ADO.NET でのデータの取得および変更Retrieving and Modifying Data in ADO.NET

データベース アプリケーションの主な機能は、データ ソースとの接続およびデータベースに格納されているデータの取得です。A primary function of any database application is connecting to a data source and retrieving the data that it contains. 使用してデータの取得も同様のコマンドを実行することができます、アプリケーションと、データ ソース間のブリッジとしての ADO.NET の .NET Framework データ プロバイダーの機能、 DataReaderまたはDataAdapter.The .NET Framework data providers of ADO.NET serve as a bridge between an application and a data source, allowing you to execute commands as well as to retrieve data by using a DataReader or a DataAdapter. データベースに格納されているデータを更新する機能は、データベース アプリケーションの重要な機能の 1 つです。A key function of any database application is the ability to update the data that is stored in the database. ADO.NET では、データを更新する必要がありますを使用して、 DataAdapterDataSet、およびコマンドオブジェクトも含まれますトランザクションを使用します。In ADO.NET, updating data involves using the DataAdapter and DataSet, and Command objects; and it may also involve using transactions.

このセクションの内容In This Section

データ ソースへの接続Connecting to a Data Source
データ ソースへの接続を確立する方法、および接続イベントを使用する方法について説明します。Describes how to establish a connection to a data source and how to work with connection events.

接続文字列Connection Strings
接続文字列のキーワード、セキュリティ情報、セキュリティ情報の格納や取得など、接続文字列を使用するうえでのさまざまな側面について説明します。Contains topics describing various aspects of using connection strings, including connection string keywords, security info, and storing and retrieving them.

接続プールConnection Pooling
.NET Framework Data Provider の接続プールについて説明します。Describes connection pooling for the .NET Framework data providers.

コマンドおよびパラメーターCommands and Parameters
コマンドおよびコマンド ビルダーを作成する方法、パラメーターを構成する方法、およびコマンドを実行してデータを取得および変更する方法について説明します。Contains topics describing how to create commands and command builders, configure parameters, and how to execute commands to retrieve and modify data.

DataAdapter と DataReaderDataAdapters and DataReaders
DataReaders、DataAdapters、パラメーター、DataAdapter イベントの処理、およびバッチ操作の実行について説明します。Contains topics describing DataReaders, DataAdapters, parameters, handling DataAdapter events and performing batch operations.

トランザクションと同時実行Transactions and Concurrency
ローカル トランザクションや分散トランザクションの実行方法、およびオプティミスティック コンカレンシーの使用方法について説明します。Contains topics describing how to perform local transactions, distributed transactions, and work with optimistic concurrency.

ID 値および Autonumber 値の取得Retrieving Identity or Autonumber Values
生成された値のマッピングの例を示します、 identity用または SQL Server テーブル内の列、 Autonumberテーブルでの挿入された行の列に、Microsoft Access テーブルのフィールド。Provides an example of mapping the values generated for an identity column in a SQL Server table or for an Autonumber field in a Microsoft Access table, to a column of an inserted row in a table. DataTable での ID 値の結合について説明します。Discusses merging identity values in a DataTable.

バイナリ データの取得Retrieving Binary Data
バイナリ データまたは使用して大規模なデータ構造体を取得する方法について説明しますCommandBehaviorします。SequentialAccessDescribes how to retrieve binary data or large data structures using CommandBehavior.SequentialAccess 既定の動作を変更する、DataReaderします。to modify the default behavior of a DataReader.

ストアド プロシージャでのデータの変更Modifying Data with Stored Procedures
ストアド プロシージャの入力パラメーターおよび出力パラメーターを使用してデータベースに行を挿入し、新しい ID 値を返す方法について説明します。Describes how to use stored procedure input parameters and output parameters to insert a row in a database, returning a new identity value.

データベース スキーマ情報の取得Retrieving Database Schema Information
データベースまたはカタログ、データベース内のテーブルおよびビュー、テーブルに対して存在する制約、およびその他のスキーマ情報をデータ ソースから取得する方法について説明します。Describes how to obtain available databases or catalogs, tables and views in a database, constraints that exist for tables, and other schema information from a data source.

DbProviderFactoriesDbProviderFactories
プロバイダー ファクトリ モデルについて説明し、System.Data.Common 名前空間の基本クラスの使用方法を示します。Describes the provider factory model and demonstrates how to use the base classes in the System.Data.Common namespace.

ADO.NET のデータ追跡Data Tracing in ADO.NET
ADO.NET が備える組み込みデータ トレース機能のしくみについて説明します。Describes how ADO.NET provides built-in data tracing functionality.

パフォーマンス カウンターPerformance Counters
SqlClient および OracleClient で使用できるパフォーマンス カウンターについて説明します。Describes performance counters available for SqlClient and OracleClient.

非同期の概要Asynchronous Programming
非同期プログラミングの ADO.NET のサポートについて説明します。Describes ADO.NET support for asynchronous programming.

SqlClient ストリーミング サポートSqlClient Streaming Support
完全にメモリに読み込まれていることをしなくても SQL Server からアプリケーション データのストリームを記述する方法について説明します。Discusses how to write applications that stream data from SQL Server without having it fully loaded in memory.

関連項目See also