.NET Framework 配置ガイド (管理者向け).NET Framework Deployment Guide for Administrators

この記事では、システム管理者が Microsoft System Center Configuration Manager を使用して .NET Framework 4.5 とそのシステムの依存関係をネットワーク経由で配置する方法を手順に沿って説明します。This step-by-step article describes how a system administrator can deploy the .NET Framework 4.5 and its system dependencies across a network by using Microsoft System Center Configuration Manager. ここでは、すべての対象のクライアント コンピューターが .NET Framework の最小要件を満たしていることを前提としています。This article assumes that all target client computers meet the minimum requirements for the .NET Framework. .NET Framework 4.5 のインストールに必要なソフトウェアとハードウェアの要件の一覧については、システム要件に関する記事を参照してください。For a list of the software and hardware requirements for installing the .NET Framework 4.5, see System Requirements.

注意

.NET Framework 4.5、System Center Configuration Manager、Active Directory など、このドキュメントで言及されるソフトウェアなどにはそれぞれ、ライセンス条項が適用されます。The software referenced in this document, including, without limitation, the .NET Framework 4.5, System Center Configuration Manager, and Active Directory, are each subject to license terms and conditions. このドキュメントの内容は、ライセンス条項がソフトウェアの適切なライセンス取得者によって確認され、同意されていることを前提にしていますThese instructions assume that such license terms and conditions have been reviewed and accepted by the appropriate licensees of the software. 記載の内容についても、ライセンス条項は効力があるものとします。These instructions do not waive any of the terms and conditions of such license agreements.

.NET Framework のサポートの詳細については、Microsoft サポート オンラインの .NET Framework の公式サポート ライフサイクル ポリシーに関するページを参照してください。For information about support for the .NET Framework, see .NET Framework official support policy on the Microsoft Support website.

このトピックは、次のセクションで構成されています。This topic contains the following sections:

配置プロセスThe deployment process

サポートするインフラストラクチャが整っている場合は、System Center 2012 Configuration Manager を使用して、.NET Framework 再頒布可能パッケージをネットワーク上のコンピューターに配置します。When you have the supporting infrastructure in place, you use System Center 2012 Configuration Manager to deploy the .NET Framework redistributable package to computers on the network. インフラストラクチャを構築するには、コレクション、ソフトウェアのパッケージとプログラム、配布ポイント、配置という 5 つの主要な項目を作成し定義する必要があります。Building the infrastructure involves creating and defining five primary areas: collections, a package and program for the software, distribution points, and deployments.

  • コレクションは、ユーザー、ユーザー グループ、コンピューターなど、.NET Framework の配置先となる Configuration Manager リソースのグループです。Collections are groups of Configuration Manager resources, such as users, user groups, or computers, to which the .NET Framework is deployed. 詳細については、Configuration Manager ドキュメント ライブラリの「System Center Configuration Manager のコレクションの概要」を参照してください。For more information, see Introduction to collections in System Center Configuration Manager in the Configuration Manager documentation library.

  • パッケージとプログラムは、通常、クライアント コンピューターにインストールされるソフトウェア アプリケーションを表しますが、個々のファイル、更新プログラム、さらには個々のコマンドが含まれることがあります。Packages and programs typically represent software applications to be installed on a client computer, but they might also contain individual files, updates, or even individual commands. 詳細については、Configuration Manager ドキュメント ライブラリの「System Center Configuration Manager のパッケージとプログラム」を参照してください。For more information, see Packages and programs in System Center Configuration Manager in the Configuration Manager documentation library.

  • 配布ポイントは、ソフトウェアをクライアント コンピューター上で実行するために必要なファイルを格納する Configuration Manager のサイト システムの役割です。Distribution points are Configuration Manager site system roles that store files required for software to run on client computers. Configuration Manager クライアントは、ソフトウェア配置を受け取って処理するときに、配布ポイントに接続してソフトウェアに関連するコンテンツをダウンロードし、インストール処理を開始します。When the Configuration Manager client receives and processes a software deployment, it contacts a distribution point to download the content associated with the software and to start the installation process. 詳細については、Configuration Manager ドキュメント ライブラリの「Configuration Manager でのコンテンツ管理の基本的な概念」を参照してください。For more information, see Fundamental concepts for content management in Configuration Manager in the Configuration Manager documentation library.

  • 配置は、指定されたターゲット コレクションの該当するメンバーにソフトウェア パッケージをインストールするよう指示します。Deployments instruct applicable members of the specified target collection to install the software package.

