.NET Framework およびアプリケーションの配置Deploying the .NET Framework and Applications

ここでは、アプリケーションと共に .NET Framework を配置する方法についての概要を示します。This article helps you get started deploying the .NET Framework with your application. 情報のほとんどは、開発者、OEM、およびエンタープライズ管理者を対象としています。Most of the information is intended for developers, OEMs, and enterprise administrators. コンピュータに .NET Framework をインストールするユーザーは、「.NET Framework のインストール」をご覧ください。Users who want to install the .NET Framework on their computers should read Installing the .NET Framework.

主な配置リソースKey Deployment Resources

.NET Framework の配置とサービスの詳細については、次に示す他の MSDN トピックへのリンク先を参照してください。Use the following links to other MSDN topics for specific information about deploying and servicing the .NET Framework.

セットアップと配置Setup and deployment

サービスServicing

配置を簡素化する機能Features That Simplify Deployment

.NET Framework には、アプリケーションを簡単に配置できるようにするための基本機能が数多く用意されています。The .NET Framework provides a number of basic features that make it easier to deploy your applications:

  • ゼロインパクト アプリケーションNo-impact applications.

    この機能は、アプリケーションを分離し、DLL の競合を解消します。This feature provides application isolation and eliminates DLL conflicts. 既定では、コンポーネントはほかのアプリケーションに影響を与えません。By default, components do not affect other applications.

  • プライベート コンポーネント (既定)Private components by default.

    既定では、コンポーネントはアプリケーション ディレクトリに配置され、コンテナー アプリケーションだけで参照できます。By default, components are deployed to the application directory and are visible only to the containing application.

  • 制御コードの共有Controlled code sharing.

    コードを共有するには、既定の動作を実行する代わりに、共有するためのコードを明示的に作成する必要があります。Code sharing requires you to explicitly make code available for sharing instead of being the default behavior.

  • side-by-side でのバージョン管理。Side-by-side versioning.

    コンポーネントまたはアプリケーションの複数のバージョンを共存させ、使用するバージョンを選択できます。共通言語ランタイムによって、バージョン管理ポリシーが適用されます。Multiple versions of a component or application can coexist, you can choose which versions to use, and the common language runtime enforces versioning policy.

  • XCOPY による配置およびレプリケーションXCOPY deployment and replication.

    自己言及的な、単体で使用できるコンポーネントやアプリケーションは、レジストリ エントリや依存関係を設定せずに配置できます。Self-described and self-contained components and applications can be deployed without registry entries or dependencies.

  • 実行時更新On-the-fly updates.

    管理者は、ASP.NET などのホストを使用してプログラムの DLL を更新できます。リモート コンピューター上の DLL も更新できます。Administrators can use hosts, such as ASP.NET, to update program DLLs, even on remote computers.

  • Windows インストーラーとの統合Integration with the Windows Installer.

    アプリケーションを配置するときに、通知、発行、修復、およびオンデマンド インストールのすべてを使用できます。Advertisement, publishing, repair, and install-on-demand are all available when deploying your application.

  • エンタープライズ配置Enterprise deployment.

    この機能を使用すると、Active Directory を使用する場合など、ソフトウェアの配布を簡単に行うことができます。This feature provides easy software distribution, including using Active Directory.

  • ダウンロードとキャッシュDownloading and caching.

    インクリメンタル ダウンロードにより、ダウンロードのサイズを小さくすることができます。また、コンポーネントを分離して、そのアプリケーションだけで使用されるようにし、配置の影響を抑えることができます。Incremental downloads keep downloads smaller, and components can be isolated for use only by the application for low-impact deployment.

  • 完全な権利を与えられていないコードPartially trusted code.

    ID は、ユーザーではなく、コードに基づきます。証明書関連のダイアログ ボックスは表示されません。Identity is based on the code instead of the user, and no certificate dialog boxes appear.

