CorDebugCodeInvokeKind 列挙体CorDebugCodeInvokeKind Enumeration

エクスポートされた関数がマネージド コードを呼び出す方法を示します。Describes how an exported function invokes managed code.

構文Syntax

typedef enum CorDebugCodeInvokeKind  
{  
    CODE_INVOKE_KIND_NONE,
    CODE_INVOKE_KIND_RETURN,
    CODE_INVOKE_KIND_TAILCALL,
} CorDebugCodeInvokeKind;  

メンバーMembers

メンバーMember 説明Description
CODE_INVOKE_KIND_NONE マネージド コードがこのメソッドによって呼び出される場合は、明示的なイベントまたはブレークポイントによって後で配置する必要があります。If any managed code is invoked by this method, it will have to be located by explicit events or breakpoints later.

または--or--

このメソッドが呼び出すマネージド コードは、停止する簡単な方法がないため、一部を見逃す可能性があります。We may just miss some of the managed code this method calls because there is no easy way to stop on it.

または--or--

メソッドがマネージド コードを呼び出さない可能性があります。The method may never invoke managed code.
CODE_INVOKE_KIND_RETURN このメソッドは、戻り命令を使用してマネージド コードを呼び出します。This method will invoke managed code via a return instruction. ステップ アウトは次のマネージド コードに到達する必要があります。Stepping out should arrive at the next managed code.
CODE_INVOKE_KIND_TAILCALL このメソッドは、末尾呼び出しを使用してマネージド コードを呼び出します。This method will invoke managed code via a tail-call. いずれかの呼び出し命令をシングル ステップ実行およびステップ オーバーすると、マネージド コードに到達します。Single-stepping and stepping over any call instructions should arrive at managed code.

解説Remarks

この列挙体は、マネージ コードのステップ実行に関する情報を提供するために、ICorDebugProcess6::GetExportStepInfoメソッドによって使用されます。This enumeration is used by the ICorDebugProcess6::GetExportStepInfo method to provide information about stepping through managed code.

注意

この列挙型は .NET ネイティブのデバッグ シナリオのみで使用することを目的としています。This enumeration is intended for use in .NET Native debugging scenarios only.

必要条件Requirements

:システム要件」を参照してください。Platforms: See System Requirements.

ヘッダー: CorDebug.idl、CorDebug.hHeader: CorDebug.idl, CorDebug.h

ライブラリ: CorGuids.libLibrary: CorGuids.lib

.NET Framework のバージョン: 4.6 以降、.NET ネイティブのみで使用できますAvailable since 4.6, .NET Native only.NET Framework Versions: 4.6 以降、.NET ネイティブのみで使用できますAvailable since 4.6, .NET Native only

関連項目See also