重要

このトピックの手順では、パッケージとプログラムを作成するための一般的な設定を使用していて、すべての可能な設定について説明していない場合があります。The procedures in this topic contain typical settings for creating and deploying a package and program, and might not cover all possible settings. その他の Configuration Manager の配置オプションについては、Configuration Manager のドキュメント ライブラリを参照してください。For other Configuration Manager deployment options, see the Configuration Manager Documentation Library.

.NET Framework の配置Deploying the .NET Framework

System Center 2012 Configuration Manager を使用して、インストール処理時にユーザーが操作しない NET Framework 4.5 のサイレント インストールを配置できます。You can use System Center 2012 Configuration Manager to deploy a silent installation of the .NET Framework 4.5, where the users do not interact with the installation process. この場合は、以下の手順に従ってください。Follow these steps:

  1. コレクションを作成しますCreate a collection.

  2. .NET Framework 再頒布可能パッケージとプログラムを作成しますCreate a package and program for the .NET Framework redistributable.

  3. 配布ポイントを選択しますSelect a distribution point.

  4. パッケージを配置しますDeploy the package.

コレクションの作成Create a collection

この手順では、パッケージとプログラムを配置するコンピューターを選択し、それをデバイス コレクションにグループ化します。In this step, you select the computers to which you will deploy the package and program, and group them into a device collection. Configuration Manager でコレクションを作成するときは、ダイレクト メンバーシップ規則 (コレクション メンバーを手動で指定) またはクエリ規則 (指定した条件に基づいて Configuration Manager がコレクション メンバーを決定) を使用できます。To create a collection in Configuration Manager, you can use direct membership rules (where you manually specify the collection members) or query rules (where Configuration Manager determines the collection members based on criteria you specify). メンバーシップ規則の詳細については、クエリ規則とダイレクト規則も含めて、Configuration Manager ドキュメント ライブラリの「System Center Configuration Manager のコレクションの概要」を参照してください。For more information about membership rules, including queries and direct rules, see Introduction to collections in System Center Configuration Manager in the Configuration Manager Documentation Library.

コレクションを作成するにはTo create a collection:

  1. Configuration Manager コンソールで、 [資産とコンプライアンス] をクリックします。In the Configuration Manager console, choose Assets and Compliance.

  2. [資産とコンプライアンス] ワークスペースで、 [デバイス コレクション] をクリックします。In the Assets and Compliance workspace, choose Device Collections.

  3. [ホーム] タブの [作成] グループで、 [デバイス コレクションの作成] をクリックします。On the Home tab in the Create group, choose Create Device Collection.

  4. デバイス コレクションの作成ウィザード[全般] ページで、コレクションの名前を入力します。On the General page of the Create Device Collection Wizard, enter a name for the collection.

  5. [参照] をクリックして、限定するコレクションを指定します。Choose Browse to specify a limiting collection.

  6. [メンバーシップの規則] ページで、 [規則の追加] をクリックし、 [ダイレクト規則] をクリックしてダイレクト メンバーシップの規則の作成ウィザードを開きます。On the Membership Rules page, choose Add Rule, and then choose Direct Rule to open the Create Direct Membership Rule Wizard. [次へ] をクリックします。Choose Next.

  7. [リソースの検索] ページで、 [リソース クラス] ボックスの一覧の [システム リソース] をクリックします。On the Search for Resources page, in the Resource class list, choose System Resource. [属性名] ボックスの一覧の [名前] をクリックします。In the Attribute name list, choose Name. [値] フィールドに「%」と入力し、 [次へ] をクリックします。In the Value field, enter %, and then choose Next.

  8. [リソースの選択] ページで、.NET Framework を配置する各コンピューターのチェック ボックスをオンにします。On the Select Resources page, select the check box for each computer that you want to deploy the .NET Framework to. [次へ] をクリックして、ウィザードの操作を完了します。Choose Next, and then complete the wizard.

  9. デバイス コレクションの作成ウィザード[メンバーシップの規則] ページで、 [次へ] をクリックし、ウィザードの処理を完了します。On the Membership Rules page of the Create Device Collection Wizard, choose Next, and then complete the wizard.

.NET Framework 再頒布可能パッケージとプログラムの作成Create a package and program for the .NET Framework redistributable package

次の手順では、.NET Framework 再頒布可能パッケージを手動で作成します。The following steps create a package for the .NET Framework redistributable manually. パッケージには、.NET Framework をインストールするためのパラメーター、およびターゲット コンピューターへのパッケージの配布元となる場所が含まれます。The package contains the specified parameters for installing the .NET Framework and the location from where the package will be distributed to the target computers.

