.NET Framework のネットワーク プログラミングNetwork Programming in the .NET Framework

Microsoft .NET Framework は、アプリケーションにすばやく簡単に統合できる、複数層の拡張可能なインターネット サービスのマネージド実装を提供します。The Microsoft .NET Framework provides a layered, extensible, and managed implementation of Internet services that can be quickly and easily integrated into your applications. ネットワーク アプリケーションは、プラグ可能なプロトコルを基に自動的に新しいインターネット プロトコルを使用するように作成することも、ソケット レベルでネットワークを使用できるように Windows ソケット インターフェイスのマネージド実装を使用することもできます。Your network applications can build on pluggable protocols to automatically take advantage of new Internet protocols, or they can use a managed implementation of the Windows socket interface to work with the network on the socket level.

このセクションの内容In This Section

プラグ可能なプロトコルの概要Introducing Pluggable Protocols
必要なアクセス プロトコルに関係なく、インターネット リソースにアクセスする方法について説明します。Describes how to access an Internet resource without regard to the access protocol that it requires.

データの要求Requesting Data
プラグ可能なプロトコルを使用して、インターネット リソースにデータをアップロードしたり、ダウンロードしたりする方法について説明します。Explains how to use pluggable protocols to upload and download data from Internet resources.

プラグ可能なプロトコルのプログラミングProgramming Pluggable Protocols
プロトコル固有のクラスを派生させて、プラグ可能なプロトコルを実装する方法について説明します。Explains how to derive protocol-specific classes to implement pluggable protocols.

アプリケーション プロトコルの使用Using Application Protocols
TCP、UDP、HTTP などのネットワーク プロトコルを利用するアプリケーションのプログラミングについて説明します。Describes programming applications that take advantage of network protocols such as TCP, UDP, and HTTP.

インターネット プロトコル バージョン 6Internet Protocol Version 6
インターネット プロトコル スイート (IPv4) の現在のバージョンより優れたインターネット プロトコル Version 6 (IPv6) の利点について説明し、IPv6 のアドレス指定、ルーティングおよび自動構成、および IPv6 を有効/無効にする方法について説明します。Describes the advantages of Internet Protocol version 6 (IPv6) over the current version of the Internet Protocol suite (IPv4), describes IPv6 addressing, routing and auto-configuration, and how to enable and disable IPv6.

インターネット アプリケーションの構成Configuring Internet Applications
.NET Framework 構成ファイルを使用して、インターネット アプリケーションを構成する方法について説明します。Explains how to use the .NET Framework configuration files to configure Internet applications.

.NET Framework のネットワークのトレースNetwork Tracing in the .NET Framework
.NET Framework のネットワークのトレースを使用して、メソッド呼び出しについての情報、およびマネージド アプリケーションによって生成されるネットワーク トラフィックについての情報を取得する方法を説明します。Explains how to use network tracing to get information about method invocations and network traffic generated by a managed application.

ネットワーク アプリケーションのキャッシュ管理Cache Management for Network Applications
System.Net.WebClientSystem.Net.WebRequest、および System.Net.HttpWebRequest クラスを使用するアプリケーションでキャッシュを使用する方法について説明します。Describes how to use caching for applications that use the System.Net.WebClient, System.Net.WebRequest, and System.Net.HttpWebRequest classes.

ネットワーク プログラミングにおけるセキュリティSecurity in Network Programming
標準のインターネット セキュリティと認証の手法を使用する方法について説明します。Describes how to use standard Internet security and authentication techniques.

System.Net クラスのベスト プラクティスBest Practices for System.Net Classes
インターネット アプリケーションを最大限に活用するためのヒントとテクニックを紹介します。Provides tips and tricks for getting the most out of your Internet applications.

プロキシを介したインターネットへのアクセスAccessing the Internet Through a Proxy
プロキシの設定方法について説明します。Describes how to configure proxies.

ネットワーク情報NetworkInformation
ネットワーク イベント、変更、統計、およびプロパティの情報を収集する方法について説明し、 System.Net.NetworkInformation.Ping クラスを使用してリモート ホストに到達可能であるかどうかを判定する方法についても説明します。Describes how to gather information about network events, changes, statistics, and properties and also explains how to determine whether a remote host is reachable by using the System.Net.NetworkInformation.Ping class.

バージョン 2.0 での System.Uri 名前空間の変更Changes to the System.Uri namespace in Version 2.0
Version 2.0 で正しくない動作を修正し、使いやすさを改善し、セキュリティを強化するために System.Uri クラスに加えられたいくつかの変更について説明します。Describes several changes made to the System.Uri class in Version 2.0 to fixed incorrect behavior, enhance usability, and enhance security.

