信頼性Reliability

SQL Server などのサーバー環境で実行するコードは、非同期例外から保護することが重要です。It is important that code executing in server environments such as SQL Server protect against asynchronous exceptions. ここで説明するように、信頼性とは、SQL Server に限ったことではなく、.NET Framework バージョン 2.0 の環境で実行するホスト用に信頼性の高いコードを書くことです。Reliability, as discussed here, is not specific to SQL Server but to writing reliable code for any host executing in a .NET Framework version 2.0 environment. ただし、SQL Server はバージョン 2.0 の新しい信頼性機能を広範に使う初めてのサービスなので、例として使います。However, SQL Server is the first service making extensive use of the new reliability features of version 2.0, so it is used as an example.

SQL Server で実行されるコードは、他のサーバー環境より厳格な信頼性ガイドラインに対応する必要があります。Code running in SQL Server must deal with more stringent reliability guidelines than other server environments. これは、リソース消費での SQL Server の安定した動作のためです。This is due to SQL Server’s steady operation at the edge of resource consumption. OutOfMemoryException および ThreadAbortException 例外は、SQL Server 環境では珍しくありません。OutOfMemoryException and ThreadAbortException exceptions are not uncommon in the SQL Server environment. 一般に、これらのガイドラインでの主眼は、信頼性より、AppDomain レベルのリサイクルが発生したときに完全に信頼されたマネージド コードが正常に失敗できるようにすることにあります。リサイクルは、サーバーが整合性と可用性を維持する主要な手段です。These guidelines in general are focused less on reliability and more on allowing fully trusted managed code to fail gracefully in the face of AppDomain-level recycling, which is the primary way the server maintains consistency and availability.

このセクションの内容In This Section

SQL Server プログラミングとホスト保護属性SQL Server Programming and Host Protection Attributes
SQL Server が HostProtectionAttribute 属性を使ってマネージド コードの実行を制限する方法について説明します。Describes how the HostProtectionAttribute attribute is used by SQL Server to restrict the execution of managed code.

信頼性に関するベスト プラクティスReliability Best Practices
信頼性の要件を満たすコードを記述するためのガイドラインを提供します。Provides guidelines for writing code that meets reliability requirements.

制約された実行領域Constrained Execution Regions
制約された実行領域 (CER) の機能と動作について説明します。Describes the function and behavior of constrained execution regions (CERs).

リファレンスReference

HostProtectionAttribute

HostProtectionResource