パッケージを作成するにはTo create a package:

  1. Configuration Manager コンソールで、 [ソフトウェア ライブラリ] をクリックします。In the Configuration Manager console, choose Software Library.

  2. [ソフトウェア ライブラリ] ワークスペースで、 [アプリケーション管理] を展開し、 [パッケージ] をクリックします。In the Software Library workspace, expand Application Management, and then choose Packages.

  3. [ホーム] タブの [作成] グループで、 [パッケージの作成] をクリックします。On the Home tab, in the Create group, choose Create Package.

  4. パッケージとプログラムの作成ウィザード[パッケージ] ページで、次の情報を入力します。On the Package page of the Create Package and Program Wizard, enter the following information:

    • 名前: .NET Framework 4.5Name: .NET Framework 4.5

    • 製造元: MicrosoftManufacturer: Microsoft

    • 言語:Language. English (US)

  5. [このパッケージにソース ファイルを含める] チェック ボックスをオンにし、 [参照] をクリックして .NET Framework のインストール ファイルを含むローカルまたはネットワーク フォルダーを選択します。Choose This package contains source files, and then choose Browse to select the local or network folder that contains the .NET Framework installation files. フォルダーを選択したら、 [OK] をクリックし、 [次へ] をクリックします。When you have selected the folder, choose OK, and then choose Next.

  6. ウィザードの [プログラミングの種類] ページで、 [標準プログラム] をクリックし、 [次へ] をクリックします。On the Program Type page of the wizard, choose Standard Program, and then choose Next.

  7. パッケージとプログラムの作成ウィザード[プログラム] ページで、次の情報を入力します。On the Program page of the Create Package and Program Wizard, enter the following information:

    1. 名前: .NET Framework 4.5Name: .NET Framework 4.5

    2. コマンド ライン: dotNetFx45_Full_x86_x64.exe /q /norestart /ChainingPackage ADMINDEPLOYMENT (コマンド ライン オプションの説明はこの手順の後の表にあります)Command line: dotNetFx45_Full_x86_x64.exe /q /norestart /ChainingPackage ADMINDEPLOYMENT (command-line options are described in the table after these steps)

    3. 実行: [非表示] を選択します。Run: Choose Hidden.

    4. プログラムの実行条件: ユーザーがログオンしているかどうかに関係なく、プログラムを実行できることを指定するオプションを選択します。Program can run: Choose the option that specifies that the program can run regardless of whether a user is logged on.

  8. [要件] ページで、 [次へ] をクリックして既定値を受け入れ、ウィザードの処理を完了します。On the Requirements page, choose Next to accept the default values, and then complete the wizard.

次の表は、手順 7. で指定したコマンド ライン オプションについて説明しています。The following table describes the command-line options specified in step 7.

オプションOption 説明Description
/q/q クワイエット モードを設定します。Sets quiet mode. ユーザー入力は必要なく、出力は表示されません。No user input is required, and no output is shown.
/norestart/norestart セットアップ プログラムが自動的に再起動しないようにします。Prevents the Setup program from rebooting automatically. このオプションを使用する場合、Configuration Manager でコンピューターの再起動を処理する必要があります。If you use this option, Configuration Manager must handle the computer restart.
/chainingpackage PackageName/chainingpackage PackageName チェーンを行っているパッケージの名前を指定します。Specifies the name of the package that is doing the chaining. この情報は、Microsoft カスタマー エクスペリエンス向上プログラム (CEIP) に申し込んだ場合のその他のインストール セッション情報と共に報告されます。This information is reported with other installation session information for those who have signed up for the Microsoft Customer Experience Improvement Program (CEIP). パッケージ名にスペースが含まれている場合は、区切り記号として二重引用符を使用します (例: /chainingpackage "Chaining Product" )。If the package name includes spaces, use double quotation marks as delimiters; for example: /chainingpackage "Chaining Product".

これらの手順によって、.NET Framework 4.5 という名前のパッケージが作成されます。These steps create a package named .NET Framework 4.5. プログラムは、.NET Framework 4.5 のサイレント インストールを配置します。The program deploys a silent installation of the .NET Framework 4.5. サイレント インストールでは、ユーザーはインストール プロセスと対話しないので、チェーン アプリケーションがリターン コードをキャプチャし、再起動を処理する必要があります。「Getting Progress Information from an Installation Package」 (インストール パッケージからの進行状況に関する情報の取得) を参照してください。In a silent installation, users do not interact with the installation process, and the chaining application has to capture the return code and handle rebooting; see Getting Progress Information from an Installation Package.

