Oracle BFILE

.NET Framework Data Provider for Oracle には、OracleBFile クラスが含まれています。このクラスは、Oracle BFile データ型で使用されます。

Oracle の BFILE データ型は、最大 4 GB までのバイナリ データへの参照を含む Oracle の LOB データ型です。 Oracle の BFILE は、データがサーバー上にではなくオペレーティング システムの物理ファイルに保存されるという点で、他の Oracle の LOB データ型と異なります。 BFILE データ型のデータ アクセスは読み取り専用であることに注意してください。

LOB データ型と異なる BFILE データ型のその他の特徴としては、次のものがあります。

  • 非構造化データの保持。

  • サーバー側チャンキングのサポート。

  • 参照コピーのセマンティクスの使用。 たとえば、BFILE 上でコピー操作を行う場合、ファイルへの参照である BFILE ロケーターだけがコピーされます。 ファイル内のデータはコピーされません。

BFILE データ型は、大きいサイズの LOB の参照用として使用してください。データベースへの保存には適しません。 BFILE データ型を使用すると、クライアント、サーバー、および通信において、LOB データ型よりも、いっそう多くのオーバーヘッドを必要とします。 少量のデータを取得するだけの場合は、BFILE へのアクセスがいっそう効果的です。 オブジェクト全体を取得したい場合は、データベースに常駐する LOB へのアクセスがいっそう効果的です。

NULL 以外の OracleBFile オブジェクトは、基になる物理ファイルの場所を定義する次の 2 つのエンティティに関連付けられます。

  1. Oracle DIRECTORY オブジェクト。ファイル システムのディレクトリに対するデータベースのエイリアスです。

  2. 基になる物理ファイルのファイル名。このファイルは、DIRECTORY オブジェクトに関連付けられたディレクトリに配置されています。

次の C# の例では、Oracle テーブルに BFILE を作成し、OracleBFile オブジェクトの形式で取得する方法について説明します。 この例では、OracleDataReader オブジェクトと OracleDataReaderSeek および Read メソッドを使用する方法について説明します。 このサンプルを使用するには、はじめに "c:\\bfiles" というディレクトリと "MyFile.jpg" というファイルを Oracle サーバーに作成する必要があります。

using System;  
using System.IO;  
using System.Data;  
using System.Data.OracleClient;  
  
public class Sample  
{  
   public static void Main(string[] args)  
   {  
      OracleConnection connection = new OracleConnection(  
        "Data Source=Oracle8i;Integrated Security=yes");  
      connection.Open();  
  
      OracleCommand command = connection.CreateCommand();  
      command.CommandText =
        "CREATE or REPLACE DIRECTORY MyDir as 'c:\\bfiles'";  
      command.ExecuteNonQuery();  
      command.CommandText =
        "DROP TABLE MyBFileTable";  
      try {  
        command.ExecuteNonQuery();  
      }  
      catch {  
      }  
      command.CommandText =
        "CREATE TABLE MyBFileTable(col1 number, col2 BFILE)";  
      command.ExecuteNonQuery();  
      command.CommandText =
        "INSERT INTO MyBFileTable values ('2', BFILENAME('MyDir', " +  
        "'MyFile.jpg'))";  
      command.ExecuteNonQuery();  
      command.CommandText = "SELECT * FROM MyBFileTable";  
  
        byte[] buffer = new byte[100];  
  
      OracleDataReader reader = command.ExecuteReader();  
      using (reader) {  
          if (reader.Read()) {  
                OracleBFile bFile = reader.GetOracleBFile(1);  
                using (bFile) {  
                  bFile.Seek(0, SeekOrigin.Begin);  
                  bFile.Read(buffer, 0, 100);  
              }  
          }  
      }  
  
      connection.Close();  
   }  
  
}  

関連項目