DataAdapter と DataReaderDataAdapters and DataReaders

ADO.NET を使用するDataReaderをデータベースからデータの読み取り専用、前方参照専用のストリームを取得します。You can use the ADO.NET DataReader to retrieve a read-only, forward-only stream of data from a database. 結果が返されるように、クエリが実行され、それらを要求するまで、クライアントのネットワーク バッファーに格納されますを使用して、読み取りのメソッド、 DataReaderします。Results are returned as the query executes, and are stored in the network buffer on the client until you request them using the Read method of the DataReader. 使用して、 DataReader (既定) と、使用可能になるとすぐにデータを取得することによって、アプリケーションのパフォーマンスを向上できるメモリ、システムのオーバーヘッドを減らすことで、一度に 1 行のみを格納します。Using the DataReader can increase application performance both by retrieving data as soon as it is available, and (by default) storing only one row at a time in memory, reducing system overhead.

DataAdapter は、データ ソースからデータを取得し、1 つの DataSet 内でテーブルを設定するために使用されます。A DataAdapter is used to retrieve data from a data source and populate tables within a DataSet. また、DataAdapter は、DataSet に対して加えられた変更をデータ ソースに反映させます。The DataAdapter also resolves changes made to the DataSet back to the data source. DataAdapter は .NET Framework データ プロバイダーの Connection オブジェクトを使用してデータ ソースに接続し、Command オブジェクトを使用してデータ ソースからデータを取得し、変更をデータ ソースに反映させます。The DataAdapter uses the Connection object of the .NET Framework data provider to connect to a data source, and it uses Command objects to retrieve data from and resolve changes to the data source.

.NET Framework に含まれている各 .NET Framework データ プロバイダーには、DbDataReader および DbDataAdapter オブジェクトがあります.NET Framework Data Provider for OLE DB には OleDbDataReader および OleDbDataAdapter オブジェクトがあります.NET Framework Data Provider for SQL Server には SqlDataReader および SqlDataAdapter オブジェクトがあります.NET Framework Data Provider for ODBC には、OdbcDataReader および OdbcDataAdapter オブジェクトがあります.NET Framework Data Provider for Oracle には、OracleDataReader および OracleDataAdapter オブジェクトがあります。Each .NET Framework data provider included with the .NET Framework has a DbDataReader and a DbDataAdapter object: the .NET Framework Data Provider for OLE DB includes an OleDbDataReader and an OleDbDataAdapter object, the .NET Framework Data Provider for SQL Server includes a SqlDataReader and a SqlDataAdapter object, the .NET Framework Data Provider for ODBC includes an OdbcDataReader and an OdbcDataAdapter object, and the .NET Framework Data Provider for Oracle includes an OracleDataReader and an OracleDataAdapter object.

このセクションの内容In This Section

DataReader によるデータの取得Retrieving Data Using a DataReader
ADO.NET をについて説明します。 DataReaderオブジェクトと、データ ソースから結果のストリームを返すために使用方法。Describes the ADO.NET DataReader object and how to use it to return a stream of results from a data source.

DataAdapter からの DataSet の読み込みPopulating a DataSet from a DataAdapter
DataSet を使用して DataAdapter にテーブル、列、および行を設定する方法について説明します。Describes how to fill a DataSet with tables, columns, and rows by using a DataAdapter.

DataAdapter パラメーターDataAdapter Parameters
DataAdapter のコマンド プロパティのパラメーターを使用する方法と、DataSet の列の内容をコマンド パラメーターに割り当てる方法について説明します。Describes how to use parameters with the command properties of a DataAdapter including how to map the contents of a column in a DataSet to a command parameter.

DataSet への既存の制約の追加Adding Existing Constraints to a DataSet
既存の制約を DataSet に追加する方法について説明します。Describes how to add existing constraints to a DataSet.

DataAdapter DataTable と DataColumn のマップDataAdapter DataTable and DataColumn Mappings
DataTableMappingsColumnMappings および DataAdapter を設定する方法について説明します。Describes how to set up DataTableMappings and ColumnMappings for a DataAdapter.

クエリ結果のページングPaging Through a Query Result
クエリの結果をデータ ページとして表示する例を示します。Provides an example of viewing the results of a query as pages of data.

DataAdapter によるデータ ソースの更新Updating Data Sources with DataAdapters
DataAdapter を使用して DataSet の変更内容を解決してデータベースに戻す方法について説明します。Describes how to use a DataAdapter to resolve changes in a DataSet back to the database.

DataAdapter のイベント処理Handling DataAdapter Events
DataAdapter のイベントおよびその使用方法について説明します。Describes DataAdapter events and how to use them.

DataAdapter を使用したバッチ操作の実行Performing Batch Operations Using DataAdapters
DataSet から更新を適用する際に、SQL Server へのラウンド トリップ回数を減らすことにより、アプリケーションのパフォーマンスを向上させる方法について説明します。Describes enhancing application performance by reducing the number of round trips to SQL Server when applying updates from the DataSet.

関連項目See also