IHostTaskManager インターフェイスIHostTaskManager Interface

標準のオペレーティングシステムのスレッド処理やファイバー関数を使用する代わりに、共通言語ランタイム (CLR) がホストを通じてタスクを操作できるようにするメソッドを提供します。Provides methods that allow the common language runtime (CLR) to work with tasks through the host instead of using the standard operating system threading or fiber functions.

メソッドMethods

メソッドMethod 説明Description
BeginDelayAbort メソッドBeginDelayAbort Method マネージコードが、現在のタスクを中止できない期間を入力していることをホストに通知します。Notifies the host that managed code is entering a period in which the current task must not be aborted.
BeginThreadAffinity メソッドBeginThreadAffinity Method マネージコードが、現在のタスクを別のオペレーティングシステムのスレッドに移動できない期間を入力していることをホストに通知します。Notifies the host that managed code is entering a period in which the current task must not be moved to another operating system thread.
CallNeedsHostHook メソッドCallNeedsHostHook Method 共通言語ランタイムがアンマネージ関数に対して指定された呼び出しをインライン展開できるかどうかを指定できるようにします。Enables the host to specify whether the common language runtime can inline the specified call to an unmanaged function.
CreateTask メソッドCreateTask Method ホストが新しいタスクを作成することを要求します。Requests that the host create a new task.
EndDelayAbort メソッドEndDelayAbort Method を以前に呼び出した後に、マネージコードが現在のタスクを中止できない期間を終了することをホストに通知し BeginDelayAbort ます。Notifies the host that managed code is exiting the period in which the current task must not be aborted, following an earlier call to BeginDelayAbort.
EndThreadAffinity メソッドEndThreadAffinity Method 以前にを呼び出した後に、マネージコードが、現在のタスクを別のオペレーティングシステムのスレッドに移動できない期間を終了していることをホストに通知し BeginThreadAffinity ます。Notifies the host that managed code is exiting the period in which the current task must not be moved to another operating system thread, following an earlier call to BeginThreadAffinity.
EnterRuntime メソッドEnterRuntime Method プラットフォーム呼び出しメソッドなどのアンマネージメソッドへの呼び出しが実行制御を CLR に返すことをホストに通知します。Notifies the host that a call to an unmanaged method, such as a platform invoke method, is returning execution control to the CLR.
GetCurrentTask メソッドGetCurrentTask Method この呼び出しが行われたオペレーティングシステムスレッドで現在実行されているタスクへのインターフェイスポインターを取得します。Gets an interface pointer to the task that is currently executing on the operating system thread from which this call is made.
GetStackGuarantee メソッドGetStackGuarantee Method スタック操作が完了した後、プロセスが終了する前に使用可能であることが保証されているスタック領域の量を取得します。Gets the amount of stack space that is guaranteed to be available after a stack operation completes, but before the closing of a process.
LeaveRuntime メソッドLeaveRuntime Method マネージコードがアンマネージ関数の呼び出しを実行しようとしていることをホストに通知します。Notifies the host that managed code is about to make a call to an unmanaged function.
ReverseEnterRuntime メソッドReverseEnterRuntime Method アンマネージコードから共通言語ランタイム (CLR) への呼び出しが行われていることをホストに通知します。Notifies the host that a call is being made into the common language runtime (CLR) from unmanaged code.
ReverseLeaveRuntime メソッドReverseLeaveRuntime Method コントロールが CLR から出ていること、およびマネージコードから呼び出されたアンマネージ関数を入力したことをホストに通知します。Notifies the host that control is leaving the CLR and entering an unmanaged function that was, in turn, called from managed code.
SetCLRTaskManager メソッドSetCLRTaskManager Method CLR によって実装された ICLRTaskManager インスタンスへのインターフェイスポインターをホストに提供します。Provides the host with an interface pointer to an ICLRTaskManager instance implemented by the CLR.
SetLocale メソッドSetLocale Method CLR によって現在のタスクのロケールが変更されたことをホストに通知します。Notifies the host that the CLR has changed the locale on the current task.
SetStackGuarantee メソッドSetStackGuarantee Method 内部使用専用に予約されています。Reserved for internal use only.
SetUILocale メソッドSetUILocale Method 現在のタスクでユーザーインターフェイスのロケールが変更されたことをホストに通知します。Notifies the host that the user interface locale has been changed on the current task.
Sleep メソッドSleep Method 現在のタスクがスリープ状態になることをホストに通知します。Notifies the host that the current task is going to sleep.
SwitchToTask メソッドSwitchToTask Method 現在のタスクを切り替える必要があることをホストに通知します。Notifies the host that it should switch out the current task.

注釈Remarks

IHostTaskManager CLR がタスクを作成および管理できるようにします。また、コントロールからアンマネージコードへの転送を制御するときにホストがアクションを実行できるようにしたり、コードの実行中にホストが実行できない特定のアクションを指定したりできるようにします。IHostTaskManager allows the CLR to create and manage tasks, to provide hooks for the host to take action when control transfers from managed to unmanaged code and vice versa, and to specify certain actions the host can and cannot take during code execution.

要件Requirements

:システム要件」を参照してください。Platforms: See System Requirements.

ヘッダー: Mscoree.dllHeader: MSCorEE.h

ライブラリ: MSCorEE.dll にリソースとして含まれていますLibrary: Included as a resource in MSCorEE.dll

.NET Framework のバージョン:2.0 以降で使用可能Available since 2.0.NET Framework Versions: 2.0 以降で使用可能Available since 2.0

関連項目See also