.NET Framework アプリケーションのパッケージ化と配布Packaging and Distributing .NET Framework Applications

.NET Framework でのパッケージ化および配置についての情報の一部は、ドキュメントの別のトピックで説明します。Some of the packaging and deployment information for the .NET Framework is described in other sections of the documentation. それらのトピックでは、レジストリ エントリを必要としないアセンブリと呼ばれる自己言及的な単位、名前の一意性を保証し、名前の悪用を防止する厳密な名前付きアセンブリ、DLL 競合に関連した問題の多くを解決するアセンブリのバージョン管理についての情報を提供します。Those sections provide information about the self-describing units called assemblies, which require no registry entries, strong-named assemblies, which ensure name uniqueness and prevent name spoofing, and assembly versioning, which addresses many of the problems associated with DLL conflicts. 以下のセクションでは、.NET Framework アプリケーションのパッケージ化および配布について説明します。The following sections provide information about packaging and distributing .NET Framework applications.

パッケージ化Packaging

.NET Framework は、アプリケーション パッケージ化のために、次のオプションを提供します。The .NET Framework provides the following options for packaging applications:

  • 単一のアセンブリまたはアセンブリのコレクションとしてパッケージ化する。As a single assembly or as a collection of assemblies.

    このオプションでは、.dll ファイルまたは .exe ファイルは既に作成されているため、単に使用するだけです。With this option, you simply use the .dll or .exe files as they were built.

  • キャビネット (CAB) ファイルとしてパッケージ化する。As cabinet (CAB) files.

    このオプションでは、配布やダウンロードの時間を短縮するために、ファイルを .cab ファイルに圧縮します。With this option, you compress files into .cab files to make distribution or download less time consuming.

  • Windows インストーラー パッケージとして、またはその他のインストーラー フォーマットでパッケージ化する。As a Windows Installer package or in other installer formats.

    このオプションでは、Windows インストーラーで使用する .msi ファイルを作成するか、または他のインストーラー用としてアプリケーションをパッケージ化します。With this option, you create .msi files for use with the Windows Installer, or you package your application for use with some other installer.

配布Distribution

.NET Framework には、アプリケーション配布のために、次のオプションが用意されています。The .NET Framework provides the following options for distributing applications:

  • XCOPY または FTP を使用する。Use XCOPY or FTP.

    共通言語ランタイム アプリケーションは、自己言及的で、レジストリ エントリを必要としないため、XCOPY または FTP を使用して適切なディレクトリに単純にコピーできます。Because common language runtime applications are self-describing and require no registry entries, you can use XCOPY or FTP to simply copy the application to an appropriate directory. その後、そのディレクトリでアプリケーションを実行できます。The application can then be run from that directory.

  • コードのダウンロードを使用する。Use code download.

    アプリケーションをインターネットや企業のイントラネットに配布する場合は、コードをコンピューターにダウンロードし、そこでアプリケーションを実行できます。If you are distributing your application over the Internet or through a corporate intranet, you can simply download the code to a computer and run the application there.

  • Windows Installer 2.0 などのインストーラー プログラムを使用する。Use an installer program such as Windows Installer 2.0.

    Windows インストーラー 2.0 を使用して、グローバル アセンブリ キャッシュおよびプライベート ディレクトリへの .NET Framework アセンブリのインストール、修復、または削除を行うことができます。Windows Installer 2.0 can install, repair, or remove .NET Framework assemblies in the global assembly cache and in private directories.

インストール場所Installation Location

ランタイムがアプリケーションのアセンブリを検索できるようなアセンブリの配置先については、「ランタイムがアセンブリを検索する方法」をご覧ください。To determine where to deploy your application's assemblies so they can be found by the runtime, see How the Runtime Locates Assemblies.

