DbProviderFactoriesDbProviderFactories

System.Data.Common 名前空間には、特定のデータ ソースを使用するための DbProviderFactory インスタンスを作成するクラスが用意されています。The System.Data.Common namespace provides classes for creating DbProviderFactory instances to work with specific data sources. DbProviderFactory インスタンスを作成し、データ プロバイダーに関する情報をそのインスタンスに渡すと、DbProviderFactory はあらかじめ提供された情報に基づいて厳密に型指定された正しいオブジェクトを判断して返すことができます。When you create a DbProviderFactory instance and pass it information about the data provider, the DbProviderFactory can determine the correct, strongly typed connection object to return based on the information it has been provided.

.NET Framework バージョン 4 以降では、System.Data.OdbcSystem.Data.OleDbSystem.Data.SqlClient、および System.Data.OracleClient などのデータ プロバイダーは machine.config ファイルに表示されなくなりますが、カスタム プロバイダーは表示されます。Beginning in the .NET Framework version 4, data providers such as System.Data.Odbc, System.Data.OleDb, System.Data.SqlClient, and System.Data.OracleClient are no longer listed in machine.config file, but custom providers will continue to be listed there.

このセクションの内容In This Section

ファクトリ モデルの概要Factory Model Overview
ファクトリ デザイン パターンとプログラミング インターフェイスの概要を説明します。Provides an overview of the factory design pattern and programming interface.

DbProviderFactory の取得Obtaining a DbProviderFactory
インストールされているデータ プロバイダーの一覧を取得したり、DbConnection から DbProviderFactory を作成したりする方法について説明します。Demonstrates how to list the installed data providers and create a DbConnection from a DbProviderFactory.

DbConnection、DbCommand、および DbExceptionDbConnection, DbCommand and DbException
DbCommandDbDataReader の作成方法のほか、DbException を使ったデータ エラーの処理方法について説明します。Demonstrates how to create a DbCommand and DbDataReader, and how to handle data errors using DbException.

DbDataAdapter を使用したデータの変更Modifying Data with a DbDataAdapter
DbCommandBuilderDbDataAdapter を使用して、データを取得したり変更したりする方法について説明します。Demonstrates how to use a DbCommandBuilder with a DbDataAdapter to retrieve and modify data.

関連項目See also