MageUI.exe (マニフェスト生成および編集ツールのグラフィカル クライアント)MageUI.exe (Manifest Generation and Editing Tool, Graphical Client)

MageUI.exe でサポートされている機能は、コマンド ライン ツール Mage.exe の機能と同じですが、MageUI.exe には、Windows ベースのユーザー インターフェイス (UI) があります。MageUI.exe supports the same functionality as the command-line tool Mage.exe, but with a Windows-based user interface (UI). このツールを使用すると、配置マニフェストおよびアプリケーション マニフェストを作成および編集でき、これらのマニフェストに署名することができます。With this tool you can create, edit, and sign deployment and application manifests. MageUI.exe で作成される新しいマニフェストでは、.NET Framework 4 Client Profile がターゲットになります。New manifests that are created with MageUI.exe target the .NET Framework 4 Client Profile. 以前のバージョンの .NET Framework を対象にするには、以前のバージョンの MageUI.exe を使用する必要があります。Previous versions of MageUI.exe should be used to target previous .NET Framework versions. マニフェストに対してアセンブリの追加または削除を行っても、既存のマニフェストに再署名しても、MageUI.exe によって .NET Framework 4 Client Profile をターゲットにするようにマニフェストが更新されることはありません。When adding or removing assemblies from a manifest, or re-signing existing manifests, MageUI.exe does not update the manifest to target .NET Framework 4 Client Profile. 詳しくは、「Mage.exe (マニフェストの生成および編集ツール)」をご覧ください。For more information, see Mage.exe (Manifest Generation and Editing Tool).

このツールは、Visual Studio と共に自動的にインストールされます。This tool is automatically installed with Visual Studio. このツールを実行するには、Visual Studio 用開発者コマンド プロンプト (または Windows 7 の Visual Studio コマンド プロンプト) を使用します。To run the tool, use the Developer Command Prompt for Visual Studio (or the Visual Studio Command Prompt in Windows 7). 詳細については、「Visual Studio 用開発者コマンド プロンプト」を参照してください。For more information, see Command Prompts.

Visual Studio には、2 つのバージョンの Mage.exe および MageUI.exe がコンポーネントとして含まれています。Two versions of Mage.exe and MageUI.exe are included as a component of Visual Studio. バージョン情報を確認するには、MageUI.exe を実行し、 [ヘルプ] をクリックして、 [バージョン情報] をクリックします。To see version information, run MageUI.exe, select Help, and select About. このドキュメントでは、バージョン 4.0.x.x の Mage.exe および MageUI.exe について説明します。This documentation describes version 4.0.x.x of Mage.exe and MageUI.exe.

注意

MageUI.exe は、MageUI.exe を使用して証明書で署名済みのアプリケーション マニフェストを保存する場合、compatibleFrameworks 要素をサポートしません。MageUI.exe does not support the compatibleFrameworks element when saving an application manifest that has already been signed with a certificate using MageUI.exe. 代わりに Mage.exe を使用する必要があります。Instead, you must use Mage.exe.

UIElement の一覧UIElement List

次の表に、利用できるメニューおよびツール バー項目の一覧を表示します。The following table lists the menu and toolbar items that are available.

コマンドCommand メニューMenu ショートカットShortcut 説明Description
アプリケーション マニフェストApplication Manifest [ファイル] > [新規]File, New アプリケーション マニフェストを新規作成します。Creates a new application manifest.
配置マニフェストDeployment Manifest [ファイル] > [新規]File, New 配置マニフェストを新規作成します。Creates a new deployment manifest.
開くOpen ファイルFile Ctrl + OCTRL+O 既存の配置マニフェスト、アプリケーション マニフェストまたは信用ライセンスを編集用に開きます。Opens an existing deployment manifest, application manifest, or trust license for editing.
閉じるClose ファイルFile Ctrl + F4CTRL+F4 開いているファイルを閉じます。Closes an open file.

