ICorDebugProcess2::SetUnmanagedBreakpoint メソッドICorDebugProcess2::SetUnmanagedBreakpoint Method

指定したネイティブイメージオフセットにアンマネージブレークポイントを設定します。Sets an unmanaged breakpoint at the specified native image offset.

構文Syntax

HRESULT SetUnmanagedBreakpoint (  
    [in]  CORDB_ADDRESS    address,  
    [in]  ULONG32          bufsize,  
    [out, size_is(bufsize), length_is(*bufLen)]
        BYTE               buffer[],  
    [out] ULONG32          *bufLen  
);  

パラメーターParameters

address
からCORDB_ADDRESSネイティブイメージオフセットを指定するオブジェクト。[in] A CORDB_ADDRESS object that specifies the native image offset.

bufsize
から配列のサイズ (バイト単位) buffer[in] The size, in bytes, of the buffer array.

buffer
入出力ブレークポイントによって置き換えられるオペコードを格納している配列。[out] An array that contains the opcode that is replaced by the breakpoint.

bufLen
入出力配列で返されたバイト数へのポインター buffer[out] A pointer to the number of bytes returned in the buffer array.

RemarksRemarks

ネイティブイメージオフセットが共通言語ランタイム (CLR) 内にある場合、ブレークポイントは無視されます。If the native image offset is within the common language runtime (CLR), the breakpoint will be ignored. これにより、ブレークポイントがデバッガーによって設定されたときに、CLR は帯域外のブレークポイントのディスパッチを回避できます。This allows the CLR to avoid dispatching an out-of-band breakpoint, when the breakpoint is set by the debugger.

必要条件Requirements

:システム要件」を参照してください。Platforms: See System Requirements.

ヘッダー: CorDebug.idl、CorDebug.hHeader: CorDebug.idl, CorDebug.h

ライブラリ: CorGuids.libLibrary: CorGuids.lib

.NET Framework のバージョン:2.0 以降で使用可能Available since 2.0.NET Framework Versions: 2.0 以降で使用可能Available since 2.0