WIF 3.5 でビルドされたアプリケーションを WIF 4.5 に移行するためのガイドラインGuidelines for Migrating an Application Built Using WIF 3.5 to WIF 4.5

対象Applies To

  • Microsoft® Windows® Identity Foundation (WIF) 3.5 および 4.5。Microsoft® Windows® Identity Foundation (WIF) 3.5 and 4.5.

概要Overview

Windows Identity Foundation (WIF) は、もともと .NET 3.5 SP1 タイム フレームでリリースされました。Windows Identity Foundation (WIF) was originally released in the .NET 3.5 SP1 timeframe. その WIF のバージョンは WIF 3.5 と呼ばれています。That version of WIF is referred to as WIF 3.5. WIF は個別のランタイムおよび SDK としてリリースされました。つまりこれは、WIF 対応アプリケーションを実行しているすべてコンピューターには WIF のランタイムがインストールされている必要があり、開発者は WIF 対応アプリケーションを開発できる Visual Studio のテンプレートとツールを取得するため WIF SDK をダウンロードしてインストールする必要があることを意味します。It was released as a separate runtime and SDK, which meant that every computer on which a WIF-enabled application ran had to have the WIF runtime installed and developers had to download and install the WIF SDK to get the Visual Studio templates and tooling that enabled development of WIF-enabled applications. .NET 4.5 以降では、WIF は .NET Framework に完全に統合されています。Beginning with .NET 4.5, WIF has been fully integrated into the .NET Framework. 個別のランタイムが不要になり、WIF のツールは、Visual Studio Extensions Manager を使用して Visual Studio 2012 にインストールできます。A separate runtime is no longer needed and the WIF tooling can be installed in Visual Studio 2012 by using the Visual Studio Extensions Manager. この WIF のバージョンは WIF 4.5 と呼ばれています。This version of WIF is referred to as WIF 4.5.

.NET への WIF の統合には WIF API サーフェイスの複数の変更が必要でした。The integration of WIF into .NET necessitated several changes in the WIF API surface. WIF 4.5 には、Visual Studio 用の新しい名前空間、構成要素の変更、および新しいツールが含まれます。WIF 4.5 includes new namespaces, some changes to configuration elements, and new tooling for Visual Studio. このトピックでは、WIF 3.5 から WIF 4.5 を使用してビルドされたアプリケーションを移行するうえでのガイダンスを示します。This topic provides guidance that you can use to help you migrate applications built using WIF 3.5 to WIF 4.5. Windows 8 または Windows Server 2012 を実行するコンピューターで WIF 3.5 を使用してビルドされたレガシ アプリケーションを実行する必要がある場合があります。There may be scenarios in which you need to run legacy applications built using WIF 3.5 on computers that are running Windows 8 or Windows Server 2012. またこのトピックでは、これらのオペレーティング システム向けに WIF 3.5 を有効にする方法についてのガイダンスも示します。This topic also provides guidance about how to enable WIF 3.5 for these operating systems.

WIF 4.5 に必要な変更Changes Required for WIF 4.5

ここでは、WIF 3.5 アプリケーションを WIF 4.5 に移行するために必要な変更について説明します。This section describes the changes that are required to migrate a WIF 3.5 application to WIF 4.5.

アセンブリおよび名前空間の変更Assembly and Namespace Changes

WIF 3.5 では、WIF クラスはすべて Microsoft.IdentityModel アセンブリ (microsoft.identitymicrosoft.identitymodel.dll) に含まれています。In WIF 3.5, all of the WIF classes were contained in the Microsoft.IdentityModel assembly (microsoft.identitymicrosoft.identitymodel.dll). WIF 4.5 では、WIF クラスは、mscorlib (mscorlib.dll)、System.IdentityModel (System.IdentityModel.dll)、System.IdentityModel.Services (System.IdentityModel.Services.dll)、および System.ServiceModel (System.ServiceModel.dll) というアセンブリに分割されています。In WIF 4.5, the WIF classes have been split across the following assemblies: mscorlib (mscorlib.dll), System.IdentityModel (System.IdentityModel.dll), System.IdentityModel.Services (System.IdentityModel.Services.dll), and System.ServiceModel (System.ServiceModel.dll).