配布ポイントの選択Select a distribution point

サーバーからクライアント コンピューターにパッケージとプログラムを配布するには、まずサイト システムを配布ポイントとして指定し、次にパッケージを配布ポイントに配布する必要があります。To distribute the package and program to client computers from a server, you must first designate a site system as a distribution point and then distribute the package to the distribution point.

以下の手順を使用して、前のセクションで作成した .NET Framework 4.5 パッケージの配布ポイントを選択します。Use the following steps to select a distribution point for the .NET Framework 4.5 package you created in the previous section:

  1. Configuration Manager コンソールで、 [ソフトウェア ライブラリ] をクリックします。In the Configuration Manager console, choose Software Library.

  2. [ソフトウェア ライブラリ] ワークスペースで、 [アプリケーション管理] を展開し、 [パッケージ] をクリックします。In the Software Library workspace, expand Application Management, and then choose Packages.

  3. パッケージの一覧で、前のセクションで作成したパッケージ [.NET Framework 4.5] を選択します。From the list of packages, select the package .NET Framework 4.5 that you created in the previous section.

  4. [ホーム] タブの [展開] グループで、 [コンテンツの配布] をクリックします。On the Home tab, in the Deployment group, choose Distribute Content.

  5. コンテンツの配布ウィザード[全般] タブで、 [次へ] をクリックします。On the General tab of the Distribute Content Wizard, choose Next.

  6. ウィザードの [コンテンツの配布先] ページで、 [追加] をクリックし、 [配布ポイント] をクリックします。On the Content Destination page of the wizard, choose Add, and then choose Distribution Point.

  7. [配布ポイントの追加] ダイアログ ボックスで、パッケージとプログラムをホストする配布ポイントを選択し、 [OK] をクリックします。In the Add Distribution Points dialog box, select the distribution point(s) that will host the package and program, and then choose OK.

  8. ウィザードを完了します。Complete the wizard.

これでパッケージには、.NET Framework 4.5 をサイレントで配置するために必要なすべての情報が含まれています。The package now contains all the information you need to silently deploy the .NET Framework 4.5. パッケージとプログラムを配置する前に、そのパッケージが配布ポイントにインストールされていることを確認します。Configuration Manager ドキュメント ライブラリの「配布したコンテンツを System Center Configuration Manager で監視する」のコンテンツの監視に関するセクションを参照してください。Before you deploy the package and program, verify that it was installed on the distribution point; see the "Monitor Content" section of Monitor content you have distributed with System Center Configuration Manager in the Configuration Manager Documentation Library.

パッケージの配置Deploy the package

.NET Framework 4.5 パッケージとプログラムを配置するにはTo deploy the .NET Framework 4.5 package and program:

  1. Configuration Manager コンソールで、 [ソフトウェア ライブラリ] をクリックします。In the Configuration Manager console, choose Software Library.

  2. [ソフトウェア ライブラリ] ワークスペースで、 [アプリケーション管理] を展開し、 [パッケージ] をクリックします。In the Software Library workspace, expand Application Management, and then choose Packages.

  3. パッケージの一覧で、作成したパッケージ [.NET Framework 4.5] を選択します。From the list of packages, select the package you created named .NET Framework 4.5.

  4. [ホーム] タブの [展開] グループで、 [展開] をクリックします。On the Home tab, in the Deployment group, choose Deploy.

  5. ソフトウェアの展開ウィザード[全般] ページで、 [参照] をクリックし、前に作成したコレクションを選択します。On the General page of the Deploy Software Wizard, choose Browse, and then select the collection that you created earlier. [次へ] をクリックします。Choose Next.

  6. ウィザードの [コンテンツ] ページで、ソフトウェアを配布するポイントが表示されていることを確認し、 [次へ] をクリックします。On the Content page of the wizard, verify that the point from which you want to distribute the software is displayed, and then choose Next.

  7. ウィザードの [展開設定] ページで、 [操作][インストール] に設定され、 [目的][必須] に設定されていることを確認します。On the Deployment Settings page of the wizard, confirm that Action is set to Install, and Purpose is set to Required. これにより、ソフトウェア パッケージがターゲット コンピューターに対する必須インストールになることが保証されます。This ensures that the software package will be a mandatory installation on the targeted computers. [次へ] をクリックします。Choose Next.

  8. ウィザードの [スケジュール] ページで、.NET Framework をインストールする時期を指定します。On the Scheduling page of the wizard, specify when you want the .NET Framework to be installed. [新規] をクリックしてインストール時期を指定することも、ユーザーがログオンまたはログオフしたとき、またはできるだけ早い時期にインストールすることもできます。You can choose New to assign an installation time, or instruct the software to install when the user logs on or off, or as soon as possible. [次へ] をクリックします。Choose Next.

