ICLRDataTarget3::GetExceptionThreadID メソッドICLRDataTarget3::GetExceptionThreadID Method

例外をスローしたスレッドの ID を取得するために、共通言語ランタイム (CLR) データ アクセス サービスによって呼び出されます。Called by the common language runtime (CLR) data access services to get the ID of the thread that threw the exception.

構文Syntax

HRESULT GetExceptionThreadID(  
    [out] ULONG32* threadID  
);  

パラメーターParameters

threadID
[out] 例外をスローしたスレッドの ID。[out] The ID of the thread that threw the exception.

戻り値Return Value

戻り値は、成功の場合は S_OK で、失敗の場合は HRESULT コードです。The return value is S_OK on success, or a failure HRESULT code on failure. 次が HRESULT コードに含まれることはありますが、限定されているわけではありません。The HRESULT codes can include but are not limited to the following:

リターン コードReturn code 説明Description
S_OK メソッドが成功しました。Method succeeded.
HRESULT_FROM_WIN32(ERROR_NOT_FOUND) 例外の有効なスレッド ID を見つけることができませんでした。Could not find a valid thread ID for the exception.

解説Remarks

このメソッドは、デバッグ アプリケーションの作成者によって実装されます。This method is implemented by the writer of the debugging application.

必要条件Requirements

:システム要件」を参照してください。Platforms: See System Requirements.

ヘッダー: ClrData .idl, ClrData .hHeader: ClrData.idl, ClrData.h

ライブラリ: CorGuids.libLibrary: CorGuids.lib

.NET Framework のバージョン:2013 年 11 月更新 4.5.1 以降で利用可能Available since November 2013 update to 4.5.1.NET Framework Versions: 2013 年 11 月更新 4.5.1 以降で利用可能Available since November 2013 update to 4.5.1

関連項目See also