WIF 3.5 クラスはすべて Microsoft.IdentityModel 名前空間 (Microsoft.IdentityModelMicrosoft.IdentityModel.TokensMicrosoft.IdentityModel.Web など) の 1 つに含まれていました。The WIF 3.5 classes were all contained in one of the Microsoft.IdentityModel namespaces; for example, Microsoft.IdentityModel, Microsoft.IdentityModel.Tokens, Microsoft.IdentityModel.Web, and so on. WIF 4.5 では、WIF クラスは System.IdentityModel 名前空間、System.Security.Claims 名前空間、および System.ServiceModel.Security 名前空間に分散されています。In WIF 4.5, the WIF classes are now spread across the System.IdentityModel namespaces, the System.Security.Claims namespace, and the System.ServiceModel.Security namespace. この再編成に加えて、一部の WIF 3.5 クラスは WIF 4.5 では削除されました。In addition to this reorganization, some WIF 3.5 classes have been dropped in WIF 4.5.

次の表に、より重要な WIF 4.5 の名前空間とそれに含まれるクラスの種類を示します。The following table shows some of the more important WIF 4.5 namespaces and the kind of classes they contain. WIF 3.5 および WIF 4.5 間で名前空間を対応付ける方法および WIF 4.5 で削除された名前空間とクラスの詳細については、「Namespace Mapping between WIF 3.5 and WIF 4.5」(WIF 3.5 と WIF 4.5 間での名前空間マッピング) を参照してください。For more detailed information about how namespaces map between WIF 3.5 and WIF 4.5 and about namespaces and classes that have been dropped in WIF 4.5, see Namespace Mapping between WIF 3.5 and WIF 4.5.

WIF 4.5 名前空間WIF 4.5 Namespace 説明Description
System.IdentityModel クッキーの変換、セキュリティ トークン サービス、および特殊な XML ディクショナリ リーダーを表すクラスが含まれます。Contains classes that represent cookie transforms, security token services, and specialized XML dictionary readers. Microsoft.IdentityModelMicrosoft.IdentityModel.SecurityTokenService、および Microsoft.IdentityModel.Threading という WIF 3.5 名前空間のクラスが含まれます。Contains classes from the following WIF 3.5 namespaces: Microsoft.IdentityModel, Microsoft.IdentityModel.SecurityTokenService, and Microsoft.IdentityModel.Threading.
System.Security.Claims クレーム、クレーム ベースの ID、クレーム ベースの原則、およびその他のクレーム ベースの ID モデル成果物を表すクラスが含まれます。Contains classes that represent claims, claims-based identities, claims based principals, and other claims based identity model artifacts. Microsoft.IdentityModel.Claims 名前空間のクラスが含まれます。Contains classes from the Microsoft.IdentityModel.Claims namespace.
System.IdentityModel.Tokens セキュリティ トークン、セキュリティ トークン ハンドラー、およびその他のセキュリティ トークンの成果物を表すクラスが含まれます。Contains classes that represent security tokens, security token handlers, and other security token artifacts. Microsoft.IdentityModel.TokensMicrosoft.IdentityModel.Tokens.Saml11、および Microsoft.IdentityModel.Tokens.Saml2 という WIF 3.5 名前空間のクラスが含まれます。Contains classes from the following WIF 3.5 namespaces: Microsoft.IdentityModel.Tokens, Microsoft.IdentityModel.Tokens.Saml11, and Microsoft.IdentityModel.Tokens.Saml2.
System.IdentityModel.Services 受動的な (WS-Federation) シナリオで使用されるクラスが含まれます。Contains classes that are used in passive (WS-Federation) scenarios. Microsoft.IdentityModel.Web 名前空間のクラスが含まれます。Contains classes from the Microsoft.IdentityModel.Web namespace.
System.ServiceModel.Security アクティブな (WS-Trust) シナリオで使用される WCF のコントラクト、チャネル、サービス ホスト、およびその他の成果物を表すクラスは、現在はこの名前空間にあります。Classes that represent WCF contracts, channels, service hosts and other artifacts that are used in active (WS-Trust) scenarios are now in this namespace. WIF 3.5 では、これらのクラスは Microsoft.IdentityModel.Protocols.WSTrust 名前空間にありました。In WIF 3.5 , these classes were in the Microsoft.IdentityModel.Protocols.WSTrust namespace.

