DataSetData Binding and LINQ to DataSet

データバインディングは、アプリケーション UI とビジネスロジックの間の接続を確立するプロセスです。Data binding is the process that establishes a connection between the application UI and business logic. バインドが適切に設定され、データから適切な通知が提供される場合、データの値が変更されると、そのデータにバインドされている要素に変更が自動的に反映されます。If the binding has the correct settings and the data provides the proper notifications, when the data changes its value, the elements that are bound to the data reflect changes automatically. DataSet はメモリ内データ表現であり、含まれているデータ ソースとは関係なく、一貫性のあるリレーショナル プログラミング モデルを提供します。The DataSet is an in- memory representation of data that provides a consistent relational programming model, regardless of the source of the data it contains. ADO.NET 2.0 の DataView では、DataTable に格納されているデータの並べ替えとフィルター処理を行うことができます。The ADO.NET 2.0 DataView enables you to sort and filter the data stored in a DataTable. この機能は、データ バインディング アプリケーションで一般に使用されます。This functionality is often used in data-binding applications. DataView を使用すると、さまざまな並べ替え順序を使用してテーブルのデータを公開したり、行の状態やフィルター式に基づいてデータをフィルター処理したりできます。By using a DataView, you can expose the data in a table with different sort orders, and you can filter the data by row state or based on a filter expression. DataView オブジェクトの詳細については、「 Dataviews」を参照してください。For more information about the DataView object, see DataViews.

LINQ to DataSet を使用すると、開発者は統合言語クエリ (LINQ) を使用して、DataSet に対して複雑で強力なクエリを作成できます。LINQ to DataSet allows developers to create complex, powerful queries over a DataSet by using Language-Integrated Query (LINQ). ただし、LINQ to DataSet クエリでは DataRow オブジェクトの列挙型が返されますが、これはバインドシナリオでは簡単に使用できません。However, a LINQ to DataSet query returns an enumeration of DataRow objects, which is not easily used in a binding scenario. バインドを容易にするために、LINQ to DataSet クエリから DataView を作成できます。To make binding easier, you can create a DataView from a LINQ to DataSet query. この DataView では、クエリで指定されたフィルター処理と並べ替えを使用しますが、データバインディングに適しています。This DataView uses the filtering and sorting specified in the query, but is better suited for data binding. LINQ to DataSet は、LINQ 式ベースのフィルター処理と並べ替えを提供することによって、DataView の機能を拡張します。これにより、文字列ベースのフィルター処理や並べ替えよりもはるかに複雑で強力なフィルター処理と並べ替え操作が可能になります。LINQ to DataSet extends the functionality of the DataView by providing LINQ expression-based filtering and sorting, which allows for much more complex and powerful filtering and sorting operations than string-based filtering and sorting.

DataView はクエリ自体を表すもので、クエリに基づくビューではありません。Note that the DataView represents the query itself and is not a view on top of the query. 単純なデータ バインディング モデルを提供する場合、DataView は、DataGridDataGridView などの UI コントロールにバインドされます。The DataView is bound to a UI control, such as a DataGrid or a DataGridView, providing a simple data binding model. 当該テーブルの既定のビューを提供する場合、DataView は、DataTable から作成することもできます。A DataView can also be created from a DataTable, providing a default view of that table.

このセクションの内容In This Section

DataView オブジェクトの作成Creating a DataView Object
DataView の作成に関する情報を提供します。Provides information about creating a DataView.

DataView によるフィルター処理Filtering with DataView
DataView を使用してフィルター処理する方法について説明します。Describes how to filter with the DataView.

DataView による並べ替えSorting with DataView
DataView を使用して並べ替えを行う方法について説明します。Describes how to sort with the DataView.

DataView の DataRowView コレクションの照会Querying the DataRowView Collection in a DataView
DataRowView が公開する DataView コレクションを照会する方法について説明します。Provides information about querying the DataRowView collection exposed by DataView.

DataView のパフォーマンスDataView Performance
DataView およびパフォーマンスに関する情報を提供します。Provides information about DataView and performance.

方法 : DataView オブジェクトを Windows フォーム DataGridView コントロールにバインドするHow to: Bind a DataView Object to a Windows Forms DataGridView Control
DataView オブジェクトを DataGridView にバインドする方法について説明します。Describes how to bind a DataView object to a DataGridView.

関連項目See also