方法: .NET Framework 4 または 4.5 をサポートするアプリを構成するHow to: Configure an App to Support .NET Framework 4 or 4.5

共通言語ランタイム (CLR) をホストするすべてのアプリでは、マネージ コードを実行するために CLR を開始またはアクティブ化する必要があります。All apps that host the common language runtime (CLR) need to start, or activate, the CLR in order to run managed code. 通常、.NET Framework アプリはビルドされた CLR のバージョンで実行されますが、アプリケーション構成ファイル (app.config ファイルと呼ばれることもあります) を使用して、デスクトップ アプリのこの動作を変更できます。Typically, a .NET Framework app runs on the version of the CLR that it was built on, but you can change this behavior for desktop apps by using an application configuration file (sometimes referred to as an app.config file). ただし、アプリケーション構成ファイルを使用して Windows ストア アプリまたは Windows Phone アプリの既定のアクティベーション動作は変更できません。However, you cannot change the default activation behavior for Windows Store apps or Windows Phone apps by using an application configuration file. この記事では、デスクトップ アプリを .NET Framework の別のバージョンで実行できるようにする方法を説明し、Version 4 または 4.5 を対象とする方法の例を示します。This article explains how to enable your desktop app to run on another version of the .NET Framework and provides an example of how to target version 4 or 4.5.

アプリが実行される .NET Framework のバージョンは、次の順序で決まります。The version of the .NET Framework that an app runs on is determined in the following order:

  • 構成ファイル。Configuration file.

    アプリケーション構成ファイルに 1 つ以上の .NET Framework のバージョンを指定する <supportedRuntime> エントリがあり、これらのバージョンの 1 つがユーザーのコンピューターにある場合、アプリはそのバージョンで実行されます。If the application configuration file includes <supportedRuntime> entries that specify one or more .NET Framework versions, and one of those versions is present on the user's computer, the app runs on that version. 構成ファイルは、一覧表示された順序で <supportedRuntime> エントリを読み込み、ユーザーのコンピューターにある、最初に表示される .NET Framework バージョンを使用します The configuration file reads <supportedRuntime> entries in the order they are listed, and uses the first .NET Framework version listed that is present on the user's computer. (Version 1.0 では <requiredRuntime> 要素を使用します)。(Use the <requiredRuntime> element for version 1.0.)

  • コンパイル後のバージョン。Compiled version.

    構成ファイルがなく、アプリがビルドされた .NET Framework のバージョンがユーザーのコンピューターに存在する場合、アプリはそのバージョンで実行されます。If there is no configuration file, but the version of the .NET Framework that the app was built on is present on the user's computer, the app runs on that version.

  • インストールされた最新バージョン。Latest version installed.

    アプリがビルドされた .NET Framework のバージョンがなく、構成ファイルの <supportedRuntime> 要素でバージョンが指定されていない場合、アプリはユーザーのコンピューターにある .NET Framework の最新バージョンで実行が試みられます。If the version of the .NET Framework that the app was built on is not present and a configuration file does not specify a version in a <supportedRuntime> element, the app tries to run on the latest version of the .NET Framework that is present on the user's computer.

    ただし、.NET Framework 1.0、1.1、2.0、3.0、および 3.5 のアプリは、.NET Framework 4 以降では自動的に実行されず、場合によっては、エラーが発生し、.NET Framework 3.5 をインストールするように求めるメッセージが表示されることがあります。However, .NET Framework 1.0, 1.1, 2.0, 3.0, and 3.5 apps do not automatically run on the .NET Framework 4 or later, and in some cases, the user may receive an error and may be prompted to install the .NET Framework 3.5. また、Windows システムの異なるバージョンには .NET Framework の異なるバージョンが含まれるので、アクティベーション動作はユーザーのオペレーティング システムに応じて異なる場合があります。The activation behavior may also depend on the user’s operating system, because different versions of Windows system include different versions of the .NET Framework. アプリが .NET Framework 3.5 と 4、またはそれ以降をサポートしている場合は、構成ファイルの複数のエントリでこれを示して .NET Framework 初期化エラーを回避することをお勧めします。If your app supports both the .NET Framework 3.5 and 4 or later, we recommend that you indicate this with multiple entries in the configuration file to avoid .NET Framework initialization errors. 詳細については、「.NET Framework のバージョンおよび依存関係」を参照してください。For more information, see Versions and Dependencies.

また、.NET Framework 3.5 がコンピューターにインストールされている場合でも、.NET Framework 4 および 4.5 で実行できるように .NET Framework 3.5 アプリを構成して、Version 4 および 4.5 のパフォーマンス向上を活用することもできます。You might also want to configure your .NET Framework 3.5 apps to run on the .NET Framework 4 or 4.5, even on computers that have the .NET Framework 3.5 installed, to take advantage of the performance improvements in versions 4 and 4.5.

重要

サポートするすべての .NET Framework のバージョンで必ずアプリをテストすることをお勧めします。We recommend that you always test your app on every .NET Framework version that you support. 以降の .NET Framework のバージョンをサポートするためのアプリケーションのアップグレードについての詳細は、「.NET Framework のバージョンの互換性」を参照してください。See Version Compatibility for information about upgrading your application to support later .NET Framework versions.

.NET Framework 1.0 および 1.1 アプリを変更して Windows 7 と Windows 8 をサポートする方法の詳細については、「.NET Framework 1.1 からの移行」を参照してください。For information about modifying your .NET Framework 1.0 and 1.1 apps to support Windows 7 and Windows 8, see Migrating from the .NET Framework 1.1.