重要

System.IdentityModelSystem.IdentityModel.Claims、および System.IdentityModel.Policy という System.IdentityModel.Selectors 名前空間には、WCF クレーム ベースの ID モデルを実装するクラスが含まれます。The following System.IdentityModel namespaces contain classes that implement the WCF claims-based identity model: System.IdentityModel.Claims, System.IdentityModel.Policy, and System.IdentityModel.Selectors. WCF クレーム ベース ID モデルは WIF に置き換えられています。The WCF claims-based identity model is superseded by WIF. WIF に基づいてソリューションをビルドする際は、これら 3 つの名前空間でクラスを使用しないでください。You should not use classes in these three namespaces when building solutions based on WIF.

.NET の統合による変更Changes Due to .NET Integration

WIF は現在、.NET Framework に統合されています。WIF is now integrated into the .NET Framework. ほとんどの .NET の ID とプリンシパル クラスは、System.Security.Claims.ClaimsIdentitySystem.Security.Claims.ClaimsPrincipal から派生します。Most .NET identity and principal classes now derive from System.Security.Claims.ClaimsIdentity and System.Security.Claims.ClaimsPrincipal. WIF 4.5 での次の変更による結果:The results in the following changes in WIF 4.5:

  • クレーム、ID、およびプリンシパルを表す WIF クラスは、現在は System.Security.Claims 名前空間にあります。WIF classes that represent claims, identities, and principals now exist in the System.Security.Claims namespace.

    重要

    System.IdentityModel.Claims 名前空間には、WCF クレーム ベースの ID モデルで成果物を表すクラスが含まれます。The System.IdentityModel.Claims namespace contains classes that represent artifacts in the WCF claims-based identity model. これらのクラスの多くは、WIF クラスと同じ名前を持ちます (Claims など)。Many of these classes have names that are the same as WIF classes; for example, Claims. WIF に基づいてソリューションをビルドする場合は、これらのクラスは使用しないでください。Do not use these classes when building solutions based on WIF.

  • .NET の ID およびプリンシパル クラスは、直接 System.Security.Claims.ClaimsIdentitySystem.Security.Claims.ClaimsPrincipal から派生します。.NET identity and principal classes now derive directly from System.Security.Claims.ClaimsIdentity and System.Security.Claims.ClaimsPrincipal, which represent claims-based identities and principals. したがって、WIF 3.5 インターフェイス IClaimsIdentityIClaimsPrincipal は不要になり、WIF 4.5 では使用できません。For this reason, the WIF 3.5 interfaces IClaimsIdentity and IClaimsPrincipal are no longer needed and are not available in WIF 4.5.

  • System.Security.Principal.WindowsIdentity および System.Security.Principal.WindowsPrincipal などの .NET の ID およびプリンシパル クラスは、ClaimsIdentity および ClaimsPrincipal から派生し、組み込みのクレーム機能を備えています。Because.NET identity and principal classes such as System.Security.Principal.WindowsIdentity and System.Security.Principal.WindowsPrincipal now derive from ClaimsIdentity and ClaimsPrincipal, they have claims functionality built-in. したがって、WIF 3.5 にあった WindowsClaimsIdentityWindowsClaimsPrincipal などのクレーム固有の ID およびプリンシパル クラスは不要になり、WIF 4.5 には存在しません。For this reason, claims-specific identity and principal classes such as WindowsClaimsIdentity and WindowsClaimsPrincipal that were present in WIF 3.5 are no longer needed and do not exist in WIF 4.5.

WIF 機能のその他の変更Other Changes to WIF Functionality

名前空間の変更と.NET との統合による変更に加えて、WIF 4.5 では WIF 機能に対する次の一般的な変更が行われています。In addition to the namespace changes and the changes due to integration with .NET, the following general changes to WIF functionality occur in WIF 4.5.

  • 特定の SOAP エラーに例外を対応付ける機能を備えていた Microsoft.IdentityModel.ExceptionMapper クラスは削除されます。The Microsoft.IdentityModel.ExceptionMapper class, which provided functionality that enabled you to map exceptions to specific SOAP Faults, is removed.

  • 例外のサーフェイスは大幅に削減されました。The exception surface has been greatly reduced.

  • プロトコルまたは WS-* 固有の定数を定義したクラスの多く (たとえば、WS-Addressing 1.0 に関連する定数を定義した Microsoft.IdentityModel.WSAddressing10Constants クラスなど) は削除されます。Many of the classes that defined protocol or WS-* specific constants have been removed; for example, the Microsoft.IdentityModel.WSAddressing10Constants class, which defined constants related to WS-Addressing 1.0.

