CorBindToRuntimeHost 関数CorBindToRuntimeHost Function

ホストが、指定したバージョンの共通言語ランタイム (CLR: Common Language Runtime) をプロセスに読み込むことができるようにします。Enables hosts to load a specified version of the common language runtime (CLR) into a process.

この関数は .NET Framework 4 で非推奨とされました。This function has been deprecated in the .NET Framework 4.

構文Syntax

HRESULT CorBindToRuntimeHost (  
    [in] LPCWSTR       pwszVersion,
    [in] LPCWSTR       pwszBuildFlavor,
    [in] LPCWSTR       pwszHostConfigFile,
    [in] VOID*         pReserved,
    [in] DWORD         startupFlags,
    [in] REFCLSID      rclsid,
    [in] REFIID        riid,
    [out] LPVOID FAR  *ppv  
);  

パラメーターParameters

pwszVersion
[入力] 読み込む CLR のバージョンを示す文字列。[in] A string that describes the version of the CLR you want to load.

.NET Framework のバージョン番号は、ピリオドで区切られた4 つの部分で構成されます。A version number in the .NET Framework consists of four parts separated by periods: major.minor.build.revision. pwszVersion として渡される文字列は、文字 "v" で始まり、バージョン番号の最初の 3 つの部分がその後に続く必要があります (たとえば "v1.0.1529")。The string passed as pwszVersion must start with the character "v" followed by the first three parts of the version number (for example, "v1.0.1529").

いくつかのバージョンの CLR は、以前のバージョンの CLR との互換性を指定するポリシー ステートメントと共にインストールされています。Some versions of the CLR are installed with a policy statement that specifies compatibility with previous versions of the CLR. 既定では、スタートアップ shim により、ポリシー ステートメントに対して pwszVersion が評価され、要求されたバージョンと互換性がある最新バージョンのランタイムが読み込まれます。By default, the startup shim evaluates pwszVersion against policy statements and loads the latest version of the runtime that is compatible with the version being requested. ホストは shim に対し、pwszVersion パラメーターで値 STARTUP_LOADER_SAFEMODE を渡すことにより、ポリシー評価を省略し、startupFlags で指定されたバージョンとまったく同じバージョンを読み込ませることができます。A host can force the shim to skip policy evaluation and load the exact version specified in pwszVersion by passing a value of STARTUP_LOADER_SAFEMODE for the startupFlags parameter.

pwszVersionnull, の場合、メソッドはどのバージョンの CLR も読み込みません。If pwszVersion is null, the method does not load any version of the CLR. 代わりに、ランタイムの読み込みに失敗したことを示す CLR_E_SHIM_RUNTIMELOAD が返されます。Instead, it returns CLR_E_SHIM_RUNTIMELOAD, which indicates that it failed to load the runtime.

pwszBuildFlavor
[入力] CLR のサーバー ビルドまたはワークステーション ビルドのどちらを読み込むかを指定する文字列。[in] A string that specifies whether to load the server or the workstation build of the CLR. 有効な値は、svrwks です。Valid values are svr and wks. ワークステーション ビルドはシングルプロセッサ コンピューターでクライアント アプリケーションを実行するために最適化され、サーバー ビルドはガベージ コレクションでマルチ プロセッサを利用するために最適化されています。The server build is optimized to take advantage of multiple processors for garbage collections, and the workstation build is optimized for client applications running on a single-processor machine.

pwszBuildFlavorが null に設定されている場合、ワークステーションのビルドが読み込まれます。If pwszBuildFlavor is set to null, the workstation build is loaded. をシングルプロセッサコンピューターで実行する場合、がに設定されていても、ワークステーションのビルドは常に読み込まれ pwszBuildFlavor svr ます。When running on a single-processor machine, the workstation build is always loaded, even if pwszBuildFlavor is set to svr. ただし、 pwszBuildFlavor がに設定され、 svr 同時実行ガベージコレクションが指定されている場合 (パラメーターの説明を参照 startupFlags )、サーバービルドが読み込まれます。However, if pwszBuildFlavor is set to svr and concurrent garbage collection is specified (see the description of the startupFlags parameter), the server build is loaded.

注意

同時実行ガベージ コレクションは、Intel Itanium アーキテクチャ (以前の IA-64) を実装する 64 ビット システム上で WOW64 x86 エミュレーターを実行しているアプリケーションではサポートされません。Concurrent garbage collection is not supported in applications running the WOW64 x86 emulator on 64-bit systems that implement the Intel Itanium architecture (formerly called IA-64). 64ビット Windows システムでの WOW64 の使用の詳細については、「 32 ビットアプリケーションの実行」を参照してください。For more information about using WOW64 on 64-bit Windows systems, see Running 32-bit Applications.

pwszHostConfigFile
[入力] 読み込む CLR のバージョンを指定するホスト構成ファイルの名前。[in] The name of a host configuration file that specifies the version of the CLR to load. ファイル名に絶対パスが含まれていない場合、ファイルは呼び出しを行った実行可能ファイルと同じディレクトリにあるものと見なされます。If the file name does not include a fully qualified path, the file is assumed to be in the same directory as the executable that is making the call.

pReserved
[入力] 将来の機能拡張に備えて予約されています。[in] Reserved for future extensibility.

startupFlags
[入力] 同時実行ガベージ コレクション、ドメインに中立なコード、および pwszVersion パラメーターの動作を制御するフラグのセット。[in] A set of flags that controls concurrent garbage collection, domain-neutral code, and the behavior of the pwszVersion parameter. どのフラグも設定されていない場合は、既定はシングル ドメインになります。The default is single domain if no flag is set. サポートされている値の一覧については、 STARTUP_FLAGS 列挙体を参照してください。For a list of supported values, see the STARTUP_FLAGS enumeration.

rclsid
からCLSID ICorRuntimeHostまたはICLRRuntimeHostのいずれかのインターフェイスを実装するコクラスの。[in] The CLSID of the coclass that implements either the ICorRuntimeHost or the ICLRRuntimeHost interface. サポートされている値は CLSID_CorRuntimeHost と CLSID_CLRRuntimeHost です。Supported values are CLSID_CorRuntimeHost or CLSID_CLRRuntimeHost.

riid
[入力] 要求するインターフェイスの IID[in] The IID of the interface you are requesting. サポートされている値は IID_ICorRuntimeHost と IID_ICLRRuntimeHost です。Supported values are IID_ICorRuntimeHost or IID_ICLRRuntimeHost.

ppv
[出力] 読み込まれたランタイムのバージョンへのインターフェイス ポインター。[out] An interface pointer to the version of the runtime that was loaded.

要件Requirements

:システム要件」を参照してください。Platforms: See System Requirements.

ヘッダー: Mscoree.dllHeader: MSCorEE.idl

ライブラリ: Mscoree.dllLibrary: MSCorEE.dll

.NET Framework のバージョン:1.0 以降で使用可能Available since 1.0.NET Framework Versions: 1.0 以降で使用可能Available since 1.0

関連項目See also