閉じるファイルが変更されていた場合は、公開キー、キー ペア、または格納済みの証明書を使ってファイルに再度署名することを求めるメッセージが表示されます。If you modify a file before closing it, MageUI.exe prompts you to re-sign the file with a public key, key pair, or stored certificate.
保存Save ファイルFile Ctrl + SCTRL+S ユーザー入力のフォーカスがある文書をディスクに保存します。Saves to disk the document which currently has user input focus.
名前を付けて保存Save As ファイルFile ファイルをディスクに保存します。この場合、ユーザーは新しいファイル名や場所を指定できます。Saves a file to disk, enabling you to supply a new file name and/or location.
すべてを保存Save All ファイルFile MageUI.exe 内で現在開かれている各ファイルに対して行った変更を保存します。Saves the changes made to all files currently open within MageUI.exe.
ユーザー設定Preferences ファイルFile [ユーザー設定] ダイアログ ボックスを開きます。Opens the Preferences dialog box. 詳細については、以下のセクションを参照してください。See the following section for more information.
終了Exit ファイルFile Alt + F4ALT+F4 MageUI.exe を終了します。Quits MageUI.exe.
切り取りCut 編集Edit Ctrl + XCTRL+X 現在選択されているテキストをアプリケーションから削除し、システムのクリップボードに移動します。Removes the currently selected text from the application and moves it to the system Clipboard.
コピーCopy 編集Edit Ctrl + CCTRL+C 現在選択されているテキストを、システムのクリップボードにコピーします。Copies the currently selected text to the system Clipboard.
貼り付けPaste 編集Edit Ctrl + VCTRL+V システム クリップボードから現在アクティブなテキスト要素にテキストを貼り付けます。Pastes text from the system Clipboard into the currently active text element.
削除Delete 編集Edit 現在選択されている一覧、たとえば [配置マニフェスト] タブの信用ライセンスなどで現在選択されている要素を削除します。Deletes an element currently selected in a list, such as a trust license on the Deployment Manifest tab.
すべて閉じるClose All ウィンドウWindow 現在 MageUI.exe で開かれているすべてのファイルを閉じます。Closes all files currently open in MageUI.exe. 保存する必要のあるファイルが存在する場合は、それらのファイルを保存するように要求するメッセージが表示されます。If one or more files need saving, MageUI.exe prompts you to save them. また、未署名のファイルや変更されたファイルについては、署名キーを選択するように示すメッセージもファイルごとに表示されます。MageUI.exe also prompts you to select a signing key for each unsigned or changed file.
バージョン情報About ヘルプHelp MageUI.exe のバージョンおよび著作権についての情報が表示されます。Displays version and copyright information about MageUI.exe.

[ユーザー設定] ダイアログ ボックスPreferences Dialog Box

[ユーザー設定] ダイアログ ボックスには、以下の項目があります。The Preferences dialog box contains the following elements.

UI 要素UI Element 説明Description
保存時に署名するSign on save 変更内容を保存するたびに、ファイルへの署名を促すメッセージが表示されます。Prompts you to sign a file whenever you save your modifications.
既定の署名用証明書を使用するUse default signing certificate どのファイルに署名する場合でも [証明書ファイル] ボックスに入力されたキーを使用します。Uses the key entered in the Certificate file text box to sign all files. こうすると、 [保存時に署名する] チェック ボックスをオンにした状態でファイルを保存した場合などに表示される、署名を要求するメッセージが表示されなくなります。This eliminates the signing prompt that typically appears when you save a file and Sign on Save is selected. キー ファイルを選択するには、 [証明書ファイル] ボックスの横の省略記号 ( ... ) ボタンをクリックします。Use the ellipsis () button next to the Certificate file text box to select a key file.
ダイジェスト アルゴリズムDigest algorithm アルゴリズムの依存関係のダイジェストを生成するように指定します。Specifies the algorithm to generate dependency digests with. 値は、"sha256RSA" または "sha1RSA" であることが必要です。Value must be "sha256RSA" or "sha1RSA". 既定として SHA1 を使用します。Uses SHA1 as the default. アプリケーション マニフェストと配置マニフェストの両方に署名します。Used both in application and deployment manifests. ユーザーがマニフェストの保存時に証明書を提供した場合、依存関係ダイジェストを生成するために証明書内のアルゴリズムを使用します。If the user provides a certificate when saving the manifest, uses the algorithms in the certificate to generate dependency digests with.