  • Microsoft.IdentityModel.WindowsTokenService 名前空間の Claims to Windows Token Service (c2wts) とその関連クラスが削除されます。The Claims to Windows Token Service (c2wts) and its associated classes in the Microsoft.IdentityModel.WindowsTokenService namespace are removed.

WIF 構成の変更WIF Configuration Changes

構成ファイルの変更の多くは WIF 4.5 での名前空間の更新により発生しました。Many of the changes in the configuration file have been caused by namespace updates in WIF 4.5. たとえば、WS-Federation Authentication Manager をアプリケーションに追加するため、<httpModules> セクションの次の WIF 3.5 エントリについて考えます。For example, consider the following WIF 3.5 entry in the <httpModules> section to add the WS-Federation Authentication Manager to an application:

<add name="WSFederationAuthenticationModule" type="Microsoft.IdentityModel.Web.WSFederationAuthenticationModule, Microsoft.IdentityModel, Version=3.5.0.0, Culture=neutral, PublicKeyToken=abcd … 5678" />

このエントリは WIF 4.5 で新しい名前空間とアセンブリのバージョンを含むように更新されています。This entry has been updated in WIF 4.5 to include the new namespaces and assembly version:

<add name="WSFederationAuthenticationModule" type="System.IdentityModel.Services.WSFederationAuthenticationModule, System.IdentityModel.Services, Version=4.0.0.0, Culture=neutral, PublicKeyToken=abcd … 5678"/>

次の一覧に、WIF 4.5 用の構成ファイルへの主要な変更を示します。The following list enumerates the major changes to the configuration file for WIF 4.5.

  • <microsoft.identityModel> セクションは、<system.identityModel> セクションになっています。The <microsoft.identityModel> section is now the <system.identityModel> section.

  • <service> 要素は、<identityConfiguration> 要素になっています。The <service> element is now the <identityConfiguration> element.

  • 新しいセクション <system.identityModel.services> は、受動的な (WS-Federation) シナリオで動作を制御する設定を指定するために追加されました。A new section, <system.identityModel.services>, has been added to specify settings that control behavior in passive (WS-Federation) scenarios.

  • <federationConfiguration> 要素とその子要素は、WIF 3.5 の <service> 要素から新しい <system.identityModel.services> 要素に移動されました。The <federationConfiguration> element and its child elements have been moved from the <service> element in WIF 3.5 to the new <system.identityModel.services> element .

  • WIF 3.5 では <service> 要素の直下のサービスレベルで指定できた複数の要素が、<securityTokenHandlerConfiguration> 要素での指定に制限されました Several elements that could be specified at the service-level directly under the <service> element in WIF 3.5 have been restricted to being specified under the <securityTokenHandlerConfiguration> element. (WIF 4.5 では、下位互換性を維持するため、これらは <identityConfiguration> 要素で指定できます)。(They may still be specified under the <identityConfiguration> element in WIF 4.5 for backward compatibility.)

WIF 4.5 の構成要素の詳細な一覧については、「WIF Configuration Schema」(WIF 構成スキーマ) を参照してください。For a complete list of the WIF 4.5 configuration elements, see WIF Configuration Schema.

Visual Studio ツールの変更Visual Studio Tooling Changes

WIF 3.5 SDK では、スタンドアロンのフェデレーション ユーティリティである FedUtil.exe (FedUtil) が用意されており、これを使用して WIF 対応アプリケーションでの ID 管理をセキュリティ トークン サービス (STS) に外部委託できました。The WIF 3.5 SDK offered a stand-alone federation utility, FedUtil.exe (FedUtil), that you could use to outsource identity management in WIF-enabled applications to a security token service (STS). このツールにより、WIF の設定がアプリケーション構成ファイルに追加され、アプリケーションは 1 つ以上の STS からセキュリティ トークンを取得できました。また [STS サービス参照の追加] ボタンによって Visual Studio に表示されました。This tool added WIF settings to the application configuration file to enable the application to get security tokens from one or more STSs, and was surfaced in Visual Studio through the Add STS Service Reference button. FedUtil は WIF 4.5 には付属していません。FedUtil does not ship with WIF 4.5. 代わりに、WIF 4.5 は Identity and Access Tool for Visual Studio 2012 という名前の新しい Visual Studio の拡張ツールをサポートします。これを使用することで、ID 管理を STS に外部委託するために必要な WIF の設定を備えたアプリケーションの構成ファイルを変更できます。Instead, WIF 4.5 supports a new Visual Studio extension named the Identity and Access Tool for Visual Studio 2012 that you can use to modify your application’s configuration file with the WIF settings required to outsource identity management to an STS. また Identity and Access Tool は、WIF 対応アプリケーションのテストに使用できる Local STS と呼ばれる STS を実装しています。The Identity and Access Tool also implements an STS called Local STS that you can use to test your WIF-enabled applications. 多くの場合、この機能により、開発中のソリューションをテストするのに WIF 3.5 で頻繁に必要とされたカスタム STS をビルドする必要がなくなりました。In many cases, this feature obviates the need to build custom STSs that were often necessary in WIF 3.5 to test solutions under development. したがって、STS のテンプレートは、Visual Studio 2012 でサポートされなくなりました。ただし、STS の開発をサポートするクラスは WIF 4.5 でも使用できます。For this reason, the STS templates are no longer supported in Visual Studio 2012; however, the classes that support the development of STSs are still available in WIF 4.5.

