ネットワークのトレースの有効化Enabling Network Tracing

ネットワークのトレースでは、メソッド呼び出しについての情報、およびマネージド アプリケーションによって生成されるネットワーク トラフィックについての情報にアクセスできます。Network tracing provides access to information about method invocations and network traffic generated by a managed application. アプリケーションでネットワーク トレースを有効にするには、次のタスクを実行する必要があります。You must complete the following tasks to enable network tracing in your application:

最も一般的なトレース先 (トレース リスナーとも呼ばれます) は、既定のリスナーとログ ファイルです。The most common trace destinations, also referred to as trace listeners, are the default listener and the log file.

トレース リスナーを指定しない場合、トレースは既定のリスナーを使用します。Tracing uses the default listener if you do not specify a trace listener. .NET Framework SDK に付属の CLR デバッガーや、Windows SDK に付属の DBwin32.exe などのマネージド コード対応のデバッガーでコードを実行することで、既定のリスナーに送信されたメッセージを表示することができます。You can view messages sent to the default listener by executing your code in a managed code-enabled debugger such as the CLR Debugger shipped with the .NET Framework SDK, or DBwin32.exe shipped with the Windows SDK. CLR デバッガーを使用すると、 [出力] ウィンドウにトレース メッセージが表示されます。Using the CLR Debugger, the trace messages appear in the Output window.

ファイルを使用してトレースを受信する場合は、次の例のように、構成設定を使用して、ログ ファイルを指定できますIf you prefer to use a file to receive traces, you can specify a log file by using configuration settings, as shown in the following example. (構成ファイルに関する全般的な説明については、「構成ファイル」を参照してください)。(For a general discussion of configuration files, see Configuration Files.)

トレースをログ ファイルに送信するには、次のノードを適切な (アプリケーションまたはコンピューターの) 構成ファイルの <system.diagnostics> ノードに追加します。To send traces to a log file, add the following node to the <system.diagnostics> node of the appropriate configuration file (application or machine). 必要に応じてファイルの名前 (trace.log) を変更することができます。You can change the name of the file (trace.log) to suit your needs.

<system.diagnostics>  
  <trace autoflush="true" indentsize="4">  
    <listeners>  
      <add name="file" type="System.Diagnostics.TextWriterTraceListener" initializeData="trace.log"/>  
    </listeners>   
  </trace>  
</system.diagnostics>  

関連項目See also