[署名オプション] ダイアログ ボックスSigning Options Dialog Box

[署名オプション] ダイアログ ボックスは、マニフェストや信用ライセンスを初めて保存する場合、またはマニフェストや信用ライセンスを変更する場合に表示されます。The Signing Options dialog box appears when you save a manifest or trust license for the first time, or when you change a manifest or trust license. [ユーザー設定] ダイアログ ボックスの [保存時に署名する] チェック ボックスがオンの場合にだけ表示されます。It only appears if the Sign on Save option in the Preferences dialog box is selected. [タイムスタンプ URI] ボックスの値を指定するマニフェストに署名するときには、インターネットに接続している必要があります。You must be connected to the Internet when signing a manifest that specifies a value in the TimeStamping URI text box.

このダイアログ ボックスには、以下の項目があります。This dialog box contains the following elements.

UI 要素UI Element 説明Description
証明書ファイルで署名するSign with certificate file ファイル システムに格納されているデジタル証明書でマニフェストに署名します。Signs the manifest with a digital certificate stored on the file system.
ファイルFile 証明書を表す .pfx ファイルのパスの入力欄です。Provides an area to type the path to the .pfx file representing the certificate.
...... 既存の .pfx ファイルを選択するための [ファイルの選択] ダイアログ ボックスを開きます。Opens a Choose File dialog box for selecting an existing .pfx file.
新規New 証明機関 (CA: Certificate Authority) によって証明できない、.pfx ファイルを新規作成します。Generates a new .pfx that is not verifiable through a Certificate Authority (CA). ClickOnce の配置に署名するために使用する証明書の種類の詳細については、「信頼されたアプリケーションの配置の概要」を参照してください。For more information about the types of certificates used for signing ClickOnce deployments, see Trusted Application Deployment Overview.
パスワードPassword この証明書で署名するために使用するパスワードの入力欄です。Provides an area to type the password used for signing with this certificate. 該当しない場合は、空白にできます。If not applicable, can be left blank.
保存された証明書で署名するSign with stored certificate 使用しているコンピューターの証明書ストアに格納されている、選択可能なデジタル署名が一覧表示されます。Displays a selectable list of digital certificates stored in your computer's certificate store.
タイムスタンプ URITimeStamping URI デジタル タイムスタンプ サービスの URI (Uniform Resource Locator) が表示されます。Displays the Uniform Resource Locator (URI) of a digital timestamping service. 次のバージョンのアプリケーションを配置する前にデジタル証明書の有効期限が切れる場合、マニフェストにタイムスタンプを設定すると、マニフェストに再署名する必要がなくなります。Timestamping the manifests prevents you from having to re-sign the manifests if your digital certificate expires before you deploy the next version of your application. 詳細については、Windows ルート証明書プログラムのメンバーに関するページと「ClickOnce and Authenticode」 (ClickOnce と Authenticode)を参照してください。For more information, see Windows root certificate program members and ClickOnce and Authenticode.
署名しないDon't Sign デジタル証明書から署名を追加せずにマニフェストを保存できます。Allows you to save the manifest without adding a signature from a digital certificate.

タブおよびパネルの説明Tab and Panel Descriptions

MageUI.exe で文書を開くと、その文書用のタブ ページに文書が表示されます。When you open a document with MageUI.exe, it appears within its own tab page. 各タブには、一連のプロパティ パネルがあります。Each tab contains a set of property panels. パネルには、文書のデータをグループ化したサブセットが表示されています。The panels contain grouped subsets of the document's data.