拡張機能と Visual Studio Updates Manager から Identity and Access Tool をインストールすることができます。 または Code Gallery 上の次のページからダウンロードすることができます。Identity and Access Tool for Visual Studio 2012 コード ギャラリーします。You can install the Identity and Access Tool from the Extensions and Updates Manager in Visual Studio or you can download it from the following page on Code Gallery: Identity and Access Tool for Visual Studio 2012 on Code Gallery. Visual Studio ツールの変更を次のリストにまとめます。The Visual Studio tooling changes are summarized in the following list:

  • [STS サービス参照の追加] 機能は削除されています。The Add STS Service Reference functionality is removed. その代わりとなるのが Identity and Access Tool です。The replacement is the Identity and Access Tool.

  • Visual Studio STS のテンプレートは削除されています。The Visual Studio STS templates are removed. Identity and Access Tool で入手可能な Local STS を使用でき、WIF を使用して開発した ID ソリューションをテストできます。You can use the Local STS that is available through the Identity and Access Tool to test identity solutions that you develop with WIF. Local STS 構成を変更して、クレームをカスタマイズできます。The Local STS configuration can be modified to customize the claims that it serves.

  • スタンドアロンのフェデレーション ユーティリティ (FedUtil) は WIF 4.5 では使用できません。The stand-alone Federation Utility (FedUtil) is not available in WIF 4.5. Identity and Access Tool を使用して、構成ファイルを変更し、ID 管理を STS に外部委託できます。You can use the Identity and Access Tool to modify your configuration files to outsource identity management to an STS.

Id およびアクセス ツールの詳細については、「Identity and Access Tool for Visual Studio 2012」 (Visual Studio 2012 の ID およびアクセス ツール) を参照してください。For more information about the Identity and Access Tool, see Identity and Access Tool for Visual Studio 2012

受動的な (WS-Federation) シナリオ:Passive (WS-Federation) Scenarios:

  • 受動的なシナリオをサポートするクラスが System.IdentityModel.Services 名前空間に移動されました。Classes that support passive scenarios have been moved to the System.IdentityModel.Services namespace. WIF 3.5 では、これらのクラスは Microsoft.IdentityModel.Web 名前空間にありました。In WIF 3.5 these classes were in the Microsoft.IdentityModel.Web namespace.

  • Microsoft.IdentityModel.Web.Configuration 名前空間のクラスは System.IdentityModel.Services.Configurationに移動されました。The classes in the Microsoft.IdentityModel.Web.Configuration namespace have been moved to System.IdentityModel.Services.Configuration. これらのクラスは、受動的なシナリオの構成に固有のオブジェクトを表します。These classes represent objects specific to configuration in passive scenarios.

  • FederatedPassiveSignInControl はサポートされていません。Microsoft.IdentityModel.Web.Controls 名前空間のすべてのクラスは、WIF 4.5 から削除されました。The FederatedPassiveSignInControl is no longer supported; all classes in the Microsoft.IdentityModel.Web.Controls namespace have been removed from WIF 4.5.

  • WS-Federation 認証モジュール (WSFederationAuthenticationModule) のサインアウト機能は WIF 3.5 とは異なります。The WS-Federation Authentication Module (WSFederationAuthenticationModule) sign-out functionality is different than WIF 3.5. WIF 4.5 でのサインアウトの機能の詳細については、WSFederationAuthenticationModule クラスのトピックを参照してください。For more details about how sign-out works in WIF 4.5, see the WSFederationAuthenticationModule class topic.

