PInvokeStackImbalance MDAPInvokeStackImbalance MDA

PInvokeStackImbalance 、CLR がスタックの深さ、プラットフォーム呼び出しの後に指定で指定される呼び出し規約、予想されるスタックの深さと一致しないことを検出すると、マネージ デバッグ アシスタント (MDA) がアクティブ化、DllImportAttribute属性およびマネージ シグネチャでは、パラメーターの宣言。The PInvokeStackImbalance managed debugging assistant (MDA) is activated when the CLR detects that the stack depth after a platform invoke call does not match the expected stack depth, given the calling convention specified in the DllImportAttribute attribute and the declaration of the parameters in the managed signature.

PInvokeStackImbalance MDA は 32 ビット x86 プラットフォームに対してのみ実装されています。The PInvokeStackImbalance MDA is implemented only for 32-bit x86 platforms.

注意

PInvokeStackImbalance MDA は既定で無効になります。The PInvokeStackImbalance MDA is disabled by default. Visual Studio 2017 で、PInvokeStackImbalanceで MDA が表示されます、マネージ デバッグ アシスタントの一覧で、例外設定 ダイアログ ボックス (を選択すると表示されるのデバッグ > Windows > 例外設定)。In Visual Studio 2017, The PInvokeStackImbalance MDA appears in the Managed Debugging Assistants list in the Exception Settings dialog box (which is displayed when you select Debug > Windows > Exception Settings). ただし、オンまたはオフにして、スローされたときに中断 チェック ボックスが有効または MDA を無効にしていない; のみ、MDA がアクティブになる、Visual Studio が例外をスローするかどうかを制御します。However, selecting or clearing the Break When Thrown check box does not enable or disable the MDA; it only controls whether Visual Studio throws an exception when the MDA is activated.

症状Symptoms

プラットフォーム呼び出しの実行時または実行後に、アプリケーションでアクセス違反またはメモリ破損が発生します。An application encounters an access violation or memory corruption when making or following a platform invoke call.

原因Cause

プラットフォーム呼び出しのマネージド シグネチャが、呼び出されているメソッドのアンマネージド シグネチャと一致しない可能性があります。The managed signature of the platform invoke call might not match the unmanaged signature of the method being called. この不一致は、正しい数のパラメーターを宣言しないか、適切なサイズのパラメーターを指定しないマネージド シグネチャで発生する可能性があります。This mismatch can be caused by the managed signature not declaring the correct number of parameters or not specifying the appropriate size for the parameters. また、DllImportAttribute 属性によって指定されている可能性がある呼び出し規則が、アンマネージ呼び出し規則と一致しない場合にも、MDA がアクティブ化される可能性があります。The MDA can also activate because the calling convention, possibly specified by the DllImportAttribute attribute, does not match the unmanaged calling convention.

解像度Resolution

マネージド プラットフォーム呼び出しシグネチャ、および呼び出し規則を確認して、ネイティブ ターゲットのシグネチャと呼び出し規則に一致することを確認します。Review the managed platform invoke signature and calling convention to confirm it matches the signature and calling convention of the native target. マネージド側とアンマネージド側の両方で、呼び出し規則を明示的に指定してください。Try explicitly specifying the calling convention on both the managed and unmanaged sides. また、あまり可能性はありませんが、アンマネージ コンパイラのバグなど、何らかの理由によりアンマネージ関数でスタックの不均衡が発生している場合もあります。It is also possible, although not as likely, that the unmanaged function unbalanced the stack for some other reason, such as a bug in the unmanaged compiler.

ランタイムへの影響Effect on the Runtime

すべてのプラットフォーム呼び出しが、CLR の最適化されていないパスを取得するよう強制します。Forces all platform invoke calls to take the nonoptimized path in the CLR.

出力Output

MDA メッセージが、スタックの不均衡の原因であるプラットフォーム呼び出しメソッド呼び出しの名前を示します。The MDA message gives the name of the platform invoke method call that is causing the stack imbalance. メソッド SampleMethod のプラットフォーム呼び出しのサンプル メッセージは、次のとおりです。A sample message of a platform invoke call on method SampleMethod is:

PInvoke 関数 'SampleMethod' への呼び出しがスタックのバランスです。これは、マネージ PInvoke シグネチャが非管理対象のターゲットのシグネチャと一致しないために、可能性があります。呼び出し規約と PInvoke シグネチャのパラメーターが、ターゲットのアンマネージ シグネチャを一致するかを確認します。A call to PInvoke function 'SampleMethod' has unbalanced the stack. This is likely because the managed PInvoke signature does not match the unmanaged target signature. Check that the calling convention and parameters of the PInvoke signature match the target unmanaged signature.

構成Configuration

<mdaConfig>
  <assistants>
    <pInvokeStackImbalance />
  </assistants>
</mdaConfig>

関連項目See also