[アプリケーション マニフェスト] タブApplication Manifest Tab

[アプリケーション マニフェスト] タブには、アプリケーション マニフェストの内容が表示されます。The Application Manifest tab displays the contents of an application manifest. アプリケーション マニフェストには、配置に含まれるすべてのファイル、およびクライアントでアプリケーションを実行するために必要なアクセス許可が記述されています。The application manifest describes all files included with the deployment, and the permissions required for the application to run on the client.

[アプリケーション マニフェスト] タブには、次のタブが含まれます。The Application Manifest tab contains the following tabs.

UI 要素UI Element 説明Description
NameName この配置に関する識別情報を指定します。Specifies identifying information about this deployment.
説明Description 発行者、製品、およびサポート情報を指定します。Specifies publisher, product, and support information.
アプリケーション オプションApplication Options これがブラウザー アプリケーションであるかどうか、このマニフェストが信頼情報のソースであるかどうかを指定します。Specifies whether this is a browser application, and whether this manifest is the source of trust information.
ファイルFiles この配置を構成するすべてのファイルを指定します。Specifies all of the files that constitute this deployment.
必要なアクセス許可Permissions Required アプリケーションをクライアント上で実行するために必要な、最小のアクセス許可セットを指定します。Specifies the minimum permission set required by the application to run on a client.

[名前] タブName Tab

[名前] タブは、アプリケーション マニフェストを初めて作成するか開いたときに表示されます。The Name tab is displayed when you first create or open an application manifest. このタブでは、配置を一意に識別するほか、オプションで有効な対象プラットフォームを指定できます。It uniquely identifies the deployment, and optionally specifies a valid target platform.

UI 要素UI Element 説明Description
NameName 必須です。Required. アプリケーション マニフェストの名前です。The name of the application manifest. 通常、ファイル名と同じです。Usually the same as the file name.
VersionVersion 必須です。Required. N.N.N.N という形式の配置バージョン番号です。The version number of the deployment in the form N.N.N.N. 先頭のメジャー ビルド番号だけが必須です。Only the first major build number is required. たとえば、アプリケーションのバージョンが 1.0 の場合、有効な値は、1``1.01.0.0、および 1.0.0.0 です。For example, for version 1.0 of an application, valid values would include 1, 1.0, 1.0.0, and 1.0.0.0.
プロセッサProcessor 任意。Optional. この配置を実行できるコンピューターのアーキテクチャです。The machine architecture on which this deployment can run. 既定値は msil (Microsoft Intermediate Language) です。これは、すべてのマネージド アセンブリでの既定の形式です。The default is msil, or Microsoft Intermediate Language, which is the default format of all managed assemblies. アプリケーションのアセンブリを特定のアーキテクチャ用にプリコンパイルした場合は、このフィールドを変更します。Change this field if you have pre-compiled the assemblies in your application for a specific architecture. プリコンパイルの詳細については、「Ngen.exe (ネイティブ イメージ ジェネレーター)」を参照してください。For more information about pre-compilation, see Ngen.exe (Native Image Generator).
カルチャCulture 任意。Optional. このアプリケーションが実行される国/地域を、2 つの部分で構成される ISO のコードで指定します。The two-part ISO country and region code in which this application runs. 既定値は、neutral です。The default is neutral.
公開キー トークンPublic key token 省略可能です。Optional. このアプリケーション マニフェストが署名されたときの公開キーです。The public key with which this application manifest has been signed. 新しいマニフェストまたは未署名のマニフェストでは、このフィールドに [Unsigned] と表示されます。If this is a new or unsigned manifest, this field will appear as Unsigned.