アクティブな (WCF/WS-Trust) シナリオ:Active (WCF/WS-Trust) Scenarios:

  • Microsoft.IdentityModel.Protocols.WSTrust 名前空間は、WIF 4.5 の主に 2 つの名前空間に分割されています。The Microsoft.IdentityModel.Protocols.WSTrust namespace has been split mainly into two namespaces in WIF 4.5. WS-Trust プロトコル固有の成果物を表すクラスは System.IdentityModel.Protocols.WSTrust にあります。Classes that represent artifacts that are specific to the WS-Trust protocol are now in System.IdentityModel.Protocols.WSTrust. これには RequestSecurityToken などのクラスが含まれます。This includes classes like RequestSecurityToken. WCF アプリケーションで WS-Trust を使用して、含まれているサービス コントラクト、チャネル、サービス ホスト、およびその他の成果物を表すクラスは、System.ServiceModel.Security に移動されました (IWSTrust13AsyncContract インターフェイスなど)。Classes that represent service contracts, channels, service hosts and other artifacts that are involved in using WS-Trust in WCF applications have been moved to System.ServiceModel.Security; for example, the IWSTrust13AsyncContract interface.

  • WIF を使用するための WCF アプリケーションの構成は、大幅に単純化されました。Configuring a WCF application to use WIF has been greatly simplified. 以前は Microsoft.IdentityModel.Configuration.ConfigureServiceHostBehaviorExtensionElement は動作拡張として追加する必要があり、<federatedServiceHostConfiguration> 要素を指定することで、この機能を使用して WIF をサービス動作に追加していました。Previously the Microsoft.IdentityModel.Configuration.ConfigureServiceHostBehaviorExtensionElement had to be added as a behavior extension and this functionality was then used to wedge WIF into the service behavior by specifying a <federatedServiceHostConfiguration> element. WIF 4.5 は WCF とより密接に統合されました。WIF 4.5 has been more tightly integrated with WCF. これで、次の XML に示すように <system.serviceModel>/<behaviors>/<serviceBehaviors>/<serviceCredentials> 要素で useIdentityConfiguration 属性を指定することで WCF サービス上で WIF を有効にできます。Now you enable WIF on a WCF service by specifying the useIdentityConfiguration attribute on the <system.serviceModel>/<behaviors>/<serviceBehaviors>/<serviceCredentials> element as in the following XML:

    <serviceCredentials useIdentityConfiguration="true">
        <!--Certificate added by Identity And Access VS Package.  Subject='CN=localhost', Issuer='CN=localhost'. Make sure you have this certificate installed. The Identity and Access tool does not install this certificate.-->
        <serviceCertificate findValue="CN=localhost" storeLocation="LocalMachine" storeName="My" x509FindType="FindBySubjectDistinguishedName" />
    </serviceCredentials>
    
  • WIF 4.5 では、アクティブな (WCF) サービスが使用するサービス証明書はサービス ホストで指定する必要があります。In WIF 4.5 the service certificate used by an active (WCF) service must be specified on the service host. 構成では、前の例に示すように <system.serviceModel>/<behaviors>/<serviceBehaviors>/<serviceCredentials>/<serviceCertificate> 要素でこれを指定できます。In configuration, you can do this through the <system.serviceModel>/<behaviors>/<serviceBehaviors>/<serviceCredentials>/<serviceCertificate> element as shown in the preceding example. WIF 3.5 では、サービス証明書は WIF の <serviceCertificate> 要素の <service> 子要素により指定できます。In WIF 3.5 the service certificate could be specified through the <serviceCertificate> child element of the WIF <service> element. この機能は WIF 4.5 にはないため、代わりに <serviceCertificate> 要素の <serviceCredentials> 要素を指定します。This functionality does not exist in WIF 4.5; specify the <serviceCertificate> element under the <serviceCredentials> element instead.

  • WCF に WIF 3.5 を追加するために使用されていたクラスは存在しません。The classes used to wedge WIF 3.5 into WCF no longer exist. これには Microsoft.IdentityModel.Tokens 名前空間の FederatedSecurityTokenManagerFederatedServiceCredentialsIdentityModelServiceAuthorizationManager、および Microsoft.IdentityModel.Configuration.ConfigureServiceHostBehaviorExtensionElement クラスが含まれています。This includes the following classes in the Microsoft.IdentityModel.Tokens namespace: FederatedSecurityTokenManager, FederatedServiceCredentials, and IdentityModelServiceAuthorizationManager, as well as the Microsoft.IdentityModel.Configuration.ConfigureServiceHostBehaviorExtensionElement class.