System.Uri での International Resource Identifier のサポートInternational Resource Identifier Support in System.Uri
Version 3.5、3.0 SP1、および 2.0 SP1 で、International Resource Identifier (IRI) および国際化ドメイン名 (IDN) をサポートするために、 System.Uri クラスに追加された強化機能について説明します。Describes enhancements to the System.Uri class in Version 3.5, 3.0 SP1, and 2.0 SP1 for International Resource Identifier (IRI) and Internationalized Domain Name (IDN) support.

バージョン 3.5 のソケット パフォーマンスの強化Socket Performance Enhancements in Version 3.5
Version 3.5、3.0 SP1、および 2.0 SP1 で、 System.Net.Sockets.Socket クラスに追加された一連の強化機能について説明します。これらの機能によって、目的に特化した高パフォーマンスのソケット アプリケーションで使用できる代替非同期パターンが提供されます。Describes a set of enhancements to the System.Net.Sockets.Socket class in Version 3.5, 3.0 SP1, and 2.0 SP1 that provide an alternative asynchronous pattern that can be used by specialized high-performance socket applications.

ピア名解決プロトコルPeer Name Resolution Protocol
Version 3.5 で、ピア名解決プロトコル (PNRP)、サーバーを使用しない動的な名前登録、および名前解決プロトコルをサポートするために追加されたサポートについて説明します。Describes support added in Version 3.5 to support the Peer Name Resolution Protocol (PNRP), a serverless and dynamic name registration and name resolution protocol. これらの新機能は、 System.Net.PeerToPeer 名前空間によってサポートされます。These new features are supported by the System.Net.PeerToPeer namespace.

ピアツーピア コラボレーションPeer-to-Peer Collaboration
Version 3.5 で、PNRP に基づくピア ツー ピア コラボレーションをサポートするために追加されたサポートについて説明します。Describes support added in Version 3.5 to support the Peer-to-Peer Collaboration that builds on PNRP. これらの新機能は、 System.Net.PeerToPeer.Collaboration 名前空間によってサポートされます。These new features are supported by the System.Net.PeerToPeer.Collaboration namespace.

バージョン 3.5 SP1 における HttpWebRequest の NTLM 認証への変更Changes to NTLM authentication for HttpWebRequest in Version 3.5 SP1
System.Net 名前空間の System.Net.HttpWebRequestSystem.Net.HttpListenerSystem.Net.Security.NegotiateStream、および関連クラスによる統合 Windows 認証の処理方法に影響を与える、Version 3.5 SP1 で行われたセキュリティの変更について説明します。Describes security changes made in Version 3.5 SP1 that affect how integrated Windows authentication is handled by the System.Net.HttpWebRequest, System.Net.HttpListener, System.Net.Security.NegotiateStream, and related classes in the System.Net namespace.

統合 Windows 認証と拡張保護Integrated Windows Authentication with Extended Protection
System.Net.HttpWebRequest名前空間および関連名前空間の System.Net.HttpListenerSystem.Net.Mail.SmtpClientSystem.Net.Security.SslStreamSystem.Net.Security.NegotiateStreamSystem.Net 、および関連クラスによる統合 Windows 認証の処理方法に影響を与える、拡張保護用の強化機能について説明します。Describes enhancements for extended protection that affect how integrated Windows authentication is handled by the System.Net.HttpWebRequest, System.Net.HttpListener, System.Net.Mail.SmtpClient, System.Net.Security.SslStream, System.Net.Security.NegotiateStream, and related classes in the System.Net and related namespaces.

IPv6 および Teredo を使用した NAT トラバーサルNAT Traversal using IPv6 and Teredo
IPv6 および Teredo を使用する NAT トラバースをサポートするために、 System.NetSystem.Net.NetworkInformation、および System.Net.Sockets 名前空間に追加された強化機能について説明します。Describes enhancements added to the System.Net, System.Net.NetworkInformation, and System.Net.Sockets namespaces to support NAT traversal using IPv6 and Teredo.

Windows ストア アプリのネットワーク分離Network Isolation for Windows Store Apps
System.NetSystem.Net.Http、および System.Net.Http.Headers 名前空間のクラスを Windows 8.x ストア アプリで使用したときのネットワーク分離の影響について説明します。Describes the impact of network isolation when classes in the System.Net, System.Net.Http, and System.Net.Http.Headers namespaces are used in Windows 8.x Store apps.

