ICLRRuntimeInfo::GetProcAddress メソッドICLRRuntimeInfo::GetProcAddress Method

このインターフェイスに関連付けられている共通言語ランタイム (CLR) からエクスポートされた、指定された関数のアドレスを取得します。Gets the address of a specified function that was exported from the common language runtime (CLR) associated with this interface.

このメソッドは、 GetRealProcAddress関数。This method supersedes the GetRealProcAddress function.

構文Syntax

HRESULT GetProcAddress(  
     [in]  LPCSTR pszProcName,  
     [out, retval] LPVOID *ppProc);  

パラメーターParameters

pszProcName
[in]エクスポートされた関数の名前。[in] The name of the exported function.

ppProc
[out]エクスポートされた関数のアドレス。[out] The address of the exported function.

戻り値Return Value

このメソッドは、次の特定の HRESULT と、メソッドの失敗を示す HRESULT エラーも返します。This method returns the following specific HRESULTs as well as HRESULT errors that indicate method failure.

HRESULTHRESULT 説明Description
S_OKS_OK メソッドは正常に完了しました。The method completed successfully.
E_POINTERE_POINTER pszProcName または ppProc が null です。pszProcName or ppProc is null.
CLR_E_SHIM_RUNTIMEEXPORTCLR_E_SHIM_RUNTIMEEXPORT 指定された関数は、エクスポートされた関数ではありません。The specified function is not an exported function.

RemarksRemarks

このメソッドにより、CLR が読み込まれますが、初期化されていません。This method causes the CLR to be loaded but not initialized.

必要条件Requirements

プラットフォーム:システム要件に関するページを参照してください。Platforms: See System Requirements.

ヘッダー: MetaHost.hHeader: MetaHost.h

ライブラリ: MSCorEE.dll でリソースとして含まれますLibrary: Included as a resource in MSCorEE.dll

.NET Framework のバージョン: 4 以降で使用可能Available since 4.NET Framework Versions: 4 以降で使用可能Available since 4

関連項目See also