マネージド コード用の UI オートメーション クライアントに関する「方法」トピックUI Automation Clients for Managed Code How-to Topics

注意

このドキュメントは、UI オートメーションUI Automation 名前空間で定義されているマネージド System.Windows.Automation クラスを使用する .NET Framework 開発者を対象としています。This documentation is intended for .NET Framework developers who want to use the managed UI オートメーションUI Automation classes defined in the System.Windows.Automation namespace. UI オートメーションUI Automationの最新情報については、「 Windows Automation API: UI オートメーション」を参照してください。For the latest information about UI オートメーションUI Automation, see Windows Automation API: UI Automation.

ここでは、クライアントアプリケーションで Microsoft UI オートメーションMicrosoft UI Automation の機能を実装する方法について詳しく説明します。This section provides detailed information about implementing features of Microsoft UI オートメーションMicrosoft UI Automation in a client application.

このセクションの内容In This Section

プロパティ条件に基づく UI オートメーション要素の検索Find a UI Automation Element Based on a Property Condition
TreeWalker を使用した UI オートメーション要素間の移動Navigate Among UI Automation Elements with TreeWalker
リスト項目の UI オートメーション要素の検索Find a UI Automation Element for a List Item
UI オートメーション要素のプロパティの取得Get UI Automation Element Properties
UI オートメーションにおけるキャッシュの使用Use Caching in UI Automation
UI オートメーション イベントのサブスクライブSubscribe to UI Automation Events
クライアント側プロバイダー アセンブリの登録Register a Client-Side Provider Assembly
AutomationID プロパティの使用Use the AutomationID Property