Windows Communication Foundation バインディングWindows Communication Foundation Bindings

バインドでは、Windows Communication Foundation (WCF) サービスのエンドポイントが他のエンドポイントと通信する方法を指定します。Bindings specify how a Windows Communication Foundation (WCF) service endpoint communicates with other endpoints. バインディングでは、まず、使用するトランスポート (HTTP や TCP など) を指定する必要があります。At its most basic, a binding must specify the transport (for example, HTTP or TCP) to use. セキュリティやトランザクションのサポートなど、その他の特性もバインディングによって設定できます。You can also set other characteristics, such as security and transaction support, through bindings.

このセクションの内容In This Section

WCF のバインディングの概要WCF Bindings Overview
どのような WCF バインドの概要には、システムが、どのようなバインドと定義または変更する方法。Overview of what WCF bindings do, what bindings the system provides, and how you can define or modify them.

システム標準のバインディングSystem-Provided Bindings
WCF に付属のバインディングの一覧。A list of bindings included with WCF. これらのバインディングは、ほとんどのセキュリティ要件およびメッセージ パターン要件を満たします。These bindings cover the majority of security and message pattern requirements.

サービスとクライアントを構成するためのバインディングの使用Using Bindings to Configure Services and Clients
WCF バインドには、クライアントがサービス エンドポイントへの接続に使用する必要がある重要な情報が含まれています。A WCF binding contains important information that clients must use to connect to service endpoints.

サービスのバインディングの構成Configuring Bindings for Services
管理者やインストール担当者は、構成を使用してサービス エンドポイントのバインディングをカスタマイズできます。Configuration enables administrators and installers to customize the bindings for service endpoints.

参照Reference

System.ServiceModel.Channels

エンドポイント:アドレス、バインディング、およびコントラクトEndpoints: Addresses, Bindings, and Contracts

バインディングBindings

関連項目See also