[説明] タブDescription Tab

通常、この情報は配置マニフェスト内で指定します。This information is usually provided within the deployment manifest. これらのフィールドは、 [アプリケーション オプション] タブの [信頼情報のアプリケーション マニフェストを使用する] チェック ボックスをオンにした場合にのみ変更できます。These fields can only be modified if the Use Application Manifest Trust Information check box is selected on the Application Options tab.

UI 要素UI Element 説明Description
発行元Publisher このアプリケーションの責任を負う個人または組織の名前です。The name of the person or organization responsible for the application. この値は、[スタート] メニューのフォルダー名として使用されます。This value is used as the Start menu folder name.
製品Product 製品の完全な名前です。The full product name. 配置マニフェストの [配置オプション] タブで [アプリケーションの種類][ローカルにインストール] を選択した場合は、 [スタート] メニューおよび [プログラムの追加と削除] に、このアプリケーションを示す項目としてこの名前が表示されます。If you selected Install Locally for the Application Type element on the Deployment Options tab of the deployment manifest, this name will be what appears in the Start menu link and in Add or Remove Programs for this application.
サポート URLSupport Location このアプリケーションのヘルプおよびサポート情報をユーザーが入手できるサイトの URL です。The URL from which customers can obtain help and support for the application.

[アプリケーション オプション] タブApplication Options Tab

UI 要素UI Element 説明Description
Windows Presentation Foundation ブラウザー アプリケーションWindows Presentation Foundation Browser Application これが XAML ブラウザー アプリケーション (XBAP) としてブラウザーで実行される WPF アプリケーションであるかどうかを指定します。Specifies whether this is a WPF application that runs in the browser as a XAML browser application (XBAP).
信頼情報のアプリケーション マニフェストを使用するUse Application Manifest Trust Information このマニフェストに信頼情報を含めるかどうかを指定します。Specifies whether this manifest contains trust information.

[ファイル] タブFiles Tab

UI 要素UI Element 説明Description
アプリケーション ディレクトリApplication directory アプリケーションのファイルが格納されているディレクトリです。The directory in which the application's files reside. ディレクトリを選択するには、省略記号 ( ) ボタンをクリックします。Use the ellipses () button to select the directory.
作成Populate アプリケーション ディレクトリとサブディレクトリにあるすべてのファイルをアプリケーション マニフェストに追加します。Adds all of the files in the application directory and subdirectories to the application manifest. ディレクトリ内に実行可能ファイルが 1 つしか見つからなかった場合は、このファイルがエントリ ポイントとして自動的にマークされます。エントリ ポイントは、ClickOnce アプリケーションをクライアントで起動したときに、最初に実行されます。If MageUI.exe finds a single executable file in the directory, it automatically marks this as the Entry Point, which is the file first executed when the ClickOnce application is launched on the client.
アプリケーション ファイルApplication Files アプリケーション内のすべてのファイルの一覧を示します。Lists all of the files in the application. 各ファイルには、以下で説明する 3 つの編集可能な属性があります。Each file has three editable attributes, discussed below.
ファイルの種類File Type ファイルの種類は以下の 4 つのうちのいずれかです。File Type can be one of four values:

- なし。- None.
- エントリ ポイント。- Entry Point. アプリケーションのプライマリ実行可能ファイルです。The application's primary executable. エントリ ポイントとしてマークできる実行可能ファイルは 1 つだけです。Only one executable file can be marked as the entry point.
- データ ファイル。- Data File. XML ファイルなど、アプリケーションにデータを提供するためのファイルです。A file, such as an XML file, that supplies data to the application.
- アイコン ファイル。- Icon File. アプリケーション ウィンドウの隅やデスクトップに表示されるアプリケーション アイコンです。An application icon, such as appears on the desktop or in the corner of an application's window.
OptionalOptional 省略可能のマークを付けたファイルは初期インストール時や更新時にはダウンロードされませんが、System.Deployment オンデマンド API を使用して実行時にダウンロードできます。Files marked optional are not downloaded on initial install or update, but may be downloaded at run time using the System.Deployment On-Demand API. 詳細については、「チュートリアル:デザイナーを使用し、ClickOnce 配置 API で必要に応じてアセンブリをダウンロードする」を参照してください。For more information, see Walkthrough: Downloading Assemblies on Demand with the ClickOnce Deployment API Using the Designer.
グループGroup 省略可能なファイル セットのラベルです。A label for a set of optional files. ファイル セットにはグループ ラベルを付けることができ、オンデマンド API を使用して、1 回の API 呼び出しで一連のファイルをダウンロードできます。You can apply a Group label to a set of files, and use the On-Demand API to download a batch of files with a single API call.

