STARTUP_FLAGS 列挙型STARTUP_FLAGS Enumeration

共通言語ランタイム (CLR: Common Language Runtime) の起動動作を示す値を含みます。Contains values that indicate the startup behavior of the common language runtime (CLR). 既定では、ガベージ コレクションは非同時実行で、基底クラス ライブラリだけがドメイン中立領域に読み込まれます。By default, garbage collection is non-concurrent, and only the base class library is loaded into the domain-neutral area.

構文Syntax

typedef enum {  
    STARTUP_CONCURRENT_GC                         = 0x1,  
    STARTUP_LOADER_OPTIMIZATION_MASK              = 0x3<<1,  
    STARTUP_LOADER_OPTIMIZATION_SINGLE_DOMAIN     = 0x1<<1,  
    STARTUP_LOADER_OPTIMIZATION_MULTI_DOMAIN      = 0x2<<1,  
    STARTUP_LOADER_OPTIMIZATION_MULTI_DOMAIN_HOST = 0x3<<1,  
  
    STARTUP_LOADER_SAFEMODE                       = 0x10,  
    STARTUP_LOADER_SETPREFERENCE                  = 0x100,  
  
    STARTUP_SERVER_GC                             = 0x1000,  
    STARTUP_HOARD_GC_VM                           = 0x2000,  
  
    STARTUP_SINGLE_VERSION_HOSTING_INTERFACE      = 0x4000,  
    STARTUP_LEGACY_IMPERSONATION                  = 0x10000,  
    STARTUP_DISABLE_COMMITTHREADSTACK             = 0x20000,  
    STARTUP_ALWAYSFLOW_IMPERSONATION              = 0x40000,  
    STARTUP_TRIM_GC_COMMIT                        = 0x80000,  
  
    STARTUP_ETW                                   = 0x100000,  
    STARTUP_ARM                                   = 0x400000  
} STARTUP_FLAGS;  

メンバーMembers

メンバーMember 説明Description
STARTUP_CONCURRENT_GC 同時実行ガベージ コレクションを使用することを指定します。Specifies that concurrent garbage collection should be used. 呼び出し元がサーバー ビルドと同時実行ガベージ コレクションをシングル プロセッサ コンピューター上で要求した場合は、代わりにワークステーション ビルドと非同時実行ガベージ コレクションが実行されます。If the caller asks for the server build and concurrent garbage collection on a single-processor machine, the workstation build and non-concurrent garbage collection are run instead. 注: 同時実行ガベージ コレクションは、Intel Itanium アーキテクチャ (以前の IA-64) を実装する 64 ビット システム上で WOW64 x86 エミュレーターを実行しているアプリケーションではサポートされません。Note: Concurrent garbage collection is not supported in applications that are running the WOW64 x86 emulator on 64-bit systems that implement the Intel Itanium architecture (formerly called IA-64). 64 ビット Windows システム上で WOW64 の使用に関する詳細については、次を参照してください。を実行している 32 ビット アプリケーションします。For more information about using WOW64 on 64-bit Windows systems, see Running 32-bit Applications.
STARTUP_LOADER_OPTIMIZATION_MASK ローダーの最適化を行う必要があることを指定します。Specifies that loader optimization shall occur.
STARTUP_LOADER_OPTIMIZATION_SINGLE_DOMAIN どのアセンブリもドメイン中立として読み込まないことを指定します。Specifies that no assemblies are loaded as domain-neutral.
STARTUP_LOADER_OPTIMIZATION_MULTI_DOMAIN すべてのアセンブリをドメイン中立として読み込むことを指定します。Specifies that all assemblies are loaded as domain-neutral.
STARTUP_LOADER_OPTIMIZATION_MULTI_DOMAIN_HOST 厳密な名前を付けられたすべてのアセンブリをドメイン中立として読み込むことを指定します。Specifies that all strong-named assemblies are loaded as domain-neutral.
STARTUP_LOADER_SAFEMODE CLR バージョン ポリシーが、渡されたバージョンに適用されないことを指定します。Specifies that CLR version policy will not be applied to the version passed in. 指定された CLR のバージョンが読み込まれます。The exact version specified of the CLR will be loaded. シムは、互換性のある最新バージョンを決めるためのポリシーの評価を実行しません。The shim does not evaluate policy to determine the latest compatible version.
STARTUP_LOADER_SETPREFERENCE 推奨ランタイムを設定するように指定しますが、実際には起動されません。Specifies that the preferred runtime will be set, but not actually started.
STARTUP_SERVER_GC サーバー ガベージ コレクションを使用することを指定します。Specifies that the server garbage collection will be used.
STARTUP_HOARD_GC_VM ガベージ コレクションで、使用された仮想アドレスを保持することを指定します。Specifies that garbage collection will keep the virtual address used.
STARTUP_SINGLE_VERSION_HOSTING_INTERFACE ホスト インターフェイスの混合を許可しないことを指定します。Specifies that mixing a hosting interface will not be allowed.
STARTUP_LEGACY_IMPERSONATION 既定として偽装が非同期ポイント間をフローしないように指定します。Specifies that impersonation should not flow across asynchronous points by default.
STARTUP_DISABLE_COMMITTHREADSTACK スレッドが実行を開始するときにスレッド スタック全体をコミットしないことを指定します。Specifies that the full thread stack should not be committed when the thread starts running.
STARTUP_ALWAYSFLOW_IMPERSONATION マネージド偽装およびプラットフォーム呼び出しによって実行された偽装が非同期ポイント間をフローするように指定します。Specifies that managed impersonations and impersonations achieved through platform invoke will flow across asynchronous points. 既定では、マネージド偽装だけが非同期ポイント間をフローします。By default, only managed impersonations will flow across asynchronous points.
STARTUP_TRIM_GC_COMMIT システム メモリが少ないときに、ガベージ コレクションによるコミットされた領域の使用量を抑えることを指定します。Specifies that garbage collection will use less committed space when system memory is low. 参照してくださいgcTrimCommitOnLowMemory共有 Web ホストの最適化します。See gcTrimCommitOnLowMemory in Optimization for Shared Web Hosting.
STARTUP_ETW 共通言語ランタイム イベントで Windows イベント トレーシング (ETW) が有効になっていることを指定します。Specifies that event tracing for Windows (ETW) is enabled for common language runtime events. Windows Vista 以降、イベントのトレースは常に有効、ため、このフラグは影響を与えません。Beginning with Windows Vista, event tracing is always enabled, so this flag has no effect. 参照してください.NET Framework のログ記録を制御するします。See Controlling .NET Framework Logging.
STARTUP_ARM アプリケーション ドメインのリソース監視が有効になっていることを指定します。Specifies that application domain resource monitoring is enabled. 参照してください、AppDomain.MonitoringIsEnabledプロパティと <appDomainResourceMonitoring > 要素します。See the AppDomain.MonitoringIsEnabled property and <appDomainResourceMonitoring> Element.

必要条件Requirements

プラットフォーム: システム要件に関するページを参照してください。Platforms: See System Requirements.

ヘッダー: MSCorEE.hHeader: MSCorEE.h

ライブラリ: MSCorEE.dllLibrary: MSCorEE.dll

.NET Framework のバージョン: 2.0 以降で使用可能Available since 2.0.NET Framework Versions: 2.0 以降で使用可能Available since 2.0

関連項目See also