LockClrVersion 関数LockClrVersion Function

により、ホストがプロセス内で、CLR を明示的に初期化する前に使用する共通言語ランタイム (CLR) のバージョンを決定します。Allows the host to determine which version of the common language runtime (CLR) will be used within the process before explicitly initializing the CLR.

この関数は、.NET Framework 4 では廃止されました。This function has been deprecated in the .NET Framework 4.

構文Syntax

HRESULT LockClrVersion (  
    [in] FLockClrVersionCallback   hostCallback,  
    [in] FLockClrVersionCallback  *pBeginHostSetup,  
    [in] FLockClrVersionCallback  *pEndHostSetup  
);  

パラメーターParameters

hostCallback
[in]初期化時に CLR によって呼び出される関数。[in] The function to be called by the CLR upon initialization.

pBeginHostSetup
[in]初期化の CLR に通知するためにホストによって呼び出される関数を開始しています。[in] The function to be called by the host to inform the CLR that initialization is starting.

pEndHostSetup
[in]初期化の CLR に通知するためにホストによって呼び出される関数が完了しました。[in] The function to be called by the host to inform the CLR that initialization is complete.

戻り値Return Value

このメソッドは、次の値だけでなく、WinError.h で定義されている標準の COM エラー コードを返します。This method returns standard COM error codes, as defined in WinError.h, in addition to the following values.

リターン コードReturn code 説明Description
S_OKS_OK メソッドは正常に完了しました。The method completed successfully.
E_INVALIDARGE_INVALIDARG 1 つ以上の引数が null です。One or more of the arguments is null.

RemarksRemarks

ホスト呼び出しLockClrVersionCLR を初期化する前にします。The host calls LockClrVersion before initializing the CLR. LockClrVersion すべてがコールバック型の 3 つのパラメーターを受け取るFLockClrVersionCallbackします。LockClrVersion takes three parameters, all of which are callbacks of type FLockClrVersionCallback. この種類の定義は次のとおりです。This type is defined as follows.

typedef HRESULT ( __stdcall *FLockClrVersionCallback ) ();  

次の手順は、ランタイムの初期化時に発生します。The following steps occur upon initialization of the runtime:

  1. ホスト呼び出しCorBindToRuntimeExまたはその他のランタイム初期化関数の 1 つ。The host calls CorBindToRuntimeEx or one of the other runtime initialization functions. または、ホストは、COM オブジェクトのアクティベーションを使用してランタイムを初期化する可能性があります。Alternatively, the host could initialize the runtime using COM object activation.

  2. ランタイムがで指定された関数を呼び出す、hostCallbackパラメーター。The runtime calls the function specified by the hostCallback parameter.

  3. 指定された関数hostCallback続いて、次の一連の呼び出し。The function specified by hostCallback then makes the following sequence of calls:

すべての呼び出しpBeginHostSetuppEndHostSetup1 つのスレッドまたはファイバーは、同じ論理スタックで発生する必要があります。All the calls from pBeginHostSetup to pEndHostSetup must occur on a single thread or fiber, with the same logical stack. このスレッドは、対象スレッドと異なる場合がhostCallbackが呼び出されます。This thread can be different from the thread upon which hostCallback is called.

必要条件Requirements

プラットフォーム: システム要件に関するページを参照してください。Platforms: See System Requirements.

ヘッダー: MSCorEE.hHeader: MSCorEE.h

ライブラリ: MSCorEE.dllLibrary: MSCorEE.dll

.NET Framework のバージョン: 2.0 以降で使用可能Available since 2.0.NET Framework Versions: 2.0 以降で使用可能Available since 2.0

関連項目See also