[必要なアクセス許可] タブPermissions Required Tab

アプリケーションに対して、既定で付与される以上のローカル コンピューターへのアクセス許可を与える必要がある場合は、 [必要なアクセス許可] タブを使用します。Use the Permissions Required tab if you need to grant your application more access to the local computer than is granted by default. 詳細については、「ClickOnce アプリケーションの発行」を参照してください。For more information, see Securing ClickOnce Applications.

UI 要素UI Element 説明Description
アクセス許可セットの種類Permission set type ‏このアプリケーションをクライアントで実行するために必要な、最小のアクセス許可セットです。The minimum permission set required by this application to run on the client. これらのアクセス許可セットおよび必要なアクセス許可については、「名前付きアクセス許可セット」を参照してください。For a description of these permission sets and which permissions they do or do not demand, see Named Permission Sets.
詳細Details アクセス許可セットを表すために作成された、アプリケーション マニフェスト用の XML です。The XML created for the application manifest to represent the permission set. アプリケーション マニフェストの XML 形式に精通している場合を除き、この XML を手動で編集しないでください。Unless you have a good understanding of the application manifest XML format, you should not edit this XML manually. 詳細については、「ClickOnce アプリケーション マニフェスト」を参照してください。For more information, see ClickOnce Application Manifest.

[配置マニフェスト] タブDeployment Manifest Tab

[配置マニフェスト] タブには、次のタブが含まれます。The Deployment Manifest tab contains the following tabs.

UI 要素UI Element 説明Description
NameName この配置に関する識別情報を指定します。Specifies identifying information about this deployment.
説明Description 発行者、製品、およびサポート情報を指定します。Specifies publisher, product, and support information.
配置オプションDeployment Options アプリケーションの種類や開始場所など、配置に関する追加情報を指定します。Specifies additional information about the deployment, such as the application type and the start location.
更新オプションUpdate Options ClickOnce がアプリケーションの更新プログラムを確認する頻度を指定します。Specifies how often ClickOnce should check for application updates.
アプリケーション参照Application Reference この配置のアプリケーション マニフェストを指定します。Specifies the application manifest for this deployment.

[名前] タブName Tab

[名前] タブは、配置マニフェストを初めて作成したり開いたりしたときに表示されます。The Name tab is displayed when you first create or open a deployment manifest. このタブでは、配置を一意に識別するほか、オプションで有効な対象プラットフォームを指定できます。It uniquely identifies the deployment, and optionally specifies a valid target platform.

