ネットワークのトレースの解釈Interpreting Network Tracing

ネットワークのトレースを有効にすると、トレースを使用して、アプリケーションからさまざまな System.Net クラス メンバーへの呼び出しをキャプチャすることができます。When network tracing is enabled, you can use tracing to capture calls your application makes to various System.Net class members. これらの呼び出しからの出力は、次の例のようになる場合があります。The output from these calls may be similar to the following examples.

[588]   (4357)   Entering Socket#33574638::Send()  
[588]   (4387)   Exiting Socket#33574638::Send()-> 61#61

上の例では、[588] は現在のスレッドの一意の識別子です。In the preceding example, [588] is the current thread's unique identifier. (4357) と (4387) は、アプリケーションが起動してから経過したミリ秒数を示すタイムスタンプです。(4357) and (4387) are timestamps denoting the number of milliseconds that have elapsed since the application started. タイムスタンプの後のデータは、メソッド Socket.Send を開始および終了するアプリケーションを示しています。The data following the timestamp shows the application entering and exiting the method Socket.Send. Send メソッドを実行するオブジェクトは、一意の識別子として 33574638 を持っています。The object executing the Send method has 33574638 as its unique identifier. メソッドの exit トレースには、戻り値 (上の例では 61) が含まれています。The method exit trace includes the return value (61 in the preceding example).

ネットワークのトレースは、ハイパーテキスト転送プロトコル (HTTP) などのアプリケーション レベルのプロトコルを使用して、アプリケーションから送信されるまたはアプリケーションで受信されるネットワーク トラフィックをキャプチャできます。Network traces can capture network traffic that is sent from or received by your application using application-level protocols such as Hypertext Transfer Protocol (HTTP). このデータは、テキストとして、また任意で、16 進数データとしてキャプチャできます。This data can be captured as text and, optionally, hexadecimal data. 16 進数データは、tracemode 属性の値として includehex を指定した場合に使用できますHexadecimal data is available when you specify includehex as the value of the tracemode attribute. (この属性の詳細については、「方法:ネットワークのトレースを構成する」を参照してください)。次のサンプル トレースは、includehex を使用して生成されました。(For detailed information about this attribute, see How to: Configure Network Tracing.) The following example trace was generated using includehex.

[1692] (1142) 00000000 : 47 45 54 20 2F 77 70 61-64 2E 64 61 74 20 48 54 : GET /wpad.dat HT

[1692] (1142) 00000010 : 54 50 2F 31 2E 31 0D 0A-48 6F 73 74 3A 20 69 74 : TP/1.1..Host: it

[1692] (1142) 00000020 : 67 70 72 6F 78 79 0D 0A-43 6F 6E 6E 65 63 74 69 : gproxy..Connecti

[1692] (1142) 00000030 : 6F 6E 3A 20 43 6C 6F 73-65 0D 0A 0D 0A : on: Close....

16 進数データを省略するには、tracemode 属性の値として protocolonly を指定します。To omit hexadecimal data, specify protocolonly as the value for the tracemode attribute. 次の例は、protocolonly が指定されている場合のトレースを示しています。The following example shows the trace when protocolonly is specified.

[2444] (594) Data from ConnectStream#33574638::WriteHeaders<<GET /wpad.dat HTTP/1.1

Host: itgproxy

Connection: Close

関連項目See also