  9. ウィザードの [ユーザー側の表示と操作] ページで、既定値を使用し、 [次へ] をクリックします。On the User Experience page of the wizard, use the default values and choose Next.

    警告

    稼動環境では、配置スケジュールで異なる選択が必要になるポリシーが適用されている場合があります。Your production environment might have policies that require different selections for the deployment schedule. これらのオプションについて詳しくは、「[提供情報の名前のプロパティ] の[スケジュール] タブ」をご覧ください。For information about these options, see Advertisement Name Properties: Schedule Tab.

  10. ウィザードの [配布ポイント] ページで、既定値を使用し、 [次へ] をクリックします。On the Distribution Points page of the wizard, use the default values and choose Next.

  11. ウィザードを完了します。Complete the wizard. [監視] ワークスペースの [展開] ノードで配置の進行状況を監視できます。You can monitor the progress of the deployment in the Deployments node of the Monitoring workspace.

これで、対象のコレクションにパッケージが配置され、.NET Framework 4.5 のサイレント インストールが開始されます。The package will now be deployed to the targeted collection and the silent installation of .NET Framework 4.5 will begin. .NET Framework 4.5 のインストールのエラー コードについては、このトピックの「リターン コード」セクションを参照してください。For information about .NET Framework 4.5 installation error codes, see the Return Codes section later in this topic.

リソースResources

.NET Framework 4.5 再頒布可能パッケージの配置をテストするためのインフラストラクチャの詳細については、次のリソースを参照してください。For more information about the infrastructure for testing the deployment of the .NET Framework 4.5 redistributable package, see the following resources.

Active Directory、DNS、DHCP:Active Directory, DNS, DHCP:

SQL Server 2008:SQL Server 2008:

System Center 2012 Configuration Manager (管理ポイント、配布ポイント):System Center 2012 Configuration Manager (Management Point, Distribution Point):

Windows コンピューター用の System Center 2012 Configuration Manager クライアント:System Center 2012 Configuration Manager client for Windows computers:

トラブルシューティングTroubleshooting

ログ ファイルの場所Log file locations

.NET Framework のセットアップ中に次のログ ファイルが作成されます。The following log files are generated during .NET Framework setup:

  • %temp%\Microsoft .NET Framework <バージョン>*.txt%temp%\Microsoft .NET Framework version*.txt
  • %temp%\Microsoft .NET Framework <バージョン>*.html%temp%\Microsoft .NET Framework version*.html

<バージョン> は、インストールしている .NET Framework のバージョンです (4.5 や 4.7.2 など)。where version is the version of the .NET Framework that you're installing, such as 4.5 or 4.7.2.

.NET Framework インストール コマンドの /log コマンド ライン オプションを使用して、ログ ファイルが書き込まれるディレクトリを指定することもできます。You can also specify the directory to which log files are written by using the /log command-line option in the .NET Framework installation command. 詳しくは、「.NET Framework 配置ガイド (開発者向け)」をご覧ください。For more information, see .NET Framework deployment guide for developers.

ログ収集ツールを使用して .NET Framework のログ ファイルを収集し、それらのファイルのサイズを縮小した圧縮キャビネット (.cab) ファイルを作成できます。You can use the log collection tool to collect the .NET Framework log files and to create a compressed cabinet (.cab) file that reduces the size of the files.

リターン コードReturn codes

次の表は、.NET Framework 4.5 の再頒布可能インストール プログラムから返される最も一般的なリターン コードを示しています。The following table lists the most common return codes from the .NET Framework 4.5 redistributable installation program. これらのリターン コードは、すべてのバージョンのインストーラーで共通です。The return codes are the same for all versions of the installer.

詳細情報へのリンクについては、次の「ダウンロードのエラー コード」セクションを参照してください。For links to detailed information, see the next section, Download error codes.

リターン コードReturn code 説明Description
00 インストールは正常に終了しました。Installation completed successfully.
16021602 ユーザーがインストールをキャンセルしました。The user canceled installation.
16031603 インストール中に致命的なエラーが発生しました。A fatal error occurred during installation.
16411641 インストールを完了するには再起動する必要があります。A restart is required to complete the installation. このメッセージが表示された場合、操作は成功しました。This message indicates success.
30103010 インストールを完了するには再起動する必要があります。A restart is required to complete the installation. このメッセージが表示された場合、操作は成功しました。This message indicates success.
51005100 ユーザーのコンピューターは、システム要件を満たしていません。The user's computer does not meet system requirements.

ダウンロードのエラー コードDownload error codes

その他のエラー コード:Other error codes:

関連項目See also