.NET Framework 4 または 4.5 で実行できるようにアプリを構成するにはTo configure your app to run on the .NET Framework 4 or 4.5

  1. .NET Framework プロジェクトの構成ファイルを追加または検索します。Add or locate the configuration file for the .NET Framework project. アプリの構成ファイルは、同じディレクトリにあり、アプリと同じ名前ですが、.config 拡張子があります。The configuration file for an app is in the same directory and has the same name as the app, but has a .config extension. たとえば、アプリが MyExecutable.exe という名前であれば、アプリケーション構成ファイルの名前は MyExecutable.exe.config です。For example, for an app named MyExecutable.exe, the application configuration file is named MyExecutable.exe.config.

    構成ファイルを追加するには、Visual Studio のメニュー バーで [プロジェクト][新しい項目の追加] の順にクリックします。To add a configuration file, on the Visual Studio menu bar, choose Project, Add New Item. 左ペインで [全般] をクリックし、[構成ファイル] をクリックします。Choose General from the left pane, and then choose Configuration File. 構成ファイルに appName.exe.config という名前を付けます。これらのメニューの選択は、Windows ストア アプリ プロジェクトまたは Windows phone アプリ プロジェクトでは使用できません。これらのプラットフォームのアクティベーション ポリシーを変更できないためです。Name the configuration file appName.exe.config. These menu choices are not available for Windows Store app or Windows phone app projects, because you cannot change the activation policy on those platforms.

  2. 次のように、アプリケーション構成ファイルに <supportedRuntime> 要素を追加します。Add the <supportedRuntime> element as follows to the application configuration file:

    <configuration>  
      <startup>  
        <supportedRuntime version="<version>"/>  
      </startup>  
    </configuration>  
    

    <version> が、アプリがサポートする .NET Framework のバージョンに合わせて CLR バージョンを指定する場合。where <version> specifies the CLR version that aligns with the .NET Framework version that your app supports. 次の文字列を使用します。Use the following strings:

    • .NET Framework 1.0: 「v1.0.3705」.NET Framework 1.0: "v1.0.3705"

    • .NET Framework 1.1: 「v1.1.4322」.NET Framework 1.1: "v1.1.4322"

    • .NET Framework 2.0、3.0、および 3.5: 「v2.0.50727」.NET Framework 2.0, 3.0, and 3.5: "v2.0.50727"

    • .NET Framework 4 および 4.5 (4.5.1 などのポイント リリースを含む): 「v4.0」.NET Framework 4 and 4.5 (including point releases such as 4.5.1): "v4.0"

    複数の <supportedRuntime> 要素を優先順に追加して、複数バージョンの .NET Framework のサポートを指定できます。You can add multiple <supportedRuntime> elements, listed in order of preference, to specify support for multiple versions of the .NET Framework.

アプリケーション構成ファイルの設定およびコンピューターにインストールされている .NET Framework のバージョンによって、.NET Framework 3.5 アプリが実行されるバージョンがどのように決定されるかを次の表に示します。The following table demonstrates how application configuration file settings and the .NET Framework versions installed on a computer determine the version that a .NET Framework 3.5 app runs on. この例は、.NET Framework 3.5 のアプリケーションに固有ですが、以前の .NET Framework バージョンで作成されたアプリケーションを対象にする場合も同様のロジックを使用できます。The examples are specific to a .NET Framework 3.5 application, but you can use similar logic to target applications built with earlier .NET Framework versions. アプリケーション構成ファイルで .NET Framework 3.5 を指定するために、.NET Framework 2.0 のバージョン番号 (v2.0.50727) が使用されることに注意してください。Note that the .NET Framework 2.0 version number (v2.0.50727) is used to specify the .NET Framework 3.5 in the application configuration file.

App.config ファイルの設定App.config file setting バージョン 3.5 がインストールされているコンピューターOn computer with version 3.5 installed バージョン 3.5 と 4 または 4.5 がインストールされているコンピューターOn computer with versions 3.5 and 4 or 4.5 installed バージョン 4 または 4.5 がインストールされているコンピューターOn computer with version 4 or 4.5 installed
なしNone 3.5 で動作Runs on 3.5 3.5 で動作Runs on 3.5 ユーザーに正しいバージョン * をインストールするように求めるエラー メッセージが表示されます。Displays error message that prompts user to install the correct version*
<supportedRuntime version="v2.0.50727"/> 3.5 で動作Runs on 3.5 3.5 で動作Runs on 3.5 ユーザーに正しいバージョン * をインストールするように求めるエラー メッセージが表示されます。Displays error message that prompts user to install the correct version*
<supportedRuntime version="v2.0.50727"/>
<supportedRuntime version="v4.0"/>
3.5 で動作Runs on 3.5 3.5 で動作Runs on 3.5 4 または 4.5 で動作Runs on 4 or 4.5
<supportedRuntime version="v4.0"/>
<supportedRuntime version="v2.0.50727"/>
3.5 で動作Runs on 3.5 4 または 4.5 で動作Runs on 4 or 4.5 4 または 4.5 で動作Runs on 4 or 4.5
<supportedRuntime version="v4.0"/> ユーザーに正しいバージョン * をインストールするように求めるエラー メッセージが表示されます。Displays error message that prompts user to install the correct version* 4 または 4.5 で動作Runs on 4 or 4.5 4 または 4.5 で動作Runs on 4 or 4.5

* このエラー メッセージの詳細と回避方法については、「.NET Framework 初期化エラー: ユーザー エクスペリエンスの管理」を参照してください。* For more information about this error message and ways to avoid it, see .NET Framework Initialization Errors: Managing the User Experience.

参照See Also

.NET Framework 1.1 からの移行Migrating from the .NET Framework 1.1
移行ガイドMigration Guide