型指定されたデータセットTyped DataSets

厳密に型指定されていない変数を使用した値への遅延バインディング アクセスに加えて、DataSet には、厳密に型指定された変数を使用したデータへのアクセスも用意されています。Along with late bound access to values through weakly typed variables, the DataSet provides access to data through a strongly typed metaphor. DataSet の一部であるテーブルと列は、ユーザーが認識しやすい名前と厳密に型指定された変数を使用してアクセスできます。Tables and columns that are part of the DataSet can be accessed using user-friendly names and strongly typed variables.

型指定された DataSet とは、DataSet から派生するクラスのことです。A typed DataSet is a class that derives from a DataSet. したがって、DataSet のすべてのメソッド、イベント、プロパティを継承します。As such, it inherits all the methods, events, and properties of a DataSet. さらに、型指定された DataSet には、厳密に型指定されたメソッド、イベント、およびプロパティが用意されています。Additionally, a typed DataSet provides strongly typed methods, events, and properties. つまり、コレクションベースのメソッドを使用せずに名前でテーブルおよび列にアクセスできます。This means you can access tables and columns by name, instead of using collection-based methods. コードが読みやすく変更されただけでなく、型指定された DataSet を使用して、入力するとおりにラインを Visual Studio .NET コード エディターに自動挿入できます。Aside from the improved readability of the code, a typed DataSet also allows the Visual Studio .NET code editor to automatically complete lines as you type.

さらに、厳密に型指定された DataSet を使用してコンパイル時に正しい型で値にアクセスできます。Additionally, the strongly typed DataSet provides access to values as the correct type at compile time. 厳密に型指定された DataSet を使用すると、型の不一致が実行時ではなく、コードのコンパイル時にキャッチされます。With a strongly typed DataSet, type mismatch errors are caught when the code is compiled rather than at run time.

このセクションの内容In This Section

厳密に型指定された DataSet の生成Generating Strongly Typed DataSets
厳密に型指定された DataSet の作成および使用方法について説明します。Describes how to create and use a strongly typed DataSet.

型指定された DataSet の注釈Annotating Typed DataSets
基になるスキーマを変更せずに DataSet の要素にフレンドリ名を付けるために、厳密に型指定された DataSet の生成に使用する XML スキーマ定義言語 (XSD) スキーマに注釈を付ける方法について説明します。Describes how to annotate the XML Schema definition language (XSD) schema used to generate a strongly typed DataSet, to give DataSet elements friendly names without altering the underlying schema.

関連項目See also