アプリケーションの配置方法には、セキュリティの考慮事項も関係します。Security considerations can also affect how you deploy your application. コードが存在する場所に基づいて、マネージド コードにセキュリティ アクセス許可が付与されます。Security permissions are granted to managed code according to where the code is located. インターネットなど、信頼度の低い場所にアプリケーションやコンポーネントを配置すると、そのアプリケーションやコンポーネントが実行できることは制限されます。Deploying an application or component to a location where it receives little trust, such as the Internet, limits what the application or component can do. 配置とセキュリティ上の考慮事項については、「コード アクセス セキュリティの基礎」をご覧ください。For more information about deployment and security considerations, see Code Access Security Basics.

TitleTitle 説明Description
ランタイムがアセンブリを検索する方法How the Runtime Locates Assemblies 共通言語ランタイムが、バインド要求を満たすために、使用するアセンブリをどのように特定するかを説明します。Describes how the common language runtime determines which assembly to use to fulfill a binding request.
アセンブリの読み込みのベスト プラクティスBest Practices for Assembly Loading InvalidCastExceptionMissingMethodException、およびその他のエラーの原因となることがある型 ID の問題を回避する方法について説明します。Discusses ways to avoid problems of type identity that can lead to InvalidCastException, MissingMethodException, and other errors.
.NET Framework 4.5 のインストール中のシステム再起動の削減Reducing System Restarts During .NET Framework 4.5 Installations 再起動をできる限り回避する再起動マネージャーと、.NET Framework をインストールするアプリケーションがそれをどのように利用できるかを説明しています。Describes the Restart Manager, which prevents reboots whenever possible, and explains how applications that install the .NET Framework can take advantage of it.
配置ガイド (管理者向け)Deployment Guide for Administrators System Center Configuration Manager (SCCM) を使用したシステム管理者による .NET Framework の配置方法と、ネットワーク全体でのシステムの依存関係について説明します。Explains how a system administrator can deploy the .NET Framework and its system dependencies across a network by using System Center Configuration Manager (SCCM).
配置ガイド (開発者向け)Deployment Guide for Developers 開発者による .NET Framework とアプリケーションのユーザーのコンピューターへのインストール方法について説明します。Explains how developers can install .NET Framework on their users' computers with their applications.
アプリケーション、サービス、およびコンポーネントの配置Deploying Applications, Services, and Components ClickOnce を使用したアプリケーションの発行手順や、Windows インストーラー テクノロジなど、Visual Studio の配置オプションについて説明します。Discusses deployment options in Visual Studio, including instructions for publishing an application using the ClickOnce and Windows Installer technologies.
ClickOnce アプリケーションの発行Publishing ClickOnce Applications Windows フォーム アプリケーションをパッケージ化し、これを ClickOnce でネットワーク上のクライアント コンピューターに配置する方法を説明します。Describes how to package a Windows Forms application and deploy it with ClickOnce to client computers on a network.
リソースのパッケージ化と配置Packaging and Deploying Resources .NET Framework でリソースのパッケージ化と配置に使用する、ハブ アンド スポーク モデルについて説明します。リソースの名前付け規則、フォールバック プロセス、およびパッケージ化の代替策についても説明します。Describes the hub and spoke model that the .NET Framework uses to package and deploy resources; covers resource naming conventions, fallback process, and packaging alternatives.
相互運用アプリケーションの配置Deploying an Interop Application 相互運用アプリケーションの出荷方法とインストール方法について説明します。通常、相互運用アプリケーションには、.NET Framework クライアント アセンブリ、個別の COM タイプ ライブラリを表す 1 つ以上の相互運用機能アセンブリ、および 1 つ以上の登録済み COM コンポーネントが含まれています。Explains how to ship and install interop applications, which typically include a .NET Framework client assembly, one or more interop assemblies representing distinct COM type libraries, and one or more registered COM components.
方法: .NET Framework 4.5 インストーラーの進行状況を表示するHow to: Get Progress from the .NET Framework 4.5 Installer 進行状況のビューを独自に表示する一方で、.NET Framework セットアップ プロセスをサイレントで起動および追跡する方法を説明します。Describes how to silently launch and track the .NET Framework setup process while showing your own view of the setup progress.

関連項目See also