ICorDebugProcess::ReadMemory メソッドICorDebugProcess::ReadMemory Method

このプロセスの指定したメモリ領域を読み取ります。Reads a specified area of memory for this process.

構文Syntax

HRESULT ReadMemory(  
    [in]  CORDB_ADDRESS address,
    [in]  DWORD size,  
    [out, size_is(size), length_is(size)] BYTE buffer[],  
    [out] SIZE_T *read);  

パラメーターParameters

address
からCORDB_ADDRESS読み取るメモリのベースアドレスを指定する値。[in] A CORDB_ADDRESS value that specifies the base address of the memory to be read.

size
からメモリから読み取るバイト数。[in] The number of bytes to be read from memory.

buffer
入出力メモリの内容を受け取るバッファー。[out] A buffer that receives the contents of the memory.

read
入出力指定したバッファーに転送されたバイト数へのポインター。[out] A pointer to the number of bytes transferred into the specified buffer.

RemarksRemarks

メソッドは、主に、 ReadMemory デバッグ対象のアンマネージ部分で使用されているメモリ領域を検査するために相互運用機能デバッグによって使用されることを意図しています。The ReadMemory method is primarily intended to be used by interop debugging to inspect memory regions that are being used by the unmanaged portion of the debuggee. このメソッドを使用して、Microsoft 中間言語 (MSIL) コードとネイティブの JIT コンパイルコードを読み取ることもできます。This method can also be used to read Microsoft intermediate language (MSIL) code and native JIT-compiled code.

マネージブレークポイントは、パラメーターで返されたデータから削除され buffer ます。Any managed breakpoints will be removed from the data that is returned in the buffer parameter. ICorDebugProcess2:: SetUnmanagedBreakpointによって設定されたネイティブブレークポイントに対して調整は行われません。No adjustments will be made for native breakpoints set by ICorDebugProcess2::SetUnmanagedBreakpoint.

プロセスメモリのキャッシュは実行されません。No caching of process memory is performed.

必要条件Requirements

:システム要件」を参照してください。Platforms: See System Requirements.

ヘッダー: CorDebug.idl、CorDebug.hHeader: CorDebug.idl, CorDebug.h

ライブラリ: CorGuids.libLibrary: CorGuids.lib

.NET Framework のバージョン:1.0 以降で使用可能Available since 1.0.NET Framework Versions: 1.0 以降で使用可能Available since 1.0