ICLRMetaHost::GetRuntime メソッド

特定のバージョンの共通言語ランタイム (CLR) に対応する ICLRRuntimeInfo インターフェイスを取得します。 このメソッドは、STARTUP_LOADER_SAFEMODEフラグと共に使用される CorBindToRuntimeEx 関数よりも優先されます。

構文

HRESULT GetRuntime (  
    [in] LPCWSTR pwzVersion,  
    [in] REFIID riid,  
    [out,iid_is(riid), retval] LPVOID *ppRuntime  
);  

パラメーター

pwzVersion
[in] "v A.B[.X]" という形式でメタデータに格納された .NET Framework のコンパイル バージョン。 AB、および X は、メジャー バージョン、マイナー バージョン、およびビルド番号に対応する 10 進数です。

注意

このパラメーターは、C:\Windows\Microsoft.NET\Framework または C:\Windows\Microsoft.NET\Framework64 の下に表示される .NET Framework バージョンのディレクトリ名と一致する必要があります。

値の例としては、"v1.0.3705"、"v1.1.4322"、"v2.0.50727"、および "v4.0.X" があります。ここで X は、インストールされているビルド番号に依存します。 "v" プレフィックスが必要です。

riid
[in] 目的のインターフェイスの識別子。 現在、このパラメーターの有効な値は IID_ICLRRuntimeInfo だけです。

ppRuntime
[out] 要求されたランタイムに対応する ICLRRuntimeInfo インターフェイスへのポインター。

戻り値

このメソッドは、次の特定の HRESULT と、メソッドの失敗を示す HRESULT エラーも返します。

HRESULT 説明
S_OK メソッドは正常に完了しました。
E_POINTER pwzVersion または ppRuntime が null です。

解説

このメソッドは、ICorRuntimeHost インターフェイスなどのレガシ インターフェイスや、非推奨の CorBindTo* 関数などのレガシ関数と整合性を保って相互作用します (.NET Framework 2.0 ホスティング API の「非推奨の CLR ホスト関数」を参照してください)。 つまり、レガシ API を使って読み込まれたランタイムは新しい API から参照でき、新しい API を使って読み込まれたランタイムはレガシ API から参照できます。

必要条件

:システム要件」を参照してください。

ヘッダー: MetaHost.h

ライブラリ: MSCorEE.dll にリソースとして含まれます

.NET Framework のバージョン: 4 以降で使用可能

関連項目