Windows 8 で WIF 3.5 を有効にするEnabling WIF 3.5 in Windows 8

WIF 4.5 は .NET 4.5 の一部であるため、Windows 8 および Windows Server 2012 を実行するコンピューターで自動的に有効になり、WIF 4.5 を使用して作成されたアプリケーションは、既定では Windows 8 または Windows Server 2012 で実行されます。Because WIF 4.5 is part of .NET 4.5, it is automatically enabled on computers running Windows 8 and Windows Server 2012 and applications that are built using WIF 4.5 will run under Windows 8 or Windows Server 2012 by default. ただし、WIF 3.5 を使用して作成されたアプリケーションは、Windows 8 または Windows Server 2012 を実行しているコンピューター上で実行することが必要になる場合があります。However, you may need to run applications that were built using WIF 3.5 on a computer that is running Windows 8 or Windows Server 2012. この場合、ターゲット コンピューターで WIF 3.5 を有効にする必要があります。In this case, you need to enable WIF 3.5 on the target computer. これは、Windows 8 を実行するコンピューター上で、展開イメージのサービスと管理 (DISM) ツールを使用して行うことができます。On a computer running Windows 8, you can do this by using the Deployment Image Servicing and Management (DISM) tool. Windows Server 2012 を実行するコンピューターで、DISM ツールを使用するか、または Windows PowerShell の Add-WindowsFeature コマンドレットを使用できます。On a computer running Windows Server 2012, you can use the DISM tool or you can use the Windows PowerShell Add-WindowsFeature cmdlet. どちらの場合も、適切なコマンドは、コマンド ラインまたは Windows PowerShell の環境内から呼び出すことができます。In both cases, the appropriate commands can be invoked either at the command line or from inside the Windows PowerShell environment.

次のコマンドは、DISM ツールをコマンド ラインまたは Windows PowerShell の環境内から使用する方法を示します。The following commands show how to use the DISM tool from either the command line or from inside the Windows PowerShell environment. 既定では、DISM PowerShell モジュールは Windows 8 および Windows Server 2012 に含まれるので、インポートする必要はありません。By default, the DISM PowerShell module is included in Windows 8 and Windows Server 2012 and does not need to be imported. Windows PowerShell を使用した DISM の使い方の詳細については、「Windows PowerShell の DISM の使用方法」を参照してください。For more information about using DISM with Windows PowerShell, see How to Use DISM in Windows PowerShell.

DISM を使用して WIF 3.5 を有効にするには:To enable WIF 3.5 using DISM:

dism /online /enable-feature:windows-identity-foundation

DISM を使用して WIF 3.5 を無効にするには:To disable WIF 3.5 using DISM:

dism /online /disable-feature:windows-identity-foundation

DISM を使用して有効または無効にする機能を確認するには:To check which features are enabled or disabled using DISM:

dism /online /get-features

または、Windows Server 2012 を実行するコンピューターで Windows PowerShell コマンドレット Add-WindowsFeature を使用して WIF 3.5 を有効にすることができます。Alternatively, on computers running Windows Server 2012, you can enable WIF 3.5 by using the Windows PowerShell Add-WindowsFeature cmdlet. コマンド ラインから実行するには、次のコマンドを入力します。To do so from the command line, you can enter the following command:

powershell "add-windowsfeature windows-identity-foundation"

Windows PowerShell の環境内から、直接コマンドを入力できます。From inside the Windows PowerShell environment, you can enter the command directly:

Add-WindowsFeature windows-identity-foundation

注意

WIF 3.5 および WIF 4.5 では多くのクラスが同じ名前を持つため、WIF 3.5 と WIF 4.5 の両方を使用している場合は、完全修飾クラス名、または WIF 3.5 および WIF 4.5 でクラスを区別するための名前空間エイリアスを必ず使用してください。Because many of the classes in WIF 3.5 and WIF 4.5 share the same names, when you are using both WIF 3.5 and WIF 4.5 together, be sure to either use fully qualified class names or use namespace aliases to distinguish between classes in WIF 3.5 and WIF 4.5.

関連項目See also