EPolicyAction 列挙型EPolicyAction Enumeration

EClrOperationによって記述された操作やeclrfailureによって記述されたエラーについて、ホストが設定できるポリシーアクションについて説明します。Describes the policy actions the host can set for operations described by EClrOperation and failures described by EClrFailure.

構文Syntax

typedef enum {  
    eNoAction,  
    eThrowException,  
    eAbortThread,  
    eRudeAbortThread,  
    eUnloadAppDomain,  
    eRudeUnloadAppDomain,  
    eExitProcess,  
    eFastExitProcess,  
    eRudeExitProcess,  
    eDisableRuntime  
} EPolicyAction;  

メンバーMembers

メンバーMember 説明Description
eAbortThread 共通言語ランタイム (CLR) がスレッドを正常に中止する必要があることを指定します。Specifies that the common language runtime (CLR) should abort the thread gracefully. 正常な中止には、すべての finally ブロック、スレッドの中止に関連するすべての catch ブロック、およびファイナライザーを実行する試行が含まれます。A graceful abort includes attempts to run all finally blocks, any catch blocks related to thread aborts, and finalizers.
eDisableRuntime CLR が無効化された状態になるように指定します。Specifies that the CLR should enter a disabled state. 影響を受けるプロセスでは、それ以上のマネージコードを実行できず、スレッドは CLR への入力がブロックされます。No further managed code can be executed in the affected process, and threads are blocked from entering the CLR.
eExitProcess CLR がプロセスを正常に終了する必要があることを指定します。これには、ファイナライザーの実行やクリーンアップおよびログ操作の実行が含まれます。Specifies that the CLR should attempt a graceful exit of the process, including running finalizers and performing cleanup and logging operations.
eFastExitProcess CLR がファイナライザーを実行したりクリーンアップ操作やログ操作を実行したりせずに、プロセスをすぐに終了するように指定します。Specifies that the CLR should exit the process immediately, without running finalizers or performing cleanup and logging operations. ただし、通知はデバッガーに送信されます。However, notification is sent to the debugger.
eNoAction アクションを実行しないことを指定します。Specifies that no action should be taken.
eRudeAbortThread CLR がルースレッド中止を実行することを指定します。Specifies that the CLR should perform a rude thread abort. MustRunInClientContextAttribute でマークされた catch および finally ブロックだけが実行されます。Only those catch and finally blocks marked with MustRunInClientContextAttribute are executed.
eRudeExitProcess CLR がファイナライザーまたはログ操作を実行せずにプロセスを終了する必要があることを指定します。Specifies that the CLR should exit the process without running finalizers or logging operations.
eRudeUnloadAppDomain CLR が AppDomainのルードアンロードを実行する必要があることを指定します。Specifies that the CLR should perform a rude unload of the AppDomain. MustRunInClientContextAttribute でマークされたファイナライザーだけが実行されます。Only finalizers marked with MustRunInClientContextAttribute are executed. 同様に、スタック内のこの AppDomain を持つすべてのスレッドは ThreadAbortExceptionを受け取りますが、MustRunInClientContextAttribute でマークされた catch および finally ブロックだけが実行されます。Similarly, all threads with this AppDomain in their stack receive a ThreadAbortException, but only those catch and finally blocks marked with MustRunInClientContextAttribute are executed.
eThrowException メモリ不足、バッファーオーバーフローなどの条件に適した例外をスローする必要があることを指定します。Specifies that an exception appropriate to the condition, such as out-of-memory, buffer overflow, and so forth, should be thrown.
eUnloadAppDomain AppDomain をアンロードする必要があることを指定します。Specifies that the AppDomain should be unloaded. CLR はファイナライザーの実行を試みます。The CLR attempts to run finalizers.

RemarksRemarks

ホストは、 ICLRPolicyManagerインターフェイスのメソッドを呼び出すことによって、ポリシーアクションを設定します。The host sets policy actions by calling methods of the ICLRPolicyManager interface. ルードと正常な中止の詳細については、 EClrOperation列挙体を参照してください。For information about rude and graceful aborts, see the EClrOperation enumeration.

[要件]Requirements

:システム要件」を参照してください。Platforms: See System Requirements.

ヘッダー: Mscoree.dllHeader: MSCorEE.h

ライブラリ: Mscoree.dllLibrary: MSCorEE.dll

.NET Framework のバージョン: 2.0 以降で使用可能Available since 2.0.NET Framework Versions: 2.0 以降で使用可能Available since 2.0

関連項目See also