UI 要素UI Element 説明Description
NameName 必須です。Required. 配置マニフェストの名前です。The name of the deployment manifest. 通常、ファイル名と同じです。Usually the same as the file name.
VersionVersion 必須です。Required. N.N.N.N という形式の配置バージョン番号です。The version number of the deployment in the form N.N.N.N. 先頭のメジャー ビルド番号だけが必須です。Only the first major build number is required. たとえば、アプリケーションのバージョンが 1.0 の場合、有効な値は、1``1.01.0.0、および 1.0.0.0 です。For example, for version 1.0 of an application, valid values would include 1, 1.0, 1.0.0, and 1.0.0.0.
プロセッサProcessor 任意。Optional. この配置を実行できるコンピューターのアーキテクチャです。The machine architecture on which this deployment can run. 既定値は msil (Microsoft Intermediate Language) です。これは、すべてのマネージド アセンブリの既定の形式です。The default is msil, or Microsoft Intermediate Language, the default format of all managed assemblies. アプリケーションのアセンブリを特定のアーキテクチャ用にコンパイルした場合は、このフィールドを変更します。Change this field if you have compiled the assemblies in your application for a specific architecture.
カルチャCulture 任意。Optional. このアプリケーションの実行環境となる、ISO の国/地域コードです。2 つの部分で構成されています。The two-part ISO country/region code in which this application runs. 既定値は、neutral です。The default is neutral.
公開キー トークンPublic key token 任意。Optional. この配置マニフェストが署名されたときの公開キーです。The public key with which this deployment manifest has been signed. 新しいマニフェストまたは未署名のマニフェストでは、このフィールドに [Unsigned] と表示されます。If this is a new or unsigned manifest, this field will appear as Unsigned.

[説明] タブDescription Tab

UI 要素UI Element 説明Description
発行元Publisher 必須です。Required. このアプリケーションの責任を負う個人または組織の名前です。The name of the person or organization responsible for the application. この値は、[スタート] メニューのフォルダー名として使用されます。This value is used as the Start menu folder name.
製品Product 必須です。Required. 製品の完全な名前です。The full product name. [配置オプション] タブで [アプリケーションの種類][ローカルにインストール] を選択した場合は、 [スタート] メニューおよび [プログラムの追加と削除] に、このアプリケーションを示す項目としてこの名前が表示されます。If you selected Install Locally for the Application Type element on the Deployment Options tab, this name will be what appears in the Start menu link and in Add or Remove Programs for this application.
サポート URLSupport Location 任意。Optional. このアプリケーションのヘルプおよびサポート情報をユーザーが入手できるサイトの URL です。The URL from which customers can obtain help and support for the application.

[配置オプション] タブDeployment Options Tab

UI 要素UI Element 説明Description
アプリケーションの種類Application Type 任意。Optional. このアプリケーションが、クライアント コンピューターにインストールされるか ( [ローカルにインストール] )、オンラインで実行されるか ( [オンラインのみ] )、ブラウザーで実行される WPF アプリケーションか ([WPF ブラウザー アプリケーション] ) を指定します。Specifies whether this application installs itself to the client computer (Install Locally), runs online (Online Only), or is a WPF application that runs in the browser (WPF Browser Application). 既定値は [ローカルにインストール] です。The default is Install Locally.
開始位置Start Location 任意。Optional. アプリケーションを実際に起動するサイトの URL です。The URL from which the application should actually be started. CD からアプリケーションを配置し、Web サイト経由で更新する必要がある場合に便利です。Useful when deploying an application from a CD that should update itself from the Web.
開始場所 (ProviderURL) をマニフェストに含めるInclude Start Location (ProviderURL) in the manifest 任意。Optional. ClickOnce でアプリケーションの更新プログラムのチェックを行う場合に参照する URL を指定します。Specifies the URL which ClickOnce will examine for application updates.
インストール後にアプリケーションを自動的に実行するAutomatically run application after installing 必須です。Required. URL からの最初のインストールが完了したら、すぐにアプリケーションを実行するように ClickOnce に指定します。Specifies that the ClickOnce application should run immediately after the initial installation from a URL. 既定では、チェック ボックスがオンになっています。The default is the check box is selected.
URL パラメーターをアプリケーションに渡すことを許可するAllow URL parameters to be passed to application 必須です。Required. 配置マニフェストの URL にクエリ文字列を追加することで、ClickOnce アプリケーションにパラメーター データを渡すことができるようにします。Permits the transfer of parameter data to the ClickOnce application through a query string appended to the deployment manifest's URL. 既定では、チェック ボックスがオフになっています。The default is the check box is cleared.
.deploy ファイル拡張子を使用するUse .deploy file extension 必須です。Required. オンにした場合、アプリケーション マニフェストのすべてのファイルの拡張子が .deploy になります。When selected, all files in the application manifest must have the .deploy extension. 既定では、チェック ボックスがオフになっています。The default is the check box is cleared.

