JIT アタッチ デバッグの有効化Enabling JIT-Attach Debugging

JIT アタッチ デバッグとは、エラーが発生したとき、または特定のメソッドまたは関数によってトリガーすることで、プロセスにデバッガーをアタッチすることを表すために使用される語句です。JIT-attach debugging is the phrase used to describe attaching a debugger to a process when you encounter errors, or it can be triggered by specific methods or functions.

JIT アタッチ デバッグは、次のエラー状態で使用されます。JIT-attach debugging is used under the following fault conditions:

JIT アタッチ デバッグは、次のメソッドや関数への呼び出しによってもトリガーされます。JIT-attach debugging is also triggered by calls to the following methods and functions:

.NET Framework 4 より前の .NET Framework では、ネイティブデバッガーとマネージデバッガーの動作を制御するために個別のレジストリキーが提供されていました。Before the .NET Framework 4, the .NET Framework provided separate registry keys to control the behavior of native and managed debuggers. .NET Framework 4 以降では、HKEY_LOCAL_MACHINE \SOFTWARE\Microsoft\Windows NT\Current Version\AeDebug. の1つのレジストリキーで制御が統合されています。Starting with the .NET Framework 4, control is consolidated under a single registry key: HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\Windows NT\Current Version\AeDebug. このキーに設定できる値により、デバッガーを呼び出すかどうか、呼び出す場合は、ユーザーの操作を必要とするダイアログ ボックスによって呼び出すかどうかが決まります。The values you can set for that key determine whether a debugger is invoked, and, if so, whether it is invoked with a dialog box that requires user interaction. このレジストリキーの設定の詳細については、「自動デバッグの構成」を参照してください。For information about setting this registry key, see Configuring Automatic Debugging.

参照See also