ネットワーク プログラミングのサンプルNetwork Programming Samples
System.NetSystem.Net.CacheSystem.Net.ConfigurationSystem.Net.MailSystem.Net.MimeSystem.Net.NetworkInformationSystem.Net.PeerToPeerSystem.Net.SecuritySystem.Net.Sockets 名前空間のクラスを使用する、ダウンロード可能なネットワーク プログラミング サンプルへのリンク。Links to downloadable network programming samples that use classes in the System.Net, System.Net.Cache, System.Net.Configuration, System.Net.Mail, System.Net.Mime, System.Net.NetworkInformation, System.Net.PeerToPeer, System.Net.Security, System.Net.Sockets namespaces.

関連項目Reference

System.Net
最近のネットワークで使用されている多くのプロトコル用の単純なプログラミング インターフェイスを提供します。Provides a simple programming interface for many of the protocols used on networks today. この名前空間の System.Net.WebRequest および System.Net.WebResponse クラスは、プラグ可能なプロトコルの基礎です。The System.Net.WebRequest and System.Net.WebResponse classes in this namespace are the basis for pluggable protocols.

System.Net.Cache
取得したリソースのキャッシュ ポリシーを System.Net.WebRequest クラスおよび System.Net.HttpWebRequest クラスを使用して定義するために使用する型および列挙体を定義します。Defines the types and enumerations used to define cache policies for resources obtained using the System.Net.WebRequest and System.Net.HttpWebRequest classes.

System.Net.Configuration
アプリケーションが System.Net 名前空間の構成設定にプログラムでアクセスして更新するために使用するクラス。Classes that applications use to programmatically access and update configuration settings for the System.Net namespaces.

System.Net.Http
最新の HTTP アプリケーション用のプログラミング インターフェイスを提供するクラス。Classes that provides a programming interface for modern HTTP applications.

System.Net.Http.Headers
System.Net.Http 名前空間で使用される HTTP ヘッダーのコレクションのサポートを提供します。Provides support for collections of HTTP headers used by the System.Net.Http namespace

System.Net.Mail
SMTP プロトコルを使用してメールを作成および送信するクラス。Classes to compose and send mail using the SMTP protocol.

System.Net.Mime
Defines types that are used to represent Multipurpose Internet Mail Exchange (MIME) headers used by classes in the System.Net.Mail 名前空間のクラスが、MIME (Multipurpose Internet Mail Exchange) ヘッダーを表すために使用する型を定義します。Defines types that are used to represent Multipurpose Internet Mail Exchange (MIME) headers used by classes in the System.Net.Mail namespace.

System.Net.NetworkInformation
ネットワーク イベント、変更、統計、およびプロパティについての情報をプログラムで収集するクラス。Classes to programmatically gather information about network events, changes, statistics, and properties.

System.Net.PeerToPeer
ピア名前解決プロトコル (PNRP) のマネージド実装を開発者に提供します。Provides a managed implementation of the Peer Name Resolution Protocol (PNRP) for developers.

System.Net.PeerToPeer.Collaboration
ピア ツー ピア コラボレーション インターフェイスのマネージド実装を開発者に提供します。Provides a managed implementation of the Peer-to-Peer Collaboration interface for developers.

System.Net.Security
ホスト間の安全な通信のためのネットワーク ストリームを提供するクラス。Classes to provide network streams for secure communications between hosts.

System.Net.Sockets
ネットワークへのアクセスの制御を支援する必要のある開発者のための、Windows ソケット (Winsock) インターフェイスのマネージド実装が用意されています。Provides a managed implementation of the Windows Sockets (Winsock) interface for developers who need to help control access to the network.

System.Net.WebSockets
WebSocket インターフェイスのマネージド実装を開発者に提供します。Provides a managed implementation of the WebSocket interface for developers.

System.Uri
URI (Uniform Resource Identifier) のオブジェクト表現を可能にし、URI の一部へ簡単にアクセスできるようにします。Provides an object representation of a uniform resource identifier (URI) and easy access to the parts of the URI.

System.Security.Authentication.ExtendedProtection
アプリケーションの拡張保護を使用した認証をサポートします。Provides support for authentication using extended protection for applications.

System.Security.Authentication.ExtendedProtection.Configuration
アプリケーションの拡張保護を使用した認証の構成をサポートします。Provides support for configuration of authentication using extended protection for applications.

関連項目See also