[更新オプション] タブUpdate Options Tab

[更新オプション] タブには、 [名前] タブの [アプリケーションの種類] 選択ボックスで [ローカルにインストール] が選択されている場合にのみ、ここで説明するオプションが表示されます。The Update Options tab only contains options mentioned here when the Application Type selection box on the Name tab is set to Install Locally.

UI 要素UI Element 説明Description
このアプリケーションの更新プログラムを確認するThis application should check for updates ClickOnce でアプリケーションの更新プログラムを確認する必要があるかどうかを指定します。Specifies whether ClickOnce should check for application updates. このチェック ボックスをオフにした場合、アプリケーションの更新情報は確認されません。ただし、System.Deployment.Application 名前空間の API を使用すると、プログラムによってアプリケーションを更新できます。If this check box is not selected, the application will not check for updates unless you update it programmatically by using the APIs in the System.Deployment.Application namespace.
アプリケーションの更新を確認する方法を選択してくださいChoose when the application should check for updates 更新プログラムの確認について次の 2 つのオプションがあります。Provides two options for update checks:

- アプリケーションの開始前に行う- Before the application starts. アプリケーションを実行する前に更新プログラムを確認します。The update check is performed prior to application execution.
- アプリケーションの開始後に行う- After the application starts. アプリケーションのメイン フォームが初期化されると更新プログラムの確認が開始され、アプリケーションが次に起動されたときに更新プログラムの確認が実行されます。The update check begins once the main form of the application has initialized, and will run the next time the application starts.
更新プログラムの確認の頻度Update check frequency ClickOnce で更新プログラムを確認する頻度を指定します。Determines how often ClickOnce should check for updates:

- アプリケーションが実行するたびに確認する- Check every time the application runs. ClickOnce では、ユーザーがアプリケーションを起動するたびに更新プログラムが確認されます。ClickOnce will perform an update check every time the user opens the application.
- 確認する間隔: 更新プログラムを確認するまでの経過時間の間隔と単位 (時間、日、または週) を選択します。- Check every: Select a time interval and a unit (hours, days, or weeks) that must elapse before checking for updates.
このアプリケーションに最低限必要なバージョンを指定するSpecify a minimum required version for this application 任意。Optional. アプリケーションの特定のバージョンを必須インストールとして指定し、ユーザーが旧バージョンを使用しないようにします。Specifies that a specific version of your application is a required installation, preventing your users from working with an earlier version.
VersionVersion [このアプリケーションに最低限必要なバージョンを指定する] チェック ボックスをオンにした場合は必須です。Required if Specify a minimum required version for this application check box is selected. 指定されたバージョン番号が N.N.N.N という形式である必要があります。The version number supplied must be of the form N.N.N.N. 先頭のメジャー ビルド番号だけが必須です。Only the first major build number is required. たとえば、アプリケーションのバージョンが 1.0 の場合、有効な値は、1``1.01.0.0、および 1.0.0.0 です。For example, for version 1.0 of an application, valid values would include 1, 1.0, 1.0.0, and 1.0.0.0.

[アプリケーション参照] タブApplication Reference Tab

[アプリケーション参照] タブには、このトピックで既に説明した [名前] タブと同じフィールドがあります。The Application Reference tab contains the same fields as the Name tab described earlier in this topic. ただし、次のフィールドだけが異なります。The one exception is the following field.

UI 要素UI Element 説明Description
マニフェストの選択Select Manifest アプリケーション マニフェストを選択できます。Allows you to choose the application manifest. アプリケーション マニフェストを選択すると、このページの他のすべてのフィールドの値が設定されます。All of the other fields on this page will populate when